木村拓哉「理想」「僕もそうなりたい」と語るアーティスト像は?

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMのラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by Spotify」(毎週日曜 11:30~11:55)。
9月のマンスリーゲストは、シンガーソングライター・竹原ピストルさんです。3日(日)の放送では、竹原さんの幼少時代の話を伺いました。



1976年生まれ、千葉県出身の竹原さん。木村が幼少の頃の竹原さんについて質問すると、ご家族の影響で、物心がついたときから、家のなかに楽器が一式そろっていたと、音楽に囲まれた家庭環境だったことを明かします。

「基本的にはシャイで引っ込み思案で、気が小さい少年ではあったのですが、早いころから楽器や音楽には触れていました。小学校の林間学校の出し物で、とあるアニメソングを歌ったら、これがドカンとウケまして」と、テレビアニメ「アタックNo.1」のオープニング曲で、大杉久美子さんが歌う同名曲を大勢の前で披露したと告白。

「声変わりもしてなくて、きれいな声が出て。エレクトーン教室とかにも通っていたので、自分で言うのもあれですけど、わりと音程感はしっかりしていたので」と話し、「これが大ウケして、人前で何かをするのがたまらなく好きになった」と、シンガーソングライターへの一歩を踏み出す最初のきっかけになったと言います。

続けて「そもそも気が小さいのですが、いざ歌い始めたときに、バンッて(緊張感が)すべて集中力にひっくり返るような感覚が、とても気持ちよかった」と話す竹原さんに、木村は「それ、最強パターンのアーティストですよね」「緊張や、自分にのしかかるプレッシャーを本番で集中力に変換できる人は、理想だと思う。僕もそうなりたいと、いつも思っています」と、率直な感想を述べました。

番組では他にも、木村が自身の“都市伝説”について言及したり、竹原さんが学生時代にボクシングやヴィジュアル系バンド活動をしていたときのエピソードを披露する場面もありました。

次回9月10日(日)の放送も竹原ピストルさんを迎えてお届けします。

----------------------------------------------------
9月3日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年9月11日(月) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by Spotify
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連タグ

コンテンツ一覧

木村拓哉 Flow 記事

木村拓哉「“絆”や“繋がり”といったものを、ちゃんとストレートに出す人」心に響いたシンガーソングライターAIの“スタンス”とは?

木村拓哉 Flow 記事

木村拓哉「思いがものすごく伝わったんじゃない?」シンガーソングライターAIのデビュー当時のエピソードに共感

木村拓哉 Flow 記事

AI、デビュー前にジャネット・ジャクソンMVに出演! 撮影裏話に木村拓哉「それはうれしいよ!」

木村拓哉 Flow 記事

AI「まさか自分が歌手になると思わなかった」アメリカ留学でダンスを学んでいた当時を振り返る

木村拓哉 Flow 記事

AI、あなたは1人じゃないから…「歌詞を初めて感じて、感動したんです」ゴスペルとの出会いを振り返る

木村拓哉 Flow 記事

AI「『We Are The World』それぞれのアーティストの真似をしながら…」子どもの頃に聴いて記憶に残っている楽曲の思い出

木村拓哉 Flow 記事

木村拓哉×AIラジオ対談! AIの幼少期“仰天エピソード”に木村「側転しながら家に帰る…⁉」

木村拓哉 Flow 記事

木村拓哉「自分に素直に、好きなものは好き、嫌なものは嫌、素敵なものは素敵と…」恋愛に悩む高校生リスナーにアドバイス

木村拓哉 Flow 記事

キンプリ髙橋海人「20歳の誕生日のときにメンバーがサプライズで…」「自分の人生と共に聴いていきたい曲」と語る“人生の1曲”とは?