デビュー30周年! 古内東子「『カラオケで歌いやすい曲がいいんだ』って言われた時代はありましたね」…変わったこと、変わらないこと、常に大切にしていることを語る


(左から)古内東子さん、住吉美紀



住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送ラジオ番組「Blue Ocean」(毎週月曜~金曜9:00~11:00)。“プロフェッショナルの素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な方々をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。

3月6日(月)のゲストは、シンガーソングライターの古内東子さん。今回の放送では、デビュー30周年への思い、最近ハマっているものについて語ってくれました。


古内東子さん



1972年生まれ、東京都出身の古内さん。1993年にシングル「はやくいそいで」でデビュー。1995年にリリースしたシングル「誰より好きなのに」がヒットし、同曲を収録したアルバム『Hourglass』もロングヒットを記録します。2022年2月にデビュー30周年イヤーを迎え、3年4ヵ月ぶりのアルバム『体温、鼓動』を発表。2023年3月8日(水)には20作目のオリジナル・ニューアルバム『果てしないこと』をリリースします。


古内東子さん



◆30年間の活動を振り返る

住吉:デビュー30周年おめでとうございます! 変わったこと、変わらないこと、いろいろあると思いますが、常に大切にしてきたことは何かありますか?

古内:大切にしてきたことでもあり、ずっと迷ってきたことがあります。ものを作る人として、頑固でブレずにいるところと、人の意見を聞いて柔軟であることのバランスの取り方というのを、いまだに迷っています。どっちに傾いてもいけないし。

住吉:ちなみにどんなことを言われてきたのでしょうか?

古内:最近はあまり言われないですけど、「カラオケで歌いやすい曲がいいんだ。ヒットするんだ」と言われた時代はありましたね。時が経つのを待っていたら、今の曲ってみんな難しいじゃないですか。それにあえて挑戦することに喜びを見出したりしています。

住吉:ラブソングのスペシャリストでもある古内さんに、リスナーからメッセージが届いています。

「恋をするたびに古内さんの歌に励まされ、慰められ、背中を押され生きてきました。特に私が感謝しているのは、終わる恋・終わった恋を素敵な思い出に変えてくれるところです。もちろん、実った恋にも。古内さんの楽曲『歩き続けよう』を聴いて、夫との結婚を決めました」

住吉:古内さんの曲で人生が変わられていますね。

古内:私は女性なので(作る曲には)女心が全面に出ていますね。最近は男性も聴いてくれる方が多いので、どういうふうに聴いているのかなと興味があります。恋愛って何歳になっても正解がわからないので、そういう意味でずっと成長しないし、書く曲も絶えない。多様化してきて、その時代で自分の問題点とか得意・不得意も変わってきますよね。

◆切なさとカッコよさを両立させた最新アルバム

住吉:最新アルバム『果てしないこと』は、究極のラブソングアルバムとのことですが、どんな気持ちで制作されたのでしょうか?

古内:初めてのバンド録音って感じで8曲全部、同じバンドでリハーサルをしました。サウンドがカッコよくて、曲は切ない。切なさとカッコよさのハイブリッドアルバムです。

住吉:ライブで聴いたら絶対に気持ちいいですよね。「30周年だし、自分の世界観を出したい」という思いはあったのでしょうか?

古内:そうですね。歌詞のなかに“30年間やってきました”感を感じるものがあったり、サウンドの面でも、今やりたいことをやらせていただきました。


ライブのリハーサル風景から



◆コンビニの和菓子にハマる!?

住吉:こちらのコーナーではプロフェッショナルの素顔に迫ります。「意外だね」と言われることがあるそうですね?

古内:はい。足が速かったのと、運動がまあまあできるところです(笑)。

住吉:たしかに意外!

古内:いつもリレーの選手だったし、球技も得意でした。ボール、取れなさそうでしょう(笑)?

住吉:そうそう! ボールを跳ね除けそう(笑)。あと、最近ハマっているものもあるとお聞きしました。

古内:はい。和菓子なんですけど、コンビニやスーパーで買える手軽で安いものです。


古内さんがハマっているコンビニ・スーパーなどで購入できる和菓子たち



住吉:ハマっている理由は?

古内:わからないのですが、あるとき欲して買ったら毎日買うようになっちゃって(笑)。

住吉:きっと初めて買ったものがおいしかったんですね。

古内:おいしかったし、レジの隣に置いてあるじゃないですか。

住吉:あります! つい手が伸びてしまいます!!

古内:なんで置いてあるんだろう?って思っていたのですが、やっと理由がわかりました(笑)。

住吉:私も和菓子が大好きなので、“和菓子が1つあると救われる”みたいな気持ちはすごくわかります。和菓子は種類もいろいろあるし、飽きないですよね。

古内:そうですね。あと、和菓子ってむちっとしているものが多いじゃないですか。私、むちっとしているものが好きなんです。ホルモンとか胡麻豆腐とか(笑)。

住吉:(笑)!

古内東子さんは3月8日(水)にビルボードライブ大阪、3月11日(土)にビルボード横浜、3月17日(金)にビルボード東京でライブを開催します。詳細は公式Webサイトをご確認ください。


ライブのリハーサル風景から



----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年3月14日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト:https://www.tfm.co.jp/bo/aky/

コンテンツ一覧

Blue Ocean 音声

ギンザコマツの会長:小坂敬さんのロングインタビュー 後編

Blue Ocean 音声

ギンザコマツの会長:小坂敬さんのロングインタビュー 前編

Blue Ocean 音声

リスナーと「平和について」語り合った日。住吉美紀も泣いた、茶道 裏千家第15代 前家元 千玄室大宗匠が語る貴重な戦争体験のロング・インタビューをノーカットバージョンでお届けします!

Blue Ocean 音声

ちょこっと・チョコトーク

Blue Ocean 音声

「BlueOcean 年末!おさいふ相談室」&「桑田佳祐のやさしい夜遊び」〜てんこ盛りな土曜日のこぼれ話〜

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #76「アイスティーの話」

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #75

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #74

Blue Ocean 音声

住吉美紀のたべもの歳時記 #73

Blue Ocean 記事

休職期間中、仕事のことをつい考えてしまう…どうすればいい? 悩む相談者へ体験談続々

Blue Ocean 記事

夫は飲み会、私は赤ちゃんの育児中…心のモヤモヤはどうすればいい? 相談者に“人生の先輩”からのアドバイス続々

Blue Ocean 記事

「好き」と伝えたのに、なかなか進展しない…大人の恋愛は白黒ハッキリさせないほうが良いの?「職場恋愛」に悩む相談者に“人生の先輩”がアドバイス

Blue Ocean 記事

遠方で暮らす父か急遽上京…どこに連れて行けばいい? 悩む相談者へのアドバイス続々

Blue Ocean 記事

結婚して見知らぬ土地に嫁いだけど、地元が恋しい…どう楽しめばいい? 悩む相談者へのアドバイス続々

Blue Ocean 記事

飾らなくなった「雛人形」の管理…どうしてる? 悩む相談者に意外な活用法、アドバイス続々

Blue Ocean 記事

女性が多い職場でのコミュニケーション…どうすればいい? 悩む男性相談者に“人生の先輩”がアドバイス

Blue Ocean 記事

結婚相談所で10年ぶりにできた恋人…「普通に好き」くらいでも交際は続けるべき? 悩む相談者に“人生の先輩”がアドバイス

Blue Ocean 記事

職場のバレンタイン、チョコは配るべき? リスナーたちが語る「令和のバレンタイン事情」