#59 能楽師 松田若子さんを迎えて1 

出会いは、女子学生会館!重要無形文化財のお友達登場!

西荻窪の不思議なカフェに集まっているのは、

金沢からのお客様、能楽師の松田若子さん。

店主の井戸理恵子さん。

 

松田さんは、宝生流の能楽師。金沢能楽会の舞台にたつかたわら、

「能楽」にかかわる女性の技芸向上などを目的とした

沢鏡会 たくきょうかい>も主宰されています。

 

実は、井戸さんとは、松田さんが東京芸術大学時代、同じ女子学生会館ですごしたお友達です。
井戸さんと松田さんの劇的な再会エピソード、

昨年の東京オリンピック、パラリンピックに合わせて行った能舞台についてなど伺います!

 

<今回のポイント>

  • 文化都市、金沢から。宝生流、初舞台は6歳の頃
  • 能の舞台は、体調が悪くても元気になれるエネルギーがあるところ、

準備していればいるほど受け止める力になる。

  • 能は「祈りの芸能」
  • 東京オリンピック、パラリンピック期間、国立能楽堂で上演!

 

いますぐ聴く!