岡村靖幸「この齢になると、ウマが合うとか、何となく肌が合うとか、なかなかないことなので…」斉藤和義とのユニット“岡村和義”結成秘話

松任谷由実がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「Yuming Chord(ユーミンコード)」(毎週金曜11:00~11:30)。4月26日(金)、5月3日(金・祝)の放送ゲストは、岡村靖幸さんと斉藤和義さんからなる新ユニット「岡村和義」。
5月3日(金・祝)の放送は「ときめきジェネレーション」をテーマに、岡村和義ユニット結成から現在の活動、新曲など、さまざまな話を伺いました。


岡村靖幸さん、松任谷由実、斉藤和義さん



ユーミン:今日のコードは「ときめきジェネレーション」! 2人はコロナ禍のときに組んだ、ということになるのかな?

岡村:(斉藤さんのほうを向きながら)そういうことになるのかな?

斉藤:そうかな。

岡村:(2人で)よく飲みに行っていたのは、コロナ前なんですよ。すぐにユニットを組んだわけではなくて、5~6年かけて仲良くなって。最初は本当に飲み仲間で。

ユーミン:どちらが、どういうふうに声をかけた感じ?

岡村:どっち?

斉藤:どちらともなく。「○○にいますけど、何してます?」とか、「2人で明日どこか行きますか」とかもあったり、いろいろでした。

ユーミン:なんだか心温まる(笑)。

岡村:この齢になると、ウマが合うとか、何となく肌が合うとかってなかなかないことなので、貴重な友人として……本当に最初は友人として数年過ごした感じですね。それで(僕がパーソナリティをつとめるラジオ)番組があって、そこで(斉藤さんと一緒に)音楽を作ってみるというので、「これはいいね」って流れで(岡村和義としての活動が)始まったんです。

ユーミン:それで、具体的に楽曲をリリースすることになっていきます。今日は、私のリクエストで、岡村和義の楽曲「サメと人魚」を聴いていただくのですが、これはどこから作り始めたの?

岡村:僕が最初に何年も寝かせていたメロディがあったんですね。サビがどうしても作れなかったので寝かせていたんですけど、それを彼(斉藤さん)に聴かせたら、彼がサビみたいなものを作ってきて。そこから僕がアレンジをして、かなり完成したところで彼に送ったら、そのアレンジを気に入ってくれたんでしょうね。1日でザーッと詞を書いて、あっという間に完成しました。

ユーミン:「サメと人魚」というタイトルも斉藤さんが作ったの?

斉藤:そうですね。

ユーミン:それは、元からそういう詞の構造みたいなのがあったの?

斉藤:いや、全然なくて、何となく歌詞を書いていく途中で。たまに、何も考えずバーッとそのまま書いていったら「大体できた」みたいなときってあるじゃないですか。たま~に、ですけど。

ユーミン:たまにね。

斉藤:それでしたね。だからあまり考えずにやっていって、急に「サメと人魚」が口をついて出てきて。「あっ、いいかもな」って思って、そこからまた進んでいって……という感じでした。

ユーミン:いいね!

斉藤:ありがとうございます。

岡村:だから、こっちがバンと音楽を作って送って、バンと詞が返ってきたときに、「あ、本気出したな」と思いましたね。

ユーミン:私が感心したところは、歌詞に「悪い男と悪い女に なりきれたならいいのに」というところがあるじゃない。“ああ、これが日本語のポップスの素晴らしさだな”と思った。「ポップス」って言ってごめんなさい。

斉藤:いえいえ。

ユーミン:その台詞が小説にあっても、映画の中の台詞でも(スッと入って)来ないし、この音律の中で“お互いに悪にはなれなかった”ということを言っている。

岡村:そうですね。

ユーミン:それが全部、その周りの環境とか心理とかが入っていて、感心したんですよ。

岡村:褒められたよ。

斉藤:やったー。

ユーミン:では、聴いてみたいと思います。岡村和義で「サメと人魚」。



ユーミン:いいですね~。初対面の斉藤和義さんともだいぶ打ち解けてきた気がするんですけど。

斉藤:大丈夫ですか?

ユーミン:大丈夫です!

◆斉藤和義、学生時代に中央道を通ったときの思い出

ユーミン:ここで、私の楽曲の中から斉藤さんに選んでいただこうと思います。

斉藤:自分の“思い出”も込みなんですけど、「中央フリーウェイ」を。

岡村:おお!

斉藤:学生時代に山梨に行っていたので、よく中央道を通っていて「あっ! 競馬場だ」「ビール工場だ! あのまんまだ」「本当に夜空に続く感じだ」って。あれは、中央道を走っている最中に作ったんですか?

ユーミン:最中ではないけど、風景は入っていました。

斉藤:ちょうど僕が歌詞を書き始めたり、歌ったりし始めた頃だったので。それまではギターばかりやっていたので、歌詞というものを気にして聴いていなかったんですけど、「歌詞ってこんなに画が浮かぶものなんだ」というのを感じた最初の数曲のうちの1曲です。

ユーミン:ありがとうございます。

斉藤:もちろん曲もカッコいいんですけど、何せ「こういう画が浮かぶ歌詞を書かないとプロにはなれないんだな」と思わされた曲なんです。

ユーミン:では、その曲を聴いてみたいと思います。あの頃は「荒井由実」ですね。

斉藤:荒井由実さんで「中央フリーウェイ」。

――ここで荒井由実「中央フリーウェイ」をオンエア。

◆岡村和義ライブツアーへの思い

ユーミン:今日はね、お2人で来ていただいて、知られざる一面をそれぞれに……斉藤さんは初めてだったので、いろいろわかって良かった。

岡村和義:ありがとうございます。

ユーミン:「この人たち、伊達(だて)にユニットを組んでいるわけじゃないんだ!」って思えました。そんなお2人が、いよいよツアーに出ます。

岡村:ツアータイトルは「岡村和義 LIVE TOUR 2024 “OKAZ TIME”」と言います。5月16日(木)仙台公演を皮切りに全国8ヵ所・12公演予定しています。

