simple style -オヒルノオト-

simple style -オヒルノオト-

パーソナリティ


華恵

黒江美咲

山本真由美

晴れたお昼時、お弁当を持って、ちょっと会社を抜け出し、外で日向ぼっこ。
携帯でラジオを聴きながら、こころは日常からちょっと離れて旅気分。
雨の日、あいにく外出できないのでムシャクシャ。雨を見ながら、仲間と談笑。
携帯でラジオを聴きながら、「この曲はなんだ?このモノはなんだ?」と検索。
やっぱり、こころは日常からちょっと逸脱。
この番組では、そんなあなたの好奇心・冒険心に火をともす「お昼」を演出します。

過去の放送(radikoタイムフリー)

または

今日のゲストは・・・WEAVERのドラマーで小説家の河邉徹さん!

2020/8/25 (火)14:40
8月25日(火)お昼ノート



今日は、3ピースバンドWEAVERのドラマーで小説家の河邉徹さんに、
今月、クラーケンラボから刊行された3作目となる新刊「アルヒのシンギュラリティ」についてリモートでお話を伺いました! 




【オフィシャルサイト】
https://www.weavermusic.jp/kawabe/

【Twitter】
https://twitter.com/kwb_wvr

_________________


【お昼ノート】
今日教えていただいたお昼ノートは…

ドラムの豆知識


ドラムセットを演奏しているようす、映像でも生でもご覧になったことのある方が多いと思いますが…
「手をクロスして」叩いているイメージがありますよね?
どうしてそのように叩いているのかというと…その秘密はドラムが成り立った歴史の中に。

ドラムセットとして最初に組み合わせられたのが、右足で踏むバスドラムと両手で叩く小太鼓、スネア。
元々は行進する時に小太鼓を斜めに抱えていた名残で、左手だけ違う持ち方をしていました。
そして、あいているもう片方の足でさらに同時に演奏するために、シンバル2枚をペダルを踏むことで開け閉めできる仕組みができました。これが「ハイハット」と呼ばれるもの。