吉田麻也「こんなオジサンにくれるなんて…」“ファンレターを送りたい”リスナーに感激

吉田麻也がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「吉田麻也のチャレンジ&カバー」(毎週月~金曜14:55~15:00)。リスナーの切実なお悩みや質問に、世界の一線で戦ってきた経験や思考を基に、吉田麻也が90秒でアドバイスを送ります! 11月24日(金)の放送では、“ファンレター”について語りました。




吉田麻也



<リスナーからのメッセージ>
「麻也さんへのファンレターやプレゼントの送り先を教えてください!」

吉田:危惧種がまだここに1人いましたね(苦笑)。僕へのファンレターということで、気持ちだけでも本当にうれしいです。こんなオジサンにファンレターをくれるなんて、なんて優しい人なんでしょう。ありがとうございます。

1つの方法としては、国内の僕のマネジメント事務所「ユニバーサル ミュージック 」に送ってもらうのが一番簡単かなと思います。“それじゃあ気持ち的にダメだ!”という人は、(現在、所属している)ロサンゼルス・ギャラクシーに送る手もあるんですけど、それはかなりの時間とコストがかかるのでオススメしません。

あとは、食べ物とかを送るのもあまりオススメできないですね。僕も一応アスリートなので、そういうのをいただくのはちょっと難しいということと、モノは届くまでに時間がかかるし、かさばるので、手紙とかが一番確実に僕の手元に届くと思います。

僕に“こういうことを言いたい”“こういう気持ちをぶつけたい”という人は、ぜひ拝見させていただきますので、ユニバーサル ミュージックに「吉田麻也宛」で送ってください。よろしくお願いします。

----------------------------------------------------
11月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月2日(土) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、本編ではカットされた部分も聴ける完全版をお届け! 日本代表選手のエピソードなども聴けるかも!?

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:吉田麻也のチャレンジ&カバー
放送日時:毎週月~金曜14:55~15:00
パーソナリティ:吉田麻也

コンテンツ一覧

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#456

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#455

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#454

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#453

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#452

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#451

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#450

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#449

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#448

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也“監督への抗議”はリスクあり!?「気づいたら来シーズンはいなかった…っていう選手も結構いる」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也が考える“プレミアリーグ・現役ナンバーワンゴールキーパー”は?「ビルドアップの能力が秀でていて、キーパーとして止める能力も高い」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

「ヨーロッパでは練習前にシャワーを浴びる人はいません」吉田麻也が語るサッカー選手の“シャワー事情”

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也“メイド・イン・ジャパン”を絶賛「特にウォッシュレットは最高にいい!」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「サッカーの最先端がすべて揃っている」古巣・サウサンプトンFCの練習に参加した理由とは?

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「トップチームの選手が着ていた古いユニフォームを…」ユース時代の“ユニフォーム事情”を回顧

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

“6ヵ国のリーグ戦を経験”吉田麻也が思う「サッカー観戦がしやすい国」とは?「楽しくスタジアムに行ける環境が整っている」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「大迫選手はハンパなく素晴らしい」J1初優勝・ヴィッセル神戸の強さを分析

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「勝つことが目標になりすぎるのも良くない」“小学生のサッカーチーム”を指導するうえで大切なことを指南