2020/7/30「サステナ*デイズ」今週の作品は…??

今週は、大谷都民版幻坊さんの作品です。





作品名「5時の悪魔」

1987年生まれ 東京都在住

幼少の頃より絵を嗜み16歳から独自で絵を描き始める
20歳で統合失調症を発症
25歳お遍路49日間を歩き満願する
幻聴に苛まれながら自由空間の中に現れる事象を描く
以後絵を描き続ける

【作家・作品の紹介】
統合失調症は思春期から40歳くらいまでに発症しやすい病気です。幻聴や幻覚が現れ、集中力、判断力、思考力が低下することがあります。
作家の大谷都民版幻坊さんは20歳で病気を発症し、26歳の時に緊急入院しました。そして入院中の頭の世界が浮世の時代だったため、戯作者の気分になり瓦版を発行していました。その瓦版に、いつも新聞の「都民版」という文字を切り抜き、貼り付けていたところから、ペンネームの一部にしました。「大谷」は昔のあだ名(本名は全く違う名前です)。「幻」は「幻聴・幻覚」から、「坊」は以前に坊主頭にしていたところからとりました(今は長髪です)。
作品「5時の悪魔」は夕方5時を描きました。5時は作家自身の体調が変化しやすい時間です。昼と夜の間、光と闇の間、現実と仮想の間で描いた作品です。

段々色ギャラリー
https://www.dandan-iro.com/

「感性のコラージュ 障がい者アート展」
会期:令和2年8月27日(木)~9月2日(水)※最終日は16時まで
会場:京王百貨店新宿店6階 京王ギャラリー

関連タグ