「King Gnuのベースとドラムのおふたりがいたり…」シンガーソングライター・さらさ“人生の転機”を明かす


さらささん、住吉美紀


住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送ラジオ番組「Blue Ocean」(毎週月曜~金曜9:00~11:00)。“プロフェッショナルの素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な方々をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。

1月9日(月・祝)のゲストは、シンガーソングライター・さらささん。今回の放送では、2022年の活動を振り返り、2023年の目標について語ってくれました。


さらささん


神奈川・湘南出身のシンガーソングライター。ブルースミュージックに影響を受けた自身の造語「ブルージーに生きろ」をテーマに活動。音楽活動だけに留まらず、美術作家、アパレルブランドのバイヤー、フォトグラファー、フラダンサーなどマルチに活躍の場を広げています。2022年12月14日(水)には、ファーストアルバム『Inner Ocean』をリリースしました。


さらささん


◆新曲は「自分のなかの新境地が見えたような曲」

住吉:2022年はどんなことが印象に残りましたか?

さらさ:印象だらけの1年でした。ファーストEPとファーストアルバムが出たのも、目標にしていた「フジロックフェスティバル」に出られたのも、全部去年の出来事だったので、人生のなかで一番実り多かったというか、刺激的な1年だったなと思っています。

住吉:2022年の集大成とも言えるアルバム『Inner Ocean』は12月にリリースされたばかりです。そのなかから1曲を生演奏してくださるということで、ギターをお持ちくださって。ありがとうございます! 楽曲を聴いたのですが、めちゃくちゃセンスが良くて大人っぽいんですよ。目の前にいる少女のようにかわいい方から、大人っぽい雰囲気のお声がどう出るんだろうと気になっていたので楽しみです。

さらさ:嬉しいです。

住吉:今日はどんな曲を?

さらさ:実は昨日、Instagramで「火をつけて」と「太陽が昇るまで」のどちらを番組でやってほしいかアンケートを取ったんです。

住吉:ええ~!? ありがとうございます!

さらさ:20票差ぐらいで「火をつけて」になったので、今日はそちらを演奏します(笑)。

住吉:ご自身にとって「火をつけて」はどんな曲ですか?

さらさ:ファーストEPの曲は全部トラックに歌を乗せる形で楽曲を制作したんですけど、「火をつけて」は初めてオールバンドサウンドで作った曲なんですね。自分のなかの新境地が見えたような曲になっております。


さらささん(photo by Misaki)


◆シンガーソングライターになった転機は?

住吉:先ほど“大人っぽい雰囲気”とお伝えしましたが、やはり少し違うというか。“ジャンルにハマらないような雰囲気を出すんだな”と感じました。大人っぽいとか子どもっぽいとかではなく、独自の表現をお持ちなので、多くの人が気持ちいいと感じるんだなと。(さらささんの)生演奏を“多くの人に聴いてほしい”って思いました。

さらさ:すごく嬉しいです!

住吉:高校生の頃からミュージックバーのセッションで歌っていたそうですね?

さらさ:そうなんです。高校で軽音部に入ったのがきっかけで音楽を始めたんです。

住吉:軽音部に入ったのは音楽が好きだったから?

さらさ:はい。子どもの頃からずっとダンスやミュージカルをやっていて、歌とか音楽とか踊りが大好きで。軽音部に入ってみたら、セッションする部活だったのでセッションがどんどん面白くなって、高校3年生のときに外のセッションバーに行ってみようと思いました。それでミュージックバーに行くようになったのですが、そのときはセッションミュージシャンを目指していました。

住吉:そこから自分で曲を作って自分で弾くことに、少しずつ目覚めていったのでしょうか?

さらさ:はい。“セッションに向いていないな”と思ったタイミングが19歳か20歳ぐらいのときにあって(笑)。

住吉:なんで(笑)!?

