COSMO みらいかぜ

COSMO みらいかぜ

記事コンテンツ

#26 新たな復興の象徴「フタバスーパーゼロミル」

FM青森、FM山形、ふくしまFMをネットしてお送りする「COSMOみらいかぜ」。 より良い未来を目指してアクションされている方々に、お話を伺っていきます。

東日本大震災からの復興を目指す福島県双葉町。
昨年8月まで、全域に避難指示が続いていたこの町に今年、
新たな復興の象徴とも言えるスポットが誕生しました。
 
その名は「フタバスーパーゼロミル」。
ここは、岐阜県に本社を構えるカフェやショップが併設された「浅野撚糸」の新たな工場です。
その総面積は2万8000㎡ということで、サッカーコート約4面分ほどの広さを誇ります。


そもそも「浅野撚糸」はタオルの原料となる「撚糸」を製造する会社。

「岐阜の町工場ですが、カフェもショップも作りたい。
そして、双葉の人が集まるような施設にしたい」という浅野さんの思いのもと
ただの工場ではなく、複合施設として誕生しました。

「フタバスーパーゼロミル」という施設名にはさまざまな想いが込められています。

まず、町工場を意味する「ミル」。
そして、浅野撚糸が誇る「スーパーゼロ」という撚糸。
さらに、浅野撚糸がかつて直面した倒産の危機を「ゼロを乗り越えてプラスになった現状」と捉え、その名をつけました。

そもそもなぜ、岐阜県の会社が福島県に工場を作ったのでしょうか。

浅野さんは、福島大学の卒業生。
東日本発生時、現地に駆けつけることができませんでした。

その後、会社が軌道に乗っても物見遊山で来たと思われてしまうかも知れないという想いがあり
なかなか行動に移せずにいました。

そんな折、経済産業省から「復興を手伝って欲しい」というオファーが舞い込みます。
震災で被害を受けた12の市町村全てに足を運んだ浅野さん。
中でも、1番状況が酷かった双葉町を選びました。

そこには、最大限の恩返しをしたいという想いがあったからです。
そして日本には逆境を乗り越える力があると信じていたから。

震災以降、双葉町に戻られた方は30名ほどいらっしゃいましたが、ご高齢で働くことは難しい状況。
それにより、起工式の段階で社員はゼロでした。

しかし、高校を卒業して近隣から働きに来てくれた若者や
大手企業を退職し復興に役立ちたいという方などが11名。
本社から9名。ベトナムから4名の働き手があり、現在は24名のスタッフが協力して運営しています。

本当に双葉町を選んでよかったのかと、オープン当初は悩むことも多かったと話す浅野さん。
挑戦するという浅野さんの姿勢が、新たなスポットの誕生へとつながりました。

HP:フタバスーパーゼロミル

社長写真.jpg