若者の移住相談が増加、リモートワーカー受け入れにも注力!「秋田移住」を気軽に相談できる「Aターンサポートセンター」とは?


「Aターンサポートセンター」の秋田県移住相談員・進藤直樹さん、大沼和佳さん



本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの生放送ラジオ番組「Skyrocket Company」(毎週月曜~木曜17:00~19:52)。1月26日(木)放送の「スカロケ移住推進部」のコーナーでは、地域とのつながりかたを提案する雑誌「TURNS(ターンズ)」プロデューサーの堀口正裕さんをゲストに迎えて、移住先としての「秋田県」の魅力を特集。さらにこの日は、秋田県の移住相談員・進藤直樹さんをスタジオに迎えて、秋田移住の最新情報や、移住相談員として心がけていることについて語っていただきました。


(左から時計回りに)堀口正裕さん、マンボウやしろ、浜崎美保、進藤直樹さん



◆関連機関と連携して「秋田移住」をバックアップ!

進藤さんは秋田県の移住相談員として、東京・有楽町の東京交通会館8階にある「Aターンサポートセンター」で秋田移住に関するさまざまな情報提供や相談業務に従事しています。

ちなみに、「Aターン」とは「秋田県へのU・I・Jターン」の総称で、秋田県出身の方もそれ以外の方も、「秋田に来てほしい」という願いを込めて、オールターン(AII Turn)のAと秋田(Akita)のAをかけた言葉です。

進藤さんは、“秋田県で暮らしたい・働きたい”という方たちの就職や子育て、住まいなどのさまざまな相談に日々対応しており、今年1月の相談件数は「100件を超える状況」と言います。


「Aターンサポートセンター」での相談風景。相談者の思いをしっかりヒアリングして、悔いなく納得して移住を決断してもらえるように、一人ひとりに合わせた対応を心がけているそうです(写真左:進藤さん)



メールや電話、窓口に来訪される相談者のさまざまな思いを聞き、「市町村や関係団体と連携しながら情報提供に努めている」と進藤さん。また、「20~30代の若い相談者が非常に多い」と言い、秋田県出身者やパートナーが秋田県出身など、秋田県に縁のある方からの相談が比較的多いそうです。昨年、秋田県に移住した人の約2割が秋田県以外の出身者で、「最近は秋田県以外の出身の方からの相談も増えてきている」と実感を語ります。

その背景には「リモートワークという新しい働き方が(浸透してきたことが、秋田移住の)背中を押しているのではないか」と推察。実際、「相談の2割強がリモートワークに関する相談」と言います。

進藤さんの話に、堀口さんもこれまで秋田県に移住した方々に取材してきた実感として、「移住の理由や目的は、人によってどんどん多様化している」とうなずきます。

“相談者が秋田に移住した後も楽しく暮らしていただけるように”という思いのもと、進藤さんが移住相談員として心がけているのは、「相談者の話をしっかり聞くこと」。最終的に移住を決めるのはご本人ですが、「(その手助けとなるよう)相談者にしっかりとご判断いただけるような情報提供を心がけている」と語ります。

あらためて、秋田移住に関心のある人たちに向けて「“秋田で働きたい・暮らしたい”と思ったら、Aターンサポートセンターまでぜひご相談ください。1人ではなく、一緒に情報収集しましょう。秋田県移住・定住総合ポータルサイト『“秋田暮らし”はじめの一歩』からの問い合わせでも構いませんし、私どもの『Aターンサポートセンター』にメールでも電話でも、窓口への来訪でもいいので、ぜひ一度、お気軽にご相談ください」と呼びかけました。

最後に堀口さんは「移住は多様化していますが、秋田県は県を挙げてリモートワーカーの受け入れにすごく力を入れているんです。私も先週の1週間、秋田にいましたが、どこに行ってもいい環境で仕事ができるので、安心して移住相談してほしい」と太鼓判を押していました。



なお、秋田県は2月12日(日)12:00~16:30に東京都立産業貿易センター 浜松町館にて、秋田県最大級の移住・就職フェア「“あきた”まるごとAターンフェア」を開催します。


2022年10月に開催された移住フェアの様子



市町村、移住・就職相談、企業ブースなど、100を超えるたくさんのブースで、秋田で“暮らす”“働く”に興味がある方が気軽に相談でき、情報収集できる場となっています。トークイベントや、VRやメタバースといったデジタル技術を活用した体験コーナーも予定しています。気になった方は、ぜひお気軽にご来場してみてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年2月3日(金) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/iju/

コンテンツ一覧

Skyrocket Company 音声

いつものルーティーンのあいさつが入っちゃいました。ごめんなさい。

Skyrocket Company 音声

秘書が伊勢丹で働いていた時のこと…

Skyrocket Company 音声

東京で雪が降りました。みなさま無事だったでしょうか??

Skyrocket Company 音声

道場のない日に流れるCM、その収録模様です…

Skyrocket Company 音声

休みから帰ってきた秘書の様子がおかしい

Skyrocket Company 音声

今年は本部長美容元年です。

Skyrocket Company 音声

下向いて歩いてたらストレートネックになった森山中 黒沢さんも参加してくださってます!

Skyrocket Company 音声

2024年、番組の方向性が大きく変わるかもしれませんが 是非ついてきて頂けたら嬉しいなと思います。

Skyrocket Company 音声

年末の雰囲気たっぷりです

Skyrocket Company 記事

新商品の試食、人間レンタル、遺跡の発掘調査…あなたが「人生で一番楽しかった仕事」は?

Skyrocket Company 記事

ズバリ「目標」って必要? 20代で「高級車」を購入、「医師&薬剤師」を目指して…みんなが掲げている目標は?

Skyrocket Company 記事

「人の中身」は驚くほど「外見」に露呈する…美意識高めの“美の巨人”に言われた心に残る言葉

Skyrocket Company 記事

“婚活アプリ”の課金額が…、「イケメンがいるよ!」に釣られて…私が負けた「誘惑」エピソード

Skyrocket Company 記事

「子育てするならダントツ小松」コンパクトな市街地、自然豊かで交通アクセス◎ 北陸新幹線延伸で注目の「石川県小松市」の魅力を市長が紹介

Skyrocket Company 記事

夫と「毎日1時間」長電話、電話越しの「方言」が聞き取れない…みんなの「電話」エピソード教えて!

Skyrocket Company 記事

夫婦で生牡蠣「50個以上」をペロリ、“丸太型のハム”を丸かじり…みんなの「わんぱく」エピソード

Skyrocket Company 記事

“8タイプ”のレンタルスタジオ、住居、カフェ…コクヨが手掛ける複合施設「THE CAMPUS FLATS TOGOSHI」とは?

Skyrocket Company 記事

「玄関ドア」は必ず閉める、「運転中」は窓を開ける…“我が社の社内ルール” こんな決まりがあります