「箱根駅伝の中継で特定の旅館の名前が出るのは『小涌園前』だけ」スポーツライター・生島淳の“箱根駅伝中継”裏話

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、常連客の東京藝術大学学長・日比野克彦さんとスポーツライター・生島淳さん。ここでは、10月23日(土)に開催された第100回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)予選会を観た感想を語り合いました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)日比野克彦さん、生島淳さん



◆日比野「とんでもない実況中継を観た」

日比野:先日、なんとなくテレビをつけたら、第100回箱根駅伝の予選会を生中継していて“予選も生中継しているんだ!”と思って。

生島:数年前から、予選会も生中継するようになったんですよ。ご覧になってどうでした?

日比野:(中継を)途中から観たのもあるんですけど、すごい人数が走っていてちょっとよくわからなくて(笑)。それに“ドドドドド”って(ゴールに大勢の選手が)入っていくから“どこでタイムを計っているのかな?”と思いつつ、この結果によって“数秒の差で泣くチームが出てくるんだ”と思うと……とんでもない実況中継を観たなと。

生島:結局、出場権を獲得できる13位と14位の差が3秒差だったのかな?

日比野:そうだったね。

生島:予選会の選手の数は、ちょっと情報処理しきれないですよね。ドドドドドだから(笑)。100回の箱根駅伝に出場するのは、例年より3チーム増えて23チームなんですけど、2日間・11時間ぐらい観て、ちょうど情報処理が追いつくんですよ。
でも、高校駅伝や都道府県対抗駅伝だと、47チームが一斉に走っているから、駅伝が大好きな僕でも情報処理をが追いつかないんです。だから、箱根駅伝の例年20チーム、今回で100回大会の23チームってちょうどいいんだなと思いました。

◆箱根駅伝・中継の裏話

日比野:(箱根駅伝の本選は)お正月になくてはならないほど定番化してきましたよね。

生島:日本テレビで中継が始まったのは1987年(第63回)からなんです。

日比野:ずいぶん遅いんですね。

生島:これは、箱根山中の電波が飛ばせなかったからなんですよね。

日比野:あ~、なるほど。じゃあ、スタートとかゴールは中継していたのですか?

生島:そうですね。ただ、そのときは日本テレビじゃなくて東京12チャンネル(現:テレビ東京)でした。それで、日本テレビが生中継を始めるときに、今はWOWOWの代表取締役社長をしている田中晃さんが、箱根の山に登ってアンテナを立てていったという逸話があるんです。

日比野:それはすごいですね。

生島:当時、田中さんはチーフディレクターで、かなり偉かったと思うんですけど、若い人たちと一緒に登っていったらしいですよ。

日比野:中継のためにね。

生島:今も田中さんとお話をすると面白くて。当時、いろいろ準備して現場に行ったのに、1月2日の夜に泊まる宿を、日本テレビとして押さえていなかったらしいんです。

日比野:スタッフ分の?

生島:ええ。それで、そのときに提供してくれたのが小涌園だったそうです。実は、箱根駅伝の中継で特定の旅館の名前が出るのって、その「小涌園前」だけなんです。

日比野:よく中継で「小涌園前」って聴きますよ。

生島:それは、そのときの恩義から小涌園前での中継がずっと続いているそうです。

◆自分史から見る、箱根駅伝の軌跡

日比野:生島さんの本「箱根駅伝に魅せられて」(角川新書)が10月に出たんですね。

生島:子どもの頃から親しんできた大会なので、自分史をたどりながら、箱根駅伝の今が浮かび上がるといいなと思いつつ執筆しました。小学3年生のときにNHKのラジオで聴き始めて……。

日比野:小学3年生で、ラジオ中継に耳を傾けていた?

生島:そうです。

日比野:なかなかおませな小学生ですね(笑)。

生島:それが楽しみだったんですよね。それを高校生までずっと続けて……。

日比野:(それまでは)テレビでやっていなかったのか。

生島:そうなんです、僕は1986年に早稲田大学に入学したので、ちょうど大学1年生のときに日本テレビの中継が始まった。そして、1月下旬に陸上専門誌を買って、それで復習するのが楽しみで、楽しみで。

日比野:“こいつ、まだ2年生だから来年も来るな”みたいなことを調べて?

