防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「防災 FRONT LINE」(毎週土曜 8:25~8:30)。5月11日(土)の放送では、水ジャーナリストの橋本淳司(はしもと・じゅんじ)さんに「災害が起きたときの水の備え」について伺いました。


※写真はイメージです



東京都が発表している首都直下地震の被害想定では、上水道の断水率は都心で34.1%、復旧までに約17日かかると想定されており、浄水施設に被害があれば、さらに時間がかかる可能性があります。さらに、住宅内に設置された受水槽や給水管などの設備が被害を受けた場合も、断水が拡大する可能性があります。特に高架水槽を設置しているマンションは、停電によってポンプで水を汲み上げられなくなってしまいます。

私たちは、食事の準備や後片付け、飲み水、お風呂、シャワー、洗濯、トイレなどで、1日に約250リットルの水道水を使用しています。それが17日間、蛇口から水が出てこないことは想像以上の不便さがあります。また、今年1月に発生した能登半島地震のように、断水が何ヵ月も続くことも考えられます。

災害が起きたときの水の確保として、“水の備蓄”だったり、「災害時給水ステーション」や給水車から水をもらうことも考えられますが、ほかにはどういう手段が考えられるのでしょうか?

橋本さんは、能登半島地震の事例を挙げ、「自前の井戸を周囲の人々にも開放している方がいました。元々、酒造や醸造所が多い地域だったということもありますが、その人たちが普段から使っている井戸、あるいは使えなくなっていた井戸をもう一度復旧させて使うということがありました。防災用の井戸が残っている公園もありますから、公園などに行ったときに確認しておくと、いざというときに安心なのではないでしょうか」とコメント。

例えば、東京都・練馬区には“防災井戸”以外にも各学校に学校防災井戸が設置されているほか、“ミニ防災井戸”と呼ばれる深さ約8メートルの手動ポンプ付きの浅井戸が、区内の約500ヵ所に設置されています。そのほか、各自治体のWebサイトには防災井戸の情報が載っています。

さらには、「あとは雨水ですね。“雨水は汚い”というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は降り始めて30分くらい経った雨はとてもきれいなので、生活用水としてはとても使いやすい水になります。なので、雨をどうやって溜めるかも重要です」と解説します。

その雨水を溜めるポイントとして、「屋根の雨水を溜めることが一番楽なんですよ。面積が広いところで溜めたほうが、たくさんの雨水が溜められるので、例えば、雨どい(雨水を集めて排水させる筒状の建材)に切り込みを入れて、プラスチックのようなもので雨水を引き寄せるような装置を作ります。そこに、ポリ袋のようなものを入れておくだけで雨水は溜まります」と橋本さん。梅雨の時期にぜひ一度、実践してみるのも良いかもしれません。

災害に備えて、生活用水として必要な1人につき1日約9リットルのお水を、水道水の汲み置きやお風呂の残り湯などで備えましょう。

----------------------------------------------------
2024年5月11日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月19日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:防災 FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

コンテンツ一覧

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える 音声

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える

新耐震基準 知ってほしい事 音声

新耐震基準 知ってほしい事

線状降水帯の事前予測について 音声

線状降水帯の事前予測について

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由 音声

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事 音声

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事

災害が起きた時の水の確保 音声

災害が起きた時の水の確保

能登半島地震 輪島市 被災地の今 音声

能登半島地震 輪島市 被災地の今

3つのタイプの地震 音声

3つのタイプの地震

17日水曜日の愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~ 音声

17日水曜日の愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介 記事

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説 記事

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説 記事

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説 記事

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは? 記事

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは?

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説 記事

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る 記事

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認 記事

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認

台湾で「最大震度6強」の地震が発生…地震の多い台湾と日本の“共通点”とは? 記事

台湾で「最大震度6強」の地震が発生…地震の多い台湾と日本の“共通点”とは?