防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「防災 FRONT LINE」(毎週土曜 8:25~8:30)。5月25日(土)の放送では、水ジャーナリストの橋本淳司(はしもと・じゅんじ)さんに“簡易トイレが必要な理由”について伺いました。


※写真はイメージです



地震が起きた直後は、排水管や下水道がどうなったかが分かりません。その状況でいつものように排泄をしてしまうと、水が流せなくて便器のなかに汚物が溜まってしまう恐れがあります。また、たとえ水が流れたとしても、つながっている排水管がどうなっているのかも分かりません。

排水管は戸建て住宅だと1階と2階、集合住宅だと自分の住戸と上下の階につながっています。もしどこかの配管が壊れていた場合、汚水が漏れてしまったり、トイレからあふれてしまうなど、何らかのトラブルが起きる可能性があります。あなたの家のトイレを守るため、そして、排水管がつながっている先の人に迷惑をかけないためにも、大きな災害の直後は、すぐに水洗トイレを使わないことが基本です。

また橋本さんは、「(簡易トイレを備蓄しておかないと)不衛生な環境になってしまって、被災生活が続くなかで感染症が発生するなどの二次被害が発生することが多いです。なので、凝固剤や消臭剤、ポリ袋がセットになっている簡易トイレをなるべく多く準備しておくことが大事だと思います」と話します。

簡易トイレを用意しておくべき量として“1週間分”を目安とし、「その後は救援物資で届いたり、仮設トイレが設置されたりしますので、それまでは用意しておいたものでしのぐイメージです」と解説します。なお、簡易トイレを選ぶポイントとして「住んでいる市区町村で回収できるもの」「吸収量が十分でしっかり固まるもの」「消臭対策などが備わっているもの」を挙げます。

仮に下水道が使えた場合、水は流せるのでしょうか? 橋本さんに伺うと、「下水道が使えるなら、自分で水を確保することによってトイレを使うことができます。そのときに流す水の量は大体5リットル、人は生活用水として1日15リットルの水を使っているため、そのうち5リットルが(トイレ用として)流れていくということになります。一方、水が流せなかった場合は、仮設トイレを使うか、自分たちで用意しておいた簡易トイレを使うことになります」と言及。

それを踏まえて、最後に橋本さんは「簡易トイレを使うにしても、水を流して使ってみるにしても、いざ被災したときに“こんなふうに使えばいいんだな”と理解しておくために、一度練習しておくのが良いと思います。その際に“どこで使えばよいか?”“隔離された場所はあるのか?”“使用後、においを防ぐ措置はとれるのか?”といったことも考えておく必要があると思います」と話していました。

携帯トイレを用意はしているものの、実際には使ったことがない方がほとんどかと思います。使い方や衛生面は大丈夫かなど、ぜひ一度、簡易トイレについて家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

----------------------------------------------------
2024年5月25日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月2日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:防災 FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

コンテンツ一覧

アート×防災 音声

アート×防災

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える 音声

輪島の漁港復旧・復興 金沢大学 青木賢人准教授の声から考える

新耐震基準 知ってほしい事 音声

新耐震基準 知ってほしい事

線状降水帯の事前予測について 音声

線状降水帯の事前予測について

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由 音声

災害が起きた時、携帯用トイレが必要な理由

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事 音声

地震で下水道が使えなくなった時に起こる事

災害が起きた時の水の確保 音声

災害が起きた時の水の確保

能登半島地震 輪島市 被災地の今 音声

能登半島地震 輪島市 被災地の今

3つのタイプの地震 音声

3つのタイプの地震

「線状降水帯の予測情報」内容まで理解している人は“48.1%”…強い雨が続く“線状降水帯”について解説 記事

「線状降水帯の予測情報」内容まで理解している人は“48.1%”…強い雨が続く“線状降水帯”について解説

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介 記事

大災害の直後は“水洗トイレ”の使用NG…「簡易トイレ」が必要な理由と購入時のポイントを紹介

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説 記事

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説 記事

携帯トイレは“1人15~35回分”備蓄を…災害が起きたときの「トイレの備え」について専門家が解説

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説 記事

4月に愛媛・高知で発生した“震度6弱”地震…「南海トラフ地震」との関係は!?専門家が解説

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは? 記事

8月末めどに“避難所”が閉鎖の方針…「能登半島地震」から4ヵ月が経過した被災地・石川県輪島市で“必要としていること”とは?

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説 記事

「断水」が数ヵ月続く恐れも…、想像以上に不便…災害時に「水を確保する方法」について解説

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る 記事

亡くなった方の約8割が「災害関連死」…発生から8年が経過した「熊本地震」を振り返る

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認 記事

「東日本大震災」で得られた“経験”“教訓”が薄れている? 冊子「津波から生き抜く じぶん防災プロジェクト」で命を守る方法を再確認