生島:そうです。あと僕、当時から高校マニアで、出身校が自然と頭に入っちゃうんです。

日比野:それは高校野球の?

生島:野球や箱根駅伝も、あと政治家もわりと好き(笑)。それは、調べるというよりも、高校名を見ていると、“この人とこの人って同級生なんだ”ってつながっていくんですよ。

▶▶“箱根駅伝の繰り上げスタート”に言及 続きは「AuDee(オーディー)」で!



<書籍情報>

生島淳さんの著書「箱根駅伝に魅せられて」(角川新書)が発売中!
詳細はコチラ→https://www.amazon.co.jp/dp/4040824679



<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

コンテンツ一覧

TOKYO SPEAKEASY 音声

水曜日の常連客 堀江貴文さんと、鈴木紗理奈さんの話を盗み聞き・・・仲良し同士のほっこり漫談トーク♪

TOKYO SPEAKEASY 音声

火曜日の常連客 落合陽一さんと、芥川賞作家・九段理江さんの話を盗み聞き・・是非お聴きください♪

TOKYO SPEAKEASY 音声

俳優 山崎樹範さんと映画監督 兼重淳さんの話を盗み聞き・・・俳優と映画監督の台本なしトーク!

TOKYO SPEAKEASY 音声

水曜日の常連客 堀江貴文さんと、SODクリエイト株式会社 代表取締役社長 野本ダイトリさんの話を盗み聞き・・・AV業界を支える人たちとの建設的な猥談???

TOKYO SPEAKEASY 音声

火曜日の常連客 落合陽一さんと、元陸上競技選手・為末大さんの話を盗み聞き・・是非お聴きください♪

TOKYO SPEAKEASY 音声

女優 真矢ミキさんと女優・歌手 純名里沙さんの話を盗み聞き・・・

TOKYO SPEAKEASY 音声

木曜日の常連客 日比野克彦さんと漫画家 しりあがり寿さんの話を盗み聞き...多摩美時代の同級生トークをお聞き逃しなく!

TOKYO SPEAKEASY 音声

水曜日の常連客 堀江貴文さんと、元アイドル・志田愛佳さんの話を盗み聞き・・・今日だけはバーからクラブに様変わり?2人でまったりお酒トーク♪

TOKYO SPEAKEASY 音声

火曜日の常連客 落合陽一さんと、宗教学者・島田裕巳さんの話を盗み聞き・・是非お聴きください♪

TOKYO SPEAKEASY 記事

『TOKYO SPEAKEASY』今夜は、火曜日の常連客 落合陽一さんと芥川賞作家・九段理江さんがご来店!

TOKYO SPEAKEASY 記事

『TOKYO SPEAKEASY』今夜は、俳優 山崎樹範さんと映画監督の兼重淳さんがご来店!

TOKYO SPEAKEASY 記事

WANIMA・KENTA「俺のインディゴ愛が伝わればいいなって」indigo la End川谷絵音への熱い思いを語る

TOKYO SPEAKEASY 記事

“美術館”の新たな楽しみ方「対話型鑑賞」とは?東京藝術大学学長・日比野克彦が指南「『絵は静かに見ましょう』みたいなのがあるけど…」

TOKYO SPEAKEASY 記事

実は地元が近い!? 川谷絵音&WANIMA・KENTAが“九州トーク”で大盛り上がり!

TOKYO SPEAKEASY 記事

精神科医・名越康文「回復する過程やきっかけは100人いれば100通り違う」カウンセリングを続けるなかで得た“気付き”とは?

TOKYO SPEAKEASY 記事

WANIMA・KENTA「ヒントが欲しいなと思って…」川谷絵音に“楽曲制作”の真剣相談!?

TOKYO SPEAKEASY 記事

『TOKYO SPEAKEASY』今夜は、木曜日の常連客 日比野克彦 さんと照明デザイナー 石井幹子さんがご来店!

TOKYO SPEAKEASY 記事

精神科医・名越康文「自律神経失調症でぶっ倒れてしまって…」気苦労が絶えなかった40代を振り返る