パソコン・スマホの「セキュリティ」問題…個人でできる対策は?IoTNEWS代表・小泉耕ニが指南

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「DIGITAL VORN Future Pix」(毎週土曜 20:00~20:30)。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。1月6日(土)の放送は、前回に引き続き、IoTNEWS代表の小泉耕ニ(こいずみ・こうじ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)小泉耕ニさん、笹川友里



小泉さんは、1973年生まれ、京都府出身。大阪大学でニューロコンピューティングを学び、アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)、キャップジェミニ・アーンスト&ヤング、テックファーム株式会社を経て、2005年より現職に就いています。

◆2024年のデジタルシーンを予測

2023年最後の放送では、2023年のIT、デジタルシーンを振り返りましたが、今回は2024年のIT、デジタルシーンにスポットを当てます。

2023年といえば、OpenAI社がリリースした「ChatGPT」をはじめとする生成AIがデジタルシーンを席巻しましたが、小泉さんいわく「2024年も(生成AIの勢いが)止まらないと思います。非常にニーズが高いですし、世の中の人たちが求めていますよね」と言及します。

なかでも、Microsoft(マイクロソフト)社がOpenAI社に多額の出資をしていることに注目。というのも、Microsoft社は、自社製品のWordやExcelに『Microsoft 365 Copilot』という生成AI機能の搭載を進めているうえに、昨年末には、自社でAIチップを作ることを発表するなど、積極的な動きを見せているから。

小泉さんは、「(Microsoft社は)皆さんがAIを使いこなすためのチップを作っていて、要はクラウドサービスを運営するサーバーのためのAIチップを自社で開発しています。これが登場すると、より高速に、そしてMicrosoft社にとって、より安価にチップが購入できることになりますし、我々(消費者側)にとっても、より安価で高度なAIが得られることになると思います」と解説します。

さらには、「世の中はいま激しいAI競争下にあり、Microsoft社だけでなく、Google社も、X社なども作っています……そうなってくると、どこが一番高性能なチップ、コンピュータを持っているのか、それをいかに安価でかつたくさん提供できるのか。ここの競争が激化する」と予測します。

◆デジタル社会における「セキュリティ」問題

続いて小泉さんは“デジタル技術の一般化”によって生じるサイバーセキュリティ問題について言及。デジタル化が進むに伴い、「我々の(IDやパスワードなど)いろいろな情報がさまざまなところに格納されており、それがあるから便利になっていますが、これ(パスワードなど)が破られる可能性もある」と指摘します。

さらには「危機感を煽るつもりはないですけど……実際、Webサイトや企業の情報システムは、日々サイバー被害に遭っています。なかでも、企業のシステムへ不正に侵入し、セキュリティウォールをこじ開けてデータを抜き取った後、企業に身代金を要求する『ランサムウェア』と言われる問題がたくさん起きており、その手口はどんどん多様化しています」と解説。

そのなかでも、私たち個人ができることとして「(ウイルス対策ソフトなど)ウイルスチェックツールがたくさんありますので、そういったものを購入してパソコンにインストールするのが一番いいと思います。そして、“パスワードをどこかにメモしておかないこと”も大事です」アドバイスを送ります。

また「最近、グローバル企業のWebサービスなどを使っていると、よく2要素認証(2つの要素を用いてユーザーを認証する仕組み)が必要なことがあると思います。さらには、ワンタイムパスワードと呼ばれる数字の羅列を格納するアプリが登場していて、そのアプリを使うと、一定時間で数字がどんどん切り替わっていくので、そのような多要素認証を採用しているサービスをなるべく使うようにすることが重要」と補足します。

さらに、個人情報など大切な情報が詰まっているスマートフォンにおいては、「iPhoneもAndroidも遠隔ロックがかけられるので、(紛失など)何かあったときは、ご自宅のパソコンなどから(遠隔ロックが)できるよう事前に備えておくことも重要」と小泉さん。

最後に「パスコードが出てくるようなアプリや生体認証などをうまく使っていただいて、ほかで使っているパスワードがどこかに漏れたとしても、最低限、自分の使っているサービスには(第三者が)利用できなくすることを心がけましょう」と警鐘を鳴らしました。

次回1月13日(土)の放送は、株式会社コードミー・代表取締役CEOの太田賢司(おおた・けんじ)さんをゲストに迎えてお届けします。香りのテクノロジー企業・コードミーの事業内容についてなど、貴重な話が聴けるかも!?

