ストーリー~落ちてる片方のハイヒール編~

今日はクリスマスイブ。
街は華やぎ、誰もが誰かを想い、特別な夜を過ごす。
スギ美もまた、「特別な彼」との待ち合わせのために急いでいた。

「あぁんもうっ、ハイヒールなんてはくんじゃなかった…」

急ぐスギ美はつい、赤信号間近の横断歩道を渡ってしまった。

…と、そこへトラックが急に飛び込んできた。

危ない!運転手はスギ美の存在に気付いていない…!

轟く急ブレーキの音、そして路上に転がるスギ美のハイヒール…

誰もが悲惨な光景を想像し、息をのむ瞬間…

そこには改造手術を受け100メートルを2秒で駆け抜ける身体を手に入れたサイボーグ・マー君が、間一髪でスギ美を抱きかかえていた。

「ま、マー君…私のためにサイボーグ手術を!?ありがとう!」

こうして片足だけのハイヒールだけを残し、スギ美とマー君は直近のホテルに入っていった。

ぎゃんぎゃんトルネード

大分県 / 男性 2020/12/14 12:41