判断が遅い!

皆様、ボンジョルノ!

理髪店に勤めていた頃、仕事の競技大会に出場しました。

自分が出たのは『フォーマル・ブロースカット』という競技。

これはどんなことをするのかと言うと、制限時間35分以内で『角刈り』を作るという競技です!

角刈りというのはシンプルでありながら、非常に判断力が試されるヘアスタイル。

左右対称になるように角(カド)を出したり、前髪は垂れ落ちないようにチックやスプレーでガッチリ固めたり、どこから見ても髪の毛の長さが均一を保てるようにドライヤーで髪を根起こし(ねおこし)したりと大変です。

判断が遅いと、35分以内には終わりません。
角刈りナメるな。

それでは、アディオス!

ダンディ・ガガ

岩手県 / 男性 2022/5/19 13:13