2023/12/10 シイタケ栽培に挑戦!

★林学博士、西野文貴さんプロデュースの「里山ZERO BASE」と連動したラジオ番組 『Sato Note』(interfm 毎週日曜 8:00~8:30on air♪)★

S__18210921.jpg

今日は風が強いっ!!
ただ、天気は良く、足元にも紅葉が~
この時期の、足元はとってもカラフル~!

 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_38.jpg

里山は私たちにいろんなことを気づかせてくれますね~
さて、今日のワクワクキーワード、いきましょう!
「シイタケ栽培に挑戦!」

 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_39.jpg

ドクトルの地元、大分県は、シイタケ栽培がナンバー1!
🍄キノコの重要な役目を伝えながら
シイタケ栽培に挑戦していきます♪
 

やってきたのは「きみつのさんぽ道」にある“とある場所”。
2019年に大きな台風の影響を受けた場所でもあります。
 
ここには、スダジイ、椎の木が沢山生えていたのですが
台風の影響を受けて、倒れてしまったんです。
遊歩道だったため、通れるようにと、地元の方が切って
置きっぱなしになっているんですが・・・
 
2人の足元にある木は「スタジイの木」。
(※「スタジイの木」は、
  ドングリが実り、食べることができたり、
  この地域の「鎮守の森の木」!)
 
実は、ドクトル、春にここで、天然のシイタケが生えているのを発見!
 
「シイタケ」の由来は、
「スダジイ」の木に生えるキノコが語源と言われています。
(※諸説あります!)
 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_35.jpg

万里恵さん:今日はもしかして・・・!?

ドクトル:足元を見渡してみると・・・・
LINE_ALBUM_しいたけ_231205_18.jpg


万里恵さん:はっ!!!しいたけ!
 
万里恵さんも感動の天然のシイタケを発見!

LINE_ALBUM_しいたけ_231205_19.jpg


からの~~~!!
収穫~~~~!!!


 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_16.jpg


万里恵さん:いい香り~!めっちゃ美味しそう
ドクトル:肉厚~
 
ドクトルは、この春、この場所でシイタケを40~50本発見したそうな!
 
シイタケ自体は、年中、収穫しやすいタイプで
先ほどもお伝えしたようにシイタケの語源は
「スタジイ」とも言われているけども、
もう一つあって
「しきたけ」=4つの季節に出るため、
シイタケとも言われていたという説も!
 
 
シイタケ=森の分解者であるシイタケ。
 
万里恵さん:しいたけはどんな森に?
ドクトル:適度な光と、湿度。
 
万里恵さん:シイタケは人との関わりが強い?
 
ドクトル:諸説あるけど、江戸時代くらいから栽培されていたのでは?
    と言われている。
    時代が進むと、菌が関係していることを発見。
    菌を含んだ、木の杭を埋め込めばシイタケができることを知った。
 
 
ということで、さっそくシイタケ栽培に挑戦!
 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_11.jpg

今回は、ここにある枯れている木の中から、
倒れてそこまで朽ちていない。太さは15センチない。70センチくらいを切っていきます。
(本来は1メーターくらいが多いんだそう!)
※許可を得て持ち帰っています。
 
ディレクター:生木のほうがいい?
ドクトル:シイタケが出る条件があって、
    気が含んでいる水気が20%以上あればOK!
    乾燥しすぎてはだめ。
 
 
ノコギリでゴリゴリ~~~
 
体力がいりますね。
 
**********
 
スタジイの木を切ってきました!
 
ここから、さらに体力勝負!
 
シイタケの菌がついた駒(杭のようなもの)を切ってきた木に打ち込んでいきますが
穴が開いていないので、穴をあけていきます!
 
ドクトル、ホームセンターでも売っている、
子どもでも穴をあけられる道具を使って・・・・
穴をあけていきます!
 
が・・・・・・・
 
大変。。。。!!!
 
ということで、事前に電動ドリルで穴をあけた木を用意!(笑)
 
ドクトル:開けた穴の中にシイタケの菌がいる杭を入れていきます。
    ハンマーで打ち込んでいきましょう!

万里恵さん:意外とベトベトしてる!
 

LINE_ALBUM_しいたけ_231205_8.jpg

************
 
シイタケ栽培に適した場所へ移動~!
木漏れ日が入って、風通しがいい林です。
 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_2.jpg

人間がいても“心地の良い場所”です。
地面から約70センチくらい離れた場所に
木を立てかけていきます。
 
 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_4.jpg
 
これで終わり!
 
 
12月の冬場に仕込みましたが、1月くらいがいいとも言われています。
なぜ、冬がいいのかというと、暖かい時期に打ち込むと
雑菌も一緒に湧いちゃうので、負けちゃう可能性が。
菌が少ない、雑菌が少ない11月くらいからがいいと
言われています。(人によって違うそうです。)
 
 
早ければ来年の「秋」
おおよそ、1年ででてくるの可能性も!
 
一緒に育てている人に便乗しているのですが、
管理としては、置いたら、そのままでOK。
雷が落ちた後にシイタケがいっぱい出てくるように。
たまに、ハンマーで木をたたくと、刺激となりシイタケが出てくるのだそう。
 
さっそく、ハンマーでたたく万里恵さん。
 
万里恵さん:ドクトル、何か聞こえます?

ドクトル:シイタケが「あ、、、ありがとう。」

万里恵さん:あ、そこそこ!もうちょい、、、右!

2人:言ってるなぁ~(笑)
 


さぁ、来年の秋までおよそ1年ですが(笑)
気長に待ちましょう~~!
 LINE_ALBUM_しいたけ_231205_13.jpg

***************
 
番組では「あなたが里山でやりたいアイデア」や
「ドクトル西野への質問」を募集中!
メッセージフォームからお待ちしています!!
 みんなで作るSato Noteです~!
 
番組公式Xではレポートの様子を写真でもアップします。
みなさんも感想や質問など#サトノートでつぶやいてください!
https://twitter.com/satonote_radio 
 
 
 
 



コンテンツ一覧

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#48 春を待つ、知られざる苔の生存戦略 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#47 冬だからこそできる 里山のおすそ分け 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#46 森林塾「かずさの森」で学ぶ里山づくり 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#45 カエデの樹液で作るメイプルシロップ体験! 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#44 鹿野山・神野寺から巨樹、巨木を見に行こう 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#43 防災、減災を考えた屋敷林作り】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#42 植物まみれ!~日本人と馴染みの深い“松の世界!”】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#41 新春 植物まみれ!春の七草を探しに行こう!】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#40 里山ゼロベース忘年会!自然薯ごはんをたべよう!】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/2/18 冬だからこそできる 里山のおすそ分け

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/2/11 森林塾「かずさの森」で学ぶ里山づくり

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/2/4 カエデの樹液で作るメイプルシロップ体験!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/1/28 鹿野山・神野寺から巨樹、巨木を見に行こう

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/1/21 防災、減災を考えた屋敷林作り

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/1/7 新春 植物まみれ!春の七草を探しに行こう!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2023/12/31 里山ゼロベース忘年会!自然薯ごはんを食べべよう!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2023/12/24 里山で作る、しめ縄づくり!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2023/12/17 里山の恵みを使ってクリスマスリース作り!