5月9日 ヨーロッパ

子供の頃、カードゲームの「UNO」を買ったのですが、中を開けてみると何か様子がおかしかったんです。

「D」・「R」・「S」と書いてある、あのアルファベットのカードが無かったのです。

カードを2枚取らせる「D」が「+2」、スキップの「S」が「禁止マーク」、リバースの「R」が「矢印」だったのです。

そうです、ヨーロピアンタイプのUNOを買ったのです。

同じUNOでもヨーロピアンタイプは私の周りでは珍しかったらしく、違和感を感じる人が多かったです。

hide789系

青森県 / 男性 2024/5/8 22:33