防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

“弾道ミサイル”だけじゃない…身の危険が差し迫ったときに発令される「Jアラートの“種類”」について解説

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「防災 FRONT LINE」(毎週土曜 8:25~8:30)。12月23日(土)の放送では、「Jアラートの種類」について取り上げました。


※写真はイメージです



北朝鮮が12月18日(月)に大陸間弾道ミサイルを発射しました。17日(日)にも発射をしているため、日本政府は警戒を強めています。

「Jアラート(全国瞬時警報システム)」とは、緊急地震速報やテロ攻撃のように、時間の余裕がない緊急を要する災害や事態が発生した際、市町村の防災無線やスマホなどを通して、あなたに警報が届くシステムです。その際、国から携帯電話など通信サービスの会社にも情報が配信され、携帯電話利用者に、エリアメールや緊急速報メールを通してアラームが鳴る設定となっています。

同システムは消防庁が開発し、2007年から自治体に設備の導入が始まりました。なお、弾道ミサイルのような国民保護に関する情報は内閣官房から、緊急地震速報や津波警報などは気象庁から出すことになっています。また、自治体ごとにJアラートの訓練やテストを定期的におこなっており、最近では、11月15日(水)にJアラート全国一斉情報伝達試験が実施されました。

Jアラートに対応している災害は「国民保護関係情報」「地震関係・気象の情報」の2つに分けられます。国民保護関係情報は、弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ、特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報があります。着弾する可能性や攻撃された場合にJアラートが鳴ります。

発令されたときの行動としては、屋外にいる場合、近くの建物や地下街などに屋内に避難し、自動車を運転しているときは、緊急車両の妨げにならないように、鍵はつけたまま道路の端に停車しましょう。屋内にいる場合は、ドアや窓をすべて閉め、ガス、水道、換気扇を止めて、ドア、壁、窓ガラスから離れましょう。

一方、地震関係・気象情報は、緊急地震速報、津波警報、特別警報が発表されたときに発令します。緊急地震速報は、アラートが鳴ってから数秒から数十秒以内に地震が発生する可能性があります。短い時間で安全な場所に逃げることはできないので、身を守ることを一番に考えましょう。

屋外にいる場合は、安全の確保、ブロック塀の倒壊やビルの外壁、窓ガラスの落下に備えて危険な場所から離れ、海の近くにいたら、海から離れて頑丈なビルに避難しましょう。屋内にいる場合は、大きな家具から離れて頑丈な机の下に隠れましょう。スーパーや施設にいるときは、係員の指示に従って行動しましょう。

特別警報のJアラートが鳴ったときは、すでに気象災害が発生している可能性が高いです。そのため、安全確保を第一に考え、避難所に行くのが難しいときは、2階以上の建物に垂直避難をしましょう。なお、屋外のスピーカーは、1年に4回われている全国一斉情報伝達試験のときに、自宅でアラームが聞こえるか確認しておきましょう。

Jアラートは、身の危険が差し迫ったときに発令される警報システムです。場合によっては、アラートが鳴ってからの数秒間の行動が、命を守れるかどうかの分かれ道になりかねません。アラートが鳴ったときの行動を常にシュミレーションしておきましょう。

実際にJアラートが鳴っても、それが何の合図なのか分からない方もいるようです。そうならないためにも、どんな音が鳴るか確認するとともに、実際にアラートが鳴って計画通りに行動できるかどうかも試しておきましょう。

----------------------------------------------------
12月23日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月31日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:防災 FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

コンテンツ一覧

17日水曜日の 愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~ 音声

17日水曜日の 愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~

熊本地震からまもなく8年 音声

熊本地震からまもなく8年

4月3日に発生した台湾東部の地震 音声

4月3日に発生した台湾東部の地震

ご家庭でできる水の備え 音声

ご家庭でできる水の備え

能登半島地震 被災地の声 ~輪島の海女さん 音声

能登半島地震 被災地の声 ~輪島の海女さん

津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト 音声

津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト

東日本大震災から13年 ~被災地復興の今~ 音声

東日本大震災から13年 ~被災地復興の今~

車中泊をせざるを得ない時に気をつける事 音声

車中泊をせざるを得ない時に気をつける事

能登半島地震 被災地の声 輪島朝市 遠島孝子さん 音声

能登半島地震 被災地の声 輪島朝市 遠島孝子さん

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る 記事

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認 記事

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認

台湾で「最大震度6強」の地震が発生…地震の多い台湾と日本の“共通点”とは? 記事

台湾で「最大震度6強」の地震が発生…地震の多い台湾と日本の“共通点”とは?

水道水を備蓄するとき「煮沸」しなくても良い!?もしもの「在宅避難」のために“家庭でできる水の備蓄法”を解説 記事

水道水を備蓄するとき「煮沸」しなくても良い!?もしもの「在宅避難」のために“家庭でできる水の備蓄法”を解説

能登半島地震“被災地の声”「海女さんにも仕事を与えてほしい」石川県・輪島市在住のベテラン海女が切実な思いを語る 記事

能登半島地震“被災地の声”「海女さんにも仕事を与えてほしい」石川県・輪島市在住のベテラン海女が切実な思いを語る

東日本大震災から13年…福島・双葉町はようやく「復旧から復興のステージに」被災地のいま 記事

東日本大震災から13年…福島・双葉町はようやく「復旧から復興のステージに」被災地のいま

「100円ショップ」の商品でも対応可能!すぐに始められる「防災対策」とは?専門家が解説 記事

「100円ショップ」の商品でも対応可能!すぐに始められる「防災対策」とは?専門家が解説

「エコノミークラス症候群」に要注意…災害時“車中泊”をせざるを得ない場合に気をつけるべきことは? 記事

「エコノミークラス症候群」に要注意…災害時“車中泊”をせざるを得ない場合に気をつけるべきことは?

“能登半島地震”被災地のリアルな声を紹介「早く輪島朝市が復興して、また働けるようになれば…」 記事

“能登半島地震”被災地のリアルな声を紹介「早く輪島朝市が復興して、また働けるようになれば…」