さらさ:初めて行ったセッションがすごくレベルが高かったんです。King Gnuのベース(新井和輝さん)とドラム(勢喜遊さん)のおふたりがいたり、そもそもはSOIL & "PIMP" SESSIONSの元サックス・元晴さんが主宰をされていたんです。

住吉:それはすごいわ(笑)。

さらさ:みんながすごく温かく受け入れて応援してくださったんですけども、全然自分は(力量が)足りなくて。「ついていこう!」と1年ぐらい頑張っていたのですが、「向いていないかもしれない」と思うタイミングがあったんです。突然歌うのが楽しくなくなった日があって、これはよくないなと思って音楽を1年ぐらい辞めたんです。

音楽は辞めたと思っていたんですけど、やっぱり歌いたいという気持ちになって、セッションではなく曲を作ってみようと考えたんです。それで作ったのがデビューシングルになっている「ネイルの島」という曲です。この曲がいろんな人の元に届いたので、自分のなかで自信になったというか、すごく原体験になりました。そこから曲を作ることがすごく楽しくなって、今まで続いています。

住吉:なるほど。自分のなかで試してみて検証した結果の今なんですね。

◆初のワンマンライブを開催!


さらささん(photo by Aoi)


住吉:2023年はどんなことにチャレンジしていきたいですか?

さらさ:初めてのワンマンライブが決まっていたり、自分のなかで大事な1年になるんだろうなと感じています。好きになったことをパッとやりだすタイプなので、大きい目標や遠くの目標を決めたりするタイプじゃないんです。でも、自分の音楽を通して曲を聴いてくださる方をもっと増やしていけたらいいなと思っています。

住吉:ワンマンライブは初めてなんですね! 3月31日(金)、東京・渋谷のSpotify O-nestで開催されます(※チケットは完売)。ファーストアルバムのリリースパーティーの追加公演は、4月26日(水)に渋谷WWWでおこなわれるということで、盛り上がりそうですし、ご自身も楽しめそうですね。

さらさ:はい。バンドセット、フルバンドでやります。追加公演分はまだ発売されていなくて、今月ぐらいから発売になると思います。

住吉:要注目ですね。さらささんの公式Webサイトをぜひチェックしてください!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年1月17日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト:https://www.tfm.co.jp/bo/aky/

コンテンツ一覧

Blue Ocean 音声

リスナーと「平和について」語り合った日。住吉美紀も泣いた、茶道 裏千家第15代 前家元 千玄室大宗匠が語る貴重な戦争体験のロング・インタビューをノーカットバージョンでお届けします!

Blue Ocean 音声

ちょこっと・チョコトーク

Blue Ocean 音声

「BlueOcean 年末!おさいふ相談室」&「桑田佳祐のやさしい夜遊び」〜てんこ盛りな土曜日のこぼれ話〜

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #76「アイスティーの話」

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #75

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #74

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #73

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #72「春巻きの話」

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #71 「ホタテの話」

Blue Ocean 記事

小野リサ “筋トレ歴”30年以上!?「40キロのベンチプレスを(笑)」意外な素顔を明かす

Blue Ocean 記事

ライバル心が強い双子の兄弟…どのように見守ればいい? 悩む母親に“人生の先輩”がアドバイス!

Blue Ocean 記事

お金の管理方法、同棲期限を決める…「同棲前にやっておいたほうがいいこと」は? “人生の先輩”がアドバイス

Blue Ocean 記事

2023年「次くる」アーティストは? 番組&リスナーが推す「トップ5」をTOKYO FMのラジオ番組「Blue Ocean」で発表!

Blue Ocean 記事

悪性リンパ腫を克服し真打昇進、講談師・一龍斎貞弥「あるがままに楽しもう」当時を振り返る

Blue Ocean 記事

「健康診断は“現在の生活の答え合わせ”」元モーグル日本代表・上村愛子が考える“健康の秘訣”とは?

Blue Ocean 記事

同棲予定だった彼にフラれ…忘れて過ごせる方法、立ち直る方法は? 悩む相談者に“人生の先輩”がアドバイス!

Blue Ocean 記事

「結婚相手」を「見極めるポイント」は? 悩む相談者に“人生の先輩”がアドバイス!

Blue Ocean 記事

受験前に「自分が納得できる勉強」ができていないことに絶望…どうしたらいい? 悩む受験生に“人生の先輩”がアドバイス