防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは?

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「防災 FRONT LINE」(毎週土曜 8:25~8:30)。5月4日(土・祝)の放送では、手島アナウンサーが4月に訪れた能登半島地震の被災地・輪島市の現状を伝えました。


※写真はイメージです



能登半島地震から4ヵ月が経過しました。手島アナウンサーは、2月にも石川県輪島市、珠洲市、能登町を取材しましたが、それから2ヵ月が経過した4月に再び能登半島地震の被災地を訪れました。

輪島市内の様子は、「2月の取材で訪れたときと何も変わらない景色が広がっていました。倒れた木造家屋や建物、焼けた朝市通りの建物、多くの家屋に貼られている“危険”と書かれた応急危険度判定の赤い張り紙。その張り紙の色は薄くなっていたり、ボロボロになっていたり……この張り紙が、時間が経ってもそのままの状態であることを教えているようでした」と手島アナウンサー。

市内の変化というと、道になだれ込んでいた家屋は撤去され、一部は更地になっているところも。また、市内の空き地には仮設住宅の建設が進んでいます。能登半島地震での県内の住宅被害は7万軒を超え、市や町からの応急仮設住宅の要望は2月時点で約7,800戸にのぼっていますが、土地や人手が足りず、発生から3ヵ月で完成したのは3割弱に留まっています。

そうした状況のなかで、現地の人たちの声を聞くと、応急危険度判定「要注意」の黄色の張り紙がしてある家屋で生活をしている方や、車中泊をしている方が増えているそう。“開設されている避難所に行けばいいのでは?”と思う人もいるかもしれませんが、避難所のなかですでにコミュニティができていると、今からその輪に入ることをためらう方もいます。

輪島市役所によると、輪島市では最大154ヵ所の避難所がありましたが、現在では49ヵ所、約1,228人の方が避難所で生活しています(※番組放送時)。避難所に残っている方のなかには、仮設住宅への入居を待つ人や自宅の修理を待っている方など、生活再建の先行きが見通せない人が数多くいます。そんな状況下において、4月末で避難所の運営をサポートする職員の派遣がなくなった自治体もあり、継続的な支援が課題となっています。

輪島市でも、5月で応援職員による避難所支援が終了する予定で、今後は避難所を住民の自主運営に切り替えることになっています。また市内の避難所も、8月までには被災者の住まいがほぼ確保できることや、断水解消が進むことを理由に、8月末をめどに閉鎖する方針です。今は住民が仮設住宅に入居できるまでの細かいサポートも必要となっています。

<番組概要>
番組名:防災 FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

コンテンツ一覧

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える 音声

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える

新耐震基準 知ってほしい事 音声

新耐震基準 知ってほしい事

線状降水帯の事前予測について 音声

線状降水帯の事前予測について

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由 音声

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事 音声

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事

災害が起きた時の水の確保 音声

災害が起きた時の水の確保

能登半島地震 輪島市 被災地の今 音声

能登半島地震 輪島市 被災地の今

3つのタイプの地震 音声

3つのタイプの地震

17日水曜日の愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~ 音声

17日水曜日の愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~

「線状降水帯の予測情報」内容まで理解している人は“48.1%”…強い雨が続く“線状降水帯”について解説 記事

「線状降水帯の予測情報」内容まで理解している人は“48.1%”…強い雨が続く“線状降水帯”について解説

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介 記事

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説 記事

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説 記事

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説 記事

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは? 記事

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは?

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説 記事

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る 記事

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認 記事

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認