「自分がやることの意味があると思えた」今泉力哉監督、永野芽郁×高橋文哉の映画「からかい上手の高木さん」を引き受けた理由

きゃりーぱみゅぱみゅがパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」(毎週日曜12:30~12:55)。この番組では、きゃりーが自身の趣味や興味のあることについて語ったり、いま輝いているゲストをお迎えしたりしながら、さまざまなエピソードを1冊の本に見立て、紐解いていきます。6月23日(日)、6月30日(日)の放送では、映画監督の今泉力哉(いまいずみ・りきや)さんをゲストに迎えて、お届けしました。


(左から)今泉力哉さん、パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ



◆「恋愛」をテーマにトーク

1990年代に活躍したバンド・たまの元メンバー3人の日々を描いたドキュメンタリー「たまの映画」で、2010年に商業映画監督デビューした今泉さん。その後、「サッドティー」「愛がなんだ」「街の上で」「窓辺にて」「ちひろさん」「アンダーカレント」など数々の話題作を手がけています。

そして現在は、永野芽郁さんと高橋文哉さんが出演する監督作「からかい上手の高木さん」が公開中です。

新世代の恋愛映画の名手として名高い今泉さんと、今回は“恋愛”をテーマにトークを展開。

自主映画を作っていた当時は、恋愛映画以外にもさまざまなジャンルを手がけていたという今泉さん。自分で脚本を書くようになってから、自然と恋愛モノが増えていったといいます。

さらには、「たぶん興味があった題材が恋愛で、人間関係や感情みたいなものを一番分かりやすく出せるので、実生活にありそうな恋愛を描くようになっていきました」と話します。

“恋バナ好き”のきゃりーからは、「恋愛といっても、付き合う前のキャッキャしている感じが好きとか、ちょっとドロドロしたのが好きとか、いろいろなジャンルがあると思うんですけど、今泉監督が好きなジャンルの恋愛話はあるんですか?」との質問が。

これに今泉さんは「器用に生きられる人にはあんまり興味なくて。例えば、前の映画では不倫や浮気を描いたんですけど、正直すぎて罪悪感とかの話をずっとしているみたいな。言わなくてもいいことを言っちゃったり、もうちょっと器用な人のほうが傷つかないのにとか。そっち側の正直な人たちのやり取りがすごく好きです」と答えます。

そして、「一見、“ドラマや映画にはならないんじゃない?”っていう起伏の小さいものというか、そうした細かい悩みとかを描くと、それって本当は多くのみんなに響くというよりは、誰か(少数の)個人に届くものかもしれないけど、実はそっちのほうがマス(一般大衆)に届くんじゃないかと思います」とも。

続いては、現在公開中の映画「からかい上手の高木さん」の話題に。この作品の実写映画化を引き受けた理由について、今泉さんは「いつもは浮気とか不倫とかを題材にすることが多いので、『真逆じゃん』とよく言われるんですけど(苦笑)。“好き”という気持ちにまだ気付けていない男の子の真っ直ぐさや不器用さみたいな部分は、今まで表現してきたものや設定とかは違うけど、実はだいぶ近いものがあって。原作がすごく面白いし、登場人物の繊細で細かいやり取りも面白くて」と言います。

さらには、「派手でテンポのいい映画であれば、他の監督が実写化することもあり得ると思ったんですけど、このトーンであれば、自分がやることの意味があるなと思えたので引き受けました」と思いを語りました。


(左から)今泉力哉さん、パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ



★Chapter#0 Library★

ゲストが背中を押された作品を紹介してもらうコーナーで、今泉さんがセレクトしたのは、映画「ジョゼと虎と魚たち」です。

田辺聖子さんの短編小説を実写映画化した本作は、足の不自由な少女・ジョゼ(演:池脇千鶴さん)と平凡な大学生・恒夫(演:妻夫木聡さん)の切ない純愛を描いたラブストーリーです。

今泉さんがこの作品を劇場で観たのは、映画監督になるのを諦め、NSC(吉本総合芸能学院)大阪校に通っていたときのこと。「この映画に出会って、“やっぱり映画ってすごい!”となって背中を押されたというか、こっちの世界に戻ったきっかけの映画」とセレクト理由を語ります。

