2024/1/21 防災、減災を考えた屋敷林作り

★林学博士、西野文貴さんプロデュースの「里山ZERO BASE」と連動したラジオ番組 『Sato Note』(interfm 毎週日曜 8:00~8:30on air♪)★

  1. 大震度7を観測した能登半島地震から
    およそ3週間が経ちました。
    そんな中、このサトノートでも
    地震による火事や津波、土砂崩れなどに対して
    防災、減災につながる提案ができないか?
    という事で、今日はやっていきたいと思います。
     
     
    ワクワクキーワードは
    🌳「防災、減災を考えた屋敷林作り」🌳
     
    屋敷林とは?
    家の周りに植えられている樹々。
    昔は、風や火災、また防音を含め
    人が住みやすい環境を整備するために植えられていました。🌱
     
    ドクトル:そういうところの植物の種類は
         どういうものを植えたらいいのか?
         ということを含めて、
         今日は、鎮守の森に行きながら学んでいきます!💪
     
    いつもは、きみつのさんぽ道、山の上ですが
    今日は、山の下へ!!
     
    やってきたのは、🌳八雲神社!⛩️
     2024112_240112_19.jpg
     
     
    この周りの住宅には屋敷林っぽいものが!😮
     
    「屋敷林」というと、広大な敷地が必要なのでは?
    と思いがちですが、実は、幅1mくらいの土地があれば
    2mくらいの木を植えて、生け垣のようにすることもできるし
    15mくらいの高い木を植えて、風を防ぎ、
    家屋や痛みを守ったりしてくれます✨
     
     
    万里恵さん:屋敷林ときくと、土地が必要かと思った。
          そうではなく、ちょっとしたスペースでいいんですね。
     
    ドクトル:やっぱり見た目を重視したいから
         海外の木を植えたいという人もいると思うけど
         その土地に合っていないかもしれないので、
         日本で昔から植えられているのは
         その土地に適した樹木が、地面に根を張り成長することが多い。
         そのヒントがあるのが、この鎮守の森にあるのでは?
     
     
    ********************
     
    「サトノート」チーム一同、「八雲神社」へ!

     2024112_240112_17.jpg


    入ってすぐに見つけた植物は
    高さはおよそ17mほど、根っこも立派な
    ✨「スダジィ」✨
     S__67575861_0.jpg
     
    防災について最近、実験を行ったというドクトル!

    その内容はというと・・・・
     ********************
    30cmくらいの木を植え
    6年後、およそ5m・直径20cmほどに成長!
     
    その木を機械で引っ張ったところ、
    1.5トンで、ようやくメキっと音がした。
    ********************

    もしも、この「スダジィ」を倒そうとしたら
    どれくらいのチカラが必要なのでしょう・・・。🤔
     
    万里恵さん:そう聞くと、この土地がいかに頑丈か?が分かる。
     
     歩き進みながらドクトルは「いいねぇ。スダジィがいっぱい!」
    どんな場所かというと
    イメージは、明治神宮の森。主役はスダジィ。
     2024112_240112_23.jpg
     
    万里恵さん:ここは、人が植えた?
     
    ドクトル:ここは木の太さがバラバラだから、それぞれ鳥などが運んできて
         増えたんだと思う。
         ここは、少し山になっているけど、
         これだけの植物があるなら、倒れないと思う。
         ここに神社があるということは、昔から倒れないからなんでしょうね。
         さっき、民家にタブの木があったので、
         絶対に出るんです。
         これは、赤ちゃんのタブの木。
         この親が、今いる鎮守の森に絶対いるはず!
    万里恵さん:探そう!
     

    ===================
     
     
     さぁ、タブの木の親を探しながら境内を散策!
     

    ドクトル:生垣の種類は「イヌマキ、サザンカ」など鎮守の森にある種類と同じなので
         これはやっぱり大事。
     
    万里恵さん:生け垣は、隠す役割があると思うけど、他は?
     
    ドクトル:根を張るから地面が崩れにくくなる。
         熊本地震の時に、調査に行った際、
         コンクリートのブロックは崩れたけど、
         生け垣は、崩れてない。
              
     万里恵さん:役割があるんですね
     
    ドクトル:生け垣につかう種類は、火災なども防いでくれる。
         今、探しているタブの木は、タブの木一本、消防車1台と言われるくらい、
         タブの木には、水を含んでいる。
         イチョウなどもそう。
         火防ぎの役割がある。
     
    万里恵さん:タブの木は、東北にも生えていますよね。
     
    ドクトル:東日本大震災の時は、津波から守ったとも言われている。
     
     
     
    今回、訪れた八雲神社の歴史は
    856年に社殿を改造したと書いてあります。
     
      
    万里恵さん:御神木のようなめちゃくちゃ太くて、大きい杉。

     S__67575857_0.jpg

    ドクトル:でかい!!
         平成21年の記録だと。高さ36m、樹齢700年。
     
         もしここに津波がきたらと想像すると・・・
         今、みた杉は、瞬間的には耐えられると思う。
         でも、長いスパン、1年、2年、5年、10年で考えると、
         津波が来るということは、そこが海水に浸る。
         海水に浸ると杉は、葉っぱを茶色くさせ、葉っぱを落として
         次の年には全部かれちゃう。
         でも、タブの木は海水がきても枯れないんです。
     
    万里恵さん:日本の災害があったときに、土砂災害をすごく目にする。
          災害には、スギの木は弱い?
     
