防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「防災 FRONT LINE」(毎週土曜 8:25~8:30)。今回の放送では、東京大学 地震研究所 特別研究員の佐竹健治(さたけ・けんじ)さんに、4月17日(水)に愛媛県・高知県で震度6弱を観測した地震について伺いました。


※写真はイメージです



4月17日(水)に愛媛県と高知県で震度6弱の地震が発生しました。南海トラフ地震はプレートの境界部分で発生すると想定されていますが、「今回の地震は、プレートとプレートのあいだで発生したものではなく、沈み込んでいるフィリピン海プレートのなかで起きた地震なんですね。ですから、南海トラフ地震と(の関連性を)危惧されているものとは、場所も違いますし、タイプも違っています。つまり、今回の地震によって、すぐに南海トラフ地震が発生することはないと思います」と佐竹さん。

また、沈み込んでいるプレートのなかで起きた地震の特徴として“震源の深さ”をポイントに挙げ、「今回も深さ39kmと、やや深いところで起きています。深いところで起きた地震は津波が発生しにくいです。今回の地震でも発生しませんでした」と説明。

とはいえ、今回の地震ではケガ人が出たほか、水道管の破裂や住宅の損壊、電線が切れるなどの被害が発生。また、コンクリートの塀が倒壊したところもありました。改めて、佐竹さんは「自分の住んでいる家や近所にどんな危険があるかを確認してほしいです」と呼びかけました。

気象庁によると、“揺れの強かった地域では、今後1週間ほど最大震度6弱の地震に注意が必要”としています。日本に住んでいる以上、どこで地震が発生してもおかしくありません。家具の固定やいざというときの避難先、連絡手段の確認、必要な備蓄について見直しましょう。

<番組概要>
番組名:防災 FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

コンテンツ一覧

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える 音声

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える

新耐震基準 知ってほしい事 音声

新耐震基準 知ってほしい事

線状降水帯の事前予測について 音声

線状降水帯の事前予測について

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由 音声

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事 音声

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事

災害が起きた時の水の確保 音声

災害が起きた時の水の確保

能登半島地震 輪島市 被災地の今 音声

能登半島地震 輪島市 被災地の今

3つのタイプの地震 音声

3つのタイプの地震

17日水曜日の愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~ 音声

17日水曜日の愛媛・高知の地震 ~専門家の解説~

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介 記事

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説 記事

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説 記事

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説 記事

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは? 記事

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは?

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説 記事

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る 記事

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認 記事

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認

台湾で「最大震度6強」の地震が発生…地震の多い台湾と日本の“共通点”とは? 記事

台湾で「最大震度6強」の地震が発生…地震の多い台湾と日本の“共通点”とは?