演者たちの迫真の演技に、「帰り道、自転車を漕いで泣きながら“映画すごい!”って思いながら(笑)」と当時を振り返っていました。



2週に渡る今泉さんとのトークを振り返り、きゃりーは「ノンストレスで生きている感じがすごくしました。うらやましいなと思いましたし、見習いたいなともすごく思っていて……やっぱり楽しいことを仕事にするのは本当に憧れますよね。仕事ってなると、悩んだり、ちょっと大変だなってこともあったりすると思うんですけど、今泉さんのようなナチュラルに生きられる人に私もなりたいなと思いました」と話していました。

次回7月14日(日)のゲストは、お笑いトリオ「ぱーてぃーちゃん」のすがちゃん最高No.1さんです。

<番組概要>
番組名:CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~
放送日時:毎週日曜 12:30~12:55
パーソナリティ:きゃりーぱみゅぱみゅ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/heart/

コンテンツ一覧

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio 音声

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【吉祥寺・三鷹】 音声

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【吉祥寺・三鷹】

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio 音声

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【下高井戸】 音声

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【下高井戸】

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio 音声

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【登戸】 音声

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【登戸】

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio 音声

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【北千住】 音声

聴いて楽しむ、#住んだら手帳 【北千住】

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio 音声

きゃりーぱみゅぱみゅアフタートーク & CHINTAI情報局 on the Radio

「自分がやることの意味があると思えた」今泉力哉監督、永野芽郁×高橋文哉の映画「からかい上手の高木さん」を引き受けた理由 記事

「自分がやることの意味があると思えた」今泉力哉監督、永野芽郁×高橋文哉の映画「からかい上手の高木さん」を引き受けた理由

“恋愛映画好き”本田望結の理想のデートプランに、きゃりーぱみゅぱみゅも驚愕「いやいや、おかしい(苦笑)。怖い!」 記事

“恋愛映画好き”本田望結の理想のデートプランに、きゃりーぱみゅぱみゅも驚愕「いやいや、おかしい(苦笑)。怖い!」

「腐女子のつづ井さん」人気漫画家・つづ井 エッセイ漫画のこだわり「自分が読み返したときに、楽しい気持ちになるような思い出を描きたい」 記事

「腐女子のつづ井さん」人気漫画家・つづ井 エッセイ漫画のこだわり「自分が読み返したときに、楽しい気持ちになるような思い出を描きたい」

BE:FIRST リーダーをつくらない理由とは? RYOKI「メンバーそれぞれが自立しているから、話し合いができる」 記事

BE:FIRST リーダーをつくらない理由とは? RYOKI「メンバーそれぞれが自立しているから、話し合いができる」

デビュー20周年! 木村カエラ、ブレずに頑張ってきたのは「ずっと自分を信じていたこと」 記事

デビュー20周年! 木村カエラ、ブレずに頑張ってきたのは「ずっと自分を信じていたこと」

倖田來未 “恋愛と結婚の違い”「恋はアップダウン、結婚はお互いを支え合っていく」 記事

倖田來未 “恋愛と結婚の違い”「恋はアップダウン、結婚はお互いを支え合っていく」

元外資系CA芸人・CRAZY COCO 話題のCAネタ動画は「“この女性、苦手だったな”というのをハイブリッドさせています(笑)」 記事

元外資系CA芸人・CRAZY COCO 話題のCAネタ動画は「“この女性、苦手だったな”というのをハイブリッドさせています(笑)」

UNISON SQUARE GARDEN・斎藤宏介 2023年に観に行ったライブで3本の指に入ると絶賛したアーティストとは?「泣けてくるぐらい…」 記事

UNISON SQUARE GARDEN・斎藤宏介 2023年に観に行ったライブで3本の指に入ると絶賛したアーティストとは?「泣けてくるぐらい…」

ロザン宇治原、受験で重要なのは“体調管理”「僕は本気で“うがいと手洗い”が受験で一番大事だと思っている」 記事

ロザン宇治原、受験で重要なのは“体調管理”「僕は本気で“うがいと手洗い”が受験で一番大事だと思っている」