     
    ドクトル:これは、実は難しい。
         人が植えた木は、管理しないといけない。
         根っこも強くならない。
         そうすると、根っこが張っていないパターンが多く
         地震や地盤が弱くなると一気に流れていしまうことも。
     
    万里恵さん:整備された杉林は、強い?
     
    ドクトル:個人の解釈だと、たぶん強いと思う。
         結局、整備をすることは間伐をすること。
         そうすると、光が入る。
         光が入ると、その地域にあった「アオキ、スダジィ、タブの木」が生えてくるはず。
         そうやって共存、共栄している森は
         結構、強いと思う。

     2024112_240112_16.jpg
     
    ドクトル:全国で問題になっているのが、シカ。
         光が入って、出てきても、食べちゃう。
         シカが増えると、ヒルが増える。
         ヒルが増えると、人が森に近づかなくなる。
          そうなると、人と自然の距離が離れて行ってしまう。
     
    万里恵さん:逆に言えば、整備をすれば、
          私たちの手で変えられる希望もある。
     
    ドクトル:もちろん。
     
         そこを我々が立ち返って、取り組んでいかなければならないし
         向き合っていかないといけないところ。 
     
     
    ***************************************
    さぁ、本殿の後ろにきました。
     
     
    ここを観ていると・・・・ありました!
    立派な「タブの木」

    S__67575860_0.jpg
     


    樹齢は、若い方で200年いっていないくらいと予想。
     
     
    近くに行ってみると・・・

    万里恵さん:めちゃくちゃ根が張っているんだろう!と思う。
     
    ドクトル:先人たちがどうやって植物と向き合ってきたのかが
         分かるのが鎮守の森なので、いつ来ても勉強になる!
     
    万里恵さん:ドクトルが、屋敷林を作るとしたら
          何を植えますか?
     
     
    ドクトル:スダジィは必須。
         5mに1本ずつの間隔で植えたい
         大きくなるから、たまに、タブの木を植えてあげる。
     
         あとは、シロダモ、アオキ、ヤツデ、を混ぜて植えて
         たまにタブの木も植えてあげる。
         なんなら、スダジィはどんぐり美味しい。
         昔から食べられているけど、
         僕は、どんぐりを食べて生き延びますよ!
     
     
    これから家を建てる人、樹を植えようか考えている方には
    参考になるのではないでしょうか?

    ***************
     
    🌳番組では「あなたが里山でやりたいアイデア」や
    「ドクトル西野氏への質問」を募集中!
    メッセージフォームからお待ちしています!!⭐
     みんなで作るSato Noteです~!
     
    番組公式Xではレポートの様子を写真でもアップします。
    みなさんも感想や質問など#サトノートでつぶやいてください!🥹
     

コンテンツ一覧

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#48 春を待つ、知られざる苔の生存戦略 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#47 冬だからこそできる 里山のおすそ分け 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#46 森林塾「かずさの森」で学ぶ里山づくり 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#45 カエデの樹液で作るメイプルシロップ体験! 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#44 鹿野山・神野寺から巨樹、巨木を見に行こう 】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#43 防災、減災を考えた屋敷林作り】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#42 植物まみれ!~日本人と馴染みの深い“松の世界!”】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#41 新春 植物まみれ!春の七草を探しに行こう!】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 音声

【#40 里山ゼロベース忘年会!自然薯ごはんをたべよう!】~Sato Note

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/2/18 冬だからこそできる 里山のおすそ分け

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/2/11 森林塾「かずさの森」で学ぶ里山づくり

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/2/4 カエデの樹液で作るメイプルシロップ体験!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/1/28 鹿野山・神野寺から巨樹、巨木を見に行こう

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/1/21 防災、減災を考えた屋敷林作り

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2024/1/7 新春 植物まみれ!春の七草を探しに行こう!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2023/12/31 里山ゼロベース忘年会!自然薯ごはんを食べべよう!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2023/12/24 里山で作る、しめ縄づくり!

里山ZERO BASE コラボレーションラジオ 『Sato Note』 記事

2023/12/17 里山の恵みを使ってクリスマスリース作り!