お宝ファイルNO.132 ことり食堂

お宝ファイルNO.132 ことり食堂

まんのう町造田
南に向かって
コンビニエンスストア近くの
押しボタン式信号機

ここしかない

・・・が、北から南への進行ならば
看板が目に入りますが
南からの進行の場合は注意が必要

 

ことり食堂

普通のお家に併設された建物

メニューは

日替わり定食のみ

前払いした後は
この中で待ちます

しばらくすると料理が運ばれてきます

 

この日はサバの味噌煮定食

これで

650円

 

食べ終わったら
食器はそのままで退席OK

ことり食堂の母体は

 

おもいやり弁当 琴里

 

こちらは

オーナーのお母さん

大鷹 敦子 さん

ま、実質的なボスです

 

なぜ650円という価格で
定食が提供できるかというと

 

高齢者向けに配達している
お弁当の料理とほぼ同じものを
同時に調理しているからです

この日のサバには
骨が全くありませんでした
これも思いやり

 

食材には
高齢者が食べても
安心なものが使われています

 

おもいやり弁当琴里
今から20年前に
大鷹さんが始めました

 

当時はまだ
小規模事業者による高齢者宅へのお弁当の宅配
少なく
1~3人のお客さんのために
お弁当を作っていたそうです

 

顧客数が伸び悩んでいたころ
ある日、配達におとずれると
一人暮らしの高齢者が自宅で倒れていたそうです
あわてて声をかけて
無事その方は意識をとりもどしました

 

その時の経験で

自分たちが行っている活動の必要性を強く実感

したのだそう。

 

「お弁当+思いやりの気持ちを届ける」

 

そんな思いで続けてきたそうです

 

ことり食堂は、
近隣に飲食店がないため
近くで仕事を請け負っている
作業者向けに
昨年12月にオープンしました

 

初めての人は
次回使える50円引きチケットがもらえます

また、もしも苦手な食材があれば
申し出ると
他のメニューに変更してもらえます

さらに、
ご飯も何杯でもお代わりできます
(フードファイター系の方は、ごめんなさい

 

牛すじカツカレーの日もありました


これは常連のお客さんからの
リクエストだそうです

 

食堂の噂はSNSや口コミで広まり
今では
いろいろな世代の人がおとずれます

 

お弁当プラス思いやりの気持ちと言葉を届ける
おもいやり弁当琴里のスタッフの皆さん

ことり食堂
まんのう町造田

営業日 平日11時~13時

 

お弁当の配達エリアは
まんのう町・善通寺市・琴平町・丸亀市の一部
まずは
電話にてお問い合わせを

0877-89-3316


お宝ファイルNO.132

お弁当プラス思いやりの気持ちと言葉を届ける、
おもいやり弁当琴里
から誕生した平日だけオープンする食堂


ことり食堂