麒麟・川島明「俺が思う英孝ちゃんのすごいところは…」狩野英孝の魅力を語る


パーソナリティの麒麟・川島明



お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

3月11日(土)放送のお客様は、お笑い芸人の狩野英孝さん。ここでは川島が、狩野さんのキャラクターと、その魅力について語りました。


TOKYO FMのラジオ番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」3月11日(土)放送より



1982年生まれ、宮城県出身の狩野さん。高校卒業後の2000年に俳優を志して上京し、日本映画学校(現・日本映画大学)俳優科に入学したのち、2003年にマセキ芸能社からデビュー。長髪で全身白のスーツ、胸に赤い薔薇を差した“ナルシストキャラ”と、「ラーメン・つけ麺・僕、イケメン!」のフレーズで人気を集めます。

お笑い芸人として活躍する一方、2016年には神主の資格を取得。宮城県栗原市にある実家の神社・櫻田山神社で神主の仕事にも従事しています。

2020年1月からはYouTubeチャンネル「EIKO!GO!!」がスタート。ゲーム実況などが話題を呼び、現在チャンネル登録者152万人超えの人気YouTuberとしても活躍しています。


 
◆新ネタ披露前にSNS上で公開!?

川島:英孝ちゃんって結果的にハプニングで笑いになることはあるけど、最初からそれを狙っていなくて、全部本気で全力でやるやん? 俺はそれが英孝ちゃんのすごいところやなって思う。「実力で笑わせるぞ」の延長で何かが起こっている。

狩野:僕、作品をきちっと仕上げたいんですよね。

川島:本当にネタが好きだよね。

狩野:好きですし、トークもみんなみたいに技術があってエッジの効いたコメントに今でも憧れがあるんですよ。噛んだり、言い間違ったりしたところをイジられても「そこは見逃して!」「こういうのじゃない!!」って心のなかで思っちゃってるんですよね。

川島:みんなは「よかったね、英孝ちゃん」って言うけれど。

狩野:全然ですね。

川島:よくテレビに出ているのに、単独ライブとか事務所のライブにも出るじゃない? 忘れられないのが、(英孝ちゃんが)自分の逃げ場をなくすために、Twitterに「明日のライブは新ネタでいきます。でも、ネタができていないので今から頑張ります」と書いたことがあって。それで、朝の6時ぐらいに「やっとできました」と、ネタを書いたノートの写真を撮ってTwitterにあげてしまったこと(笑)。

狩野:(笑)!

川島:俺もう、朝の6時に笑けて(笑)。「ネタが全部載ってるやん!」って。

狩野:ネタバレもいいところですよね(笑)。

川島:そのことを本人はわかってないのよ。そのあとの事務所ライブでめっちゃスベッたらしいけど、お客さんがTwitterでネタを先に見てるもん、当たり前やろ(笑)!

狩野:よく覚えていますね(笑)。

川島:そのときに「この子は本当に努力家なんだな。ただ、やっぱりちょっとおかしいんだな」と思ったんよね(笑)。

狩野:完成したって喜びのほうが強かったんですよね。

川島:ネタは載せたらアカン(笑)。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDeeSpotify)も配信中です。

次回3月25日(土)のゲストは、お笑い芸人・友近さんです。

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

コンテンツ一覧

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.157「(サブコンテンツのくせに)本編よりもエモーショナルな最終回」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.156「EDC RADIOからの大事なお知らせ」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.155「中島一郎はCoCo壱でハッシュドビーフしか食べない」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.154「【実録】消費者が“離れる”瞬間(飲食店の話です)」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.153「【中島一郎の本音】芸人さんにとって、“ウケる”は正義ですか?」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.152「中島一郎の静かなる怒り~“頭では理解できるが、ぜんぜん理解できない”話~」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.151「決してパートナーとは見てはいけない映画の話」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.150「それぞれの“卒論” ~ダサとゼミ生と自意識~」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 音声

Vol.149「緊張と緩和 ~日常とファニー~」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

小沢健二「日本語って、ずっと気を遣っている言語なんですよね」日本語の“一人称”の多様性を語る

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』サブスク配信しない理由を語る

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

小沢健二「30年経って聴いてもいいと思うだろうな」ファーストアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』制作時に抱いた確信

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

小沢健二×麒麟・川島明ラジオ対談!“ファン歴30年以上”の川島「目の前に小沢健二さんがいるのが本当に信じられない」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

明石家さんまのトークの“盛り具合”は…!? 麒麟・川島×中川家・剛 ラジオで語り合う

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

ボロボロの麒麟・川島明を救った、中川家・剛の言葉とは?「それがなかったら、壊れていたかもしれない」

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

中川家・剛「“後輩に頭を叩かれる先輩”になっていきたい」その深意は? “今後の夢”を語る

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

『水ダウ』演出家・藤井健太郎「誰かの記憶に残るワンシーンを作りたい」番組制作への思いを語る

SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~ 記事

『水ダウ』演出家・藤井健太郎「レギュラー番組はもうやりたくない」その深意は?