吉田麻也「香水とかを飾ったりもしていました」“いい匂いがする選手”として真っ先に浮かんだ元日本代表選手とは?

吉田麻也がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「吉田麻也のチャレンジ&カバー」(毎週月~金曜14:55~15:00)。リスナーの切実なお悩みや質問に、世界の一線で戦ってきた経験や思考を基に、吉田麻也が90秒でアドバイスを送ります! 11月30日(木)の放送では、試合中に香るサッカー選手の匂いについて語りました。




吉田麻也



<リスナーからのメッセージ>
「電車に乗っていたとき、隣に座った人からいい匂いがしました。そのときに思ったのですが、麻也さんは試合中に“この選手、いい匂いがするな”と感じたことはありますか?」

吉田:ピッチのなかでは、フィジカルモンスターたちと戦わないといけないので、あまりそういうことは考えたことないですけど……いい匂いがする人は結構いますね。

パッと今思いつくのは、現在、ザスパクサツ群馬にいる細貝萌(ほそがい・はじめ)選手。当時、彼はロッカーに自分の空間を作り出し、香水とかを飾ったりもしていました。今はどうしているかわからないですけどね。僕も(香水は)そんなにいっぱいはつけませんが、人並みにはつけますよ。それこそ、クリスティアーノ・ロナウド選手(サウジアラビア/アル・ナスルFC所属)とかもいい匂いがしたかな。なので、いい匂いがする選手は結構多いです。

逆に、プレーしていて“体臭がちょっときついな”という選手がいると、ちょっとマークがつきづらいなっていうのもあるので……これはこれで、また違う問題なのですが(苦笑)。スポーツする以前に、爪を切ったり、清潔にすることは、最低限の紳士の嗜みとしてやるべきことじゃないかなと僕は思います。

----------------------------------------------------
11月30日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月8日(金) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、本編ではカットされた部分も聴ける完全版をお届け! 日本代表選手のエピソードなども聴けるかも!?

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:吉田麻也のチャレンジ&カバー
放送日時:毎週月~金曜14:55~15:00
パーソナリティ:吉田麻也

コンテンツ一覧

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#456

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#455

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#454

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#453

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#452

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#451

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#450

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#449

吉田麻也のチャレンジ&カバー 音声

吉田麻也のチャレンジ&カバー#448

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也“監督への抗議”はリスクあり!?「気づいたら来シーズンはいなかった…っていう選手も結構いる」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也が考える“プレミアリーグ・現役ナンバーワンゴールキーパー”は?「ビルドアップの能力が秀でていて、キーパーとして止める能力も高い」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

「ヨーロッパでは練習前にシャワーを浴びる人はいません」吉田麻也が語るサッカー選手の“シャワー事情”

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也“メイド・イン・ジャパン”を絶賛「特にウォッシュレットは最高にいい!」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「サッカーの最先端がすべて揃っている」古巣・サウサンプトンFCの練習に参加した理由とは?

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「トップチームの選手が着ていた古いユニフォームを…」ユース時代の“ユニフォーム事情”を回顧

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

“6ヵ国のリーグ戦を経験”吉田麻也が思う「サッカー観戦がしやすい国」とは?「楽しくスタジアムに行ける環境が整っている」

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「大迫選手はハンパなく素晴らしい」J1初優勝・ヴィッセル神戸の強さを分析

吉田麻也のチャレンジ&カバー 記事

吉田麻也「勝つことが目標になりすぎるのも良くない」“小学生のサッカーチーム”を指導するうえで大切なことを指南