カリマー「リッジ」がリニューアル!

今日はリュックサックのお話。今から70年前の1946年に自転車のバッグブランドとしてイギリスで産声をあげた「カリマー」が、ブランドを代表するリュックサック「リッジ」に、大きな改良を加えてリニューアルしました。

 1999年に発売された人気シリーズ。今回のリニューアルで、まず重心を少し高くして背中とのフィット感をアップ。より快適に歩くことができるようになりました。

 また背中とのフィット感を高めるためにインナーパネルが新設計されました。

 あと、荷物が少ない時でもリュックの垂れ下がりを防ぐコンプレッション・システムを採用。さらにヒップベルトの性能を高めたことで肩への負担が軽減されました。

 また、肩への負担を考えた新設計はショルダーハーネスの形と角度の変更にも見て取れます。そして本体に使用する素材は、軽量かつ高い強度を持つ最新のタスランナイロンを採用し、大幅な軽量化に成功しています。

 こうした改良が施された新しい「リッジ」は、日帰りから山小屋へ一泊までの行程に最適な30リットルと、山小屋泊やテント泊にも対応する40リットルモデルの2サイズで展開。

 さらにそれぞれのサイズには、背面の長さ別に42センチ・47センチ・50センチのモデルがあるので、よりピッタリとフィットするものを選ぶことができますよ。

 今日はリニューアルしたカリマーのリュックサック「リッジ」をご紹介しました。

関連タグ