ユーミン:楽しみですね。どこか伺いたいと思います。

岡村:来てください、お願いします。

斉藤:ぜひぜひ。

ユーミン:ありがとうございます。では、ツアー前の気分を最後にそれぞれ言ってもらおうかな。

岡村:まだリハーサルも何も始まっていないので何とも言えないんですけど、楽しめたらなと思っています。あと、生演奏なので“生演奏の魅力”みたいなことを2人で楽しめたらと思っています。

斉藤:そうですね。配信しているのは5曲ですが、まだ他にも曲は作っているところなので、ライブで初めて聴くことになると思うんですけど。

ユーミン:ファンの人たちも楽しみだよね。

斉藤:デビュー前にやっていたライブみたいだなと。CDとかを出していない中で、ライブで初めて曲を聴いてもらうのは久々なので、ちょっとドキドキですね。

ユーミン:久々とか、初めてとか、ドキドキがあることが尊い!

岡村:そうですね。ありがたいことですね。

ユーミン:2人とも若くないからね。

斉藤:そうですね。

ユーミン:過信せずに体調を整えてツアーに立ち向かってください。

岡村和義:はい、ありがとうございます。

ユーミン:「Yuming Chord」、今日のゲストは、岡村靖幸さんと斉藤和義さんのユニット、「岡村和義」のお2人でした! どうもありがとうございました。

岡村和義:ありがとうございました。



岡村和義のライブツアー「岡村和義 LIVE TOUR 2024 “OKAZ TIME”」は、5月16日(木)仙台公演を皮切りに全国8ヵ所・12公演開催されます。詳細は岡村和義の公式Webサイトをご確認ください。

また、ユーミンの50周年記念ベストアルバム『ユーミン万歳!』のアナログボックスセット「ユーミン万歳![完全限定盤アナログボックス]」が、6月26日(水)に数量完全限定で発売されます。CD未収録の7曲を新たに追加したボーナスディスクのほか、特別仕様でリリース。詳しくは公式Webサイトをご確認ください。

<番組概要>
番組名:Yuming Chord
放送日時:毎週金曜11:00~11:30
パーソナリティ:松任谷由実
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/yuming

コンテンツ一覧

岡村靖幸「この齢になると、ウマが合うとか、何となく肌が合うとか、なかなかないことなので…」斉藤和義とのユニット“岡村和義”結成秘話 記事

岡村靖幸「この齢になると、ウマが合うとか、何となく肌が合うとか、なかなかないことなので…」斉藤和義とのユニット“岡村和義”結成秘話

松任谷由実「アーティストだから我儘でいい、ということはない」その深意は? 記事

松任谷由実「アーティストだから我儘でいい、ということはない」その深意は?

斉藤和義「岡村ちゃんは、もともとちょっとアイドルっぽいもんね」岡村靖幸にあやかり“ダンス”練習中!? 記事

斉藤和義「岡村ちゃんは、もともとちょっとアイドルっぽいもんね」岡村靖幸にあやかり“ダンス”練習中!?

“中年の性”のお悩み相談も!? 岡村靖幸「熟年の方で『忘れられない』という方や…」斉藤和義との新ユニット『岡村和義』配信番組の内容に、ユーミンが迫る! 記事

“中年の性”のお悩み相談も!? 岡村靖幸「熟年の方で『忘れられない』という方や…」斉藤和義との新ユニット『岡村和義』配信番組の内容に、ユーミンが迫る!

ユーミン「乃木坂46にやってもらって良かった! 小室さんにやってもらって良かった!」松任谷由実×乃木坂46×小室哲哉コラボ曲『守ってあげたい』への思いを語る 記事

ユーミン「乃木坂46にやってもらって良かった! 小室さんにやってもらって良かった!」松任谷由実×乃木坂46×小室哲哉コラボ曲『守ってあげたい』への思いを語る

松任谷由実、ロシア出身の世界的テクノ・クイーンとのコラボ曲『春よ、来い』を語る「今まで体験したことのないような…」 記事

松任谷由実、ロシア出身の世界的テクノ・クイーンとのコラボ曲『春よ、来い』を語る「今まで体験したことのないような…」

岡村靖幸「ものすごいセクシーで、すごい歌詞」と語る松任谷由実の楽曲、コラボ制作曲とは? 記事

岡村靖幸「ものすごいセクシーで、すごい歌詞」と語る松任谷由実の楽曲、コラボ制作曲とは?

松任谷由実「音楽をやってきて良かった」「友達になって良かった」50周年記念コラボアルバムへの思いを語る 記事

松任谷由実「音楽をやってきて良かった」「友達になって良かった」50周年記念コラボアルバムへの思いを語る

宇多丸「『オレたちひょうきん族』のエンディングテーマって…」松任谷由実コラボベストアルバムで『SATURDAY NIGHT ZOMBIES』を選んだ理由 記事

宇多丸「『オレたちひょうきん族』のエンディングテーマって…」松任谷由実コラボベストアルバムで『SATURDAY NIGHT ZOMBIES』を選んだ理由