----------------------------------------------------
1月6日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年1月14日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里

コンテンツ一覧

DIGITAL VORN Future Pix Vol.158 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.158

DIGITAL VORN Future Pix Vol.157 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.157

DIGITAL VORN Future Pix Vol.156 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.156

DIGITAL VORN Future Pix Vol.155 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.155

DIGITAL VORN Future Pix Vol.154 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.154

DIGITAL VORN Future Pix Vol.153 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.153

DIGITAL VORN Future Pix Vol.152 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.152

DIGITAL VORN Future Pix Vol.151 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.151

DIGITAL VORN Future Pix Vol.150 音声

DIGITAL VORN Future Pix Vol.150

人手不足解消、人件費削減…無人決済店舗システム「TTG-SENSE」導入のメリットとは? 株式会社TOUCH TO GO代表取締役社長・阿久津智紀が言及 記事

人手不足解消、人件費削減…無人決済店舗システム「TTG-SENSE」導入のメリットとは? 株式会社TOUCH TO GO代表取締役社長・阿久津智紀が言及

“青汁”だけじゃない!代表取締役社長・佐伯澄が語る“キューサイが目指すビジョン”とは? 記事

“青汁”だけじゃない!代表取締役社長・佐伯澄が語る“キューサイが目指すビジョン”とは?

“青汁”でおなじみのキューサイ株式会社が掲げる新しい挑戦「ウェルエイジング」とは?代表取締役社長・佐伯澄が語るブランディング戦略 記事

“青汁”でおなじみのキューサイ株式会社が掲げる新しい挑戦「ウェルエイジング」とは?代表取締役社長・佐伯澄が語るブランディング戦略

日本の“郵便サービスの質”は世界でも最高レベル!株式会社JPデジタル 代表取締役CEO・飯田恭久「日本人として自慢していい」 記事

日本の“郵便サービスの質”は世界でも最高レベル!株式会社JPデジタル 代表取締役CEO・飯田恭久「日本人として自慢していい」

「日本郵政グループ」DX推進のための子会社を設立!株式会社JPデジタル代表取締役CEO飯田恭久「変わってほしいもどかしさ、不便さがあった」 記事

「日本郵政グループ」DX推進のための子会社を設立!株式会社JPデジタル代表取締役CEO飯田恭久「変わってほしいもどかしさ、不便さがあった」

日本で「ユニコーン企業」が育たない理由とは?株式会社SmartHR芹澤雅人代表取締役CEO「日本の市場は限られている」「外に目を向けないと難しい」 記事

日本で「ユニコーン企業」が育たない理由とは?株式会社SmartHR芹澤雅人代表取締役CEO「日本の市場は限られている」「外に目を向けないと難しい」

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の“強み”とは?代表取締役CEO芹澤雅人「中小企業から大企業まで業種や規模を問わず浸透できている」 記事

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の“強み”とは?代表取締役CEO芹澤雅人「中小企業から大企業まで業種や規模を問わず浸透できている」

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の“強み”とは?代表取締役CEO芹澤雅人「中小企業から大企業まで業種や規模を問わず浸透できている」 記事

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の“強み”とは?代表取締役CEO芹澤雅人「中小企業から大企業まで業種や規模を問わず浸透できている」

日本で民間企業初の「ノーベル平和賞受賞」を目指す!株式会社ヘンリーが見据える“未来の医療現場の形”とは? 記事

日本で民間企業初の「ノーベル平和賞受賞」を目指す!株式会社ヘンリーが見据える“未来の医療現場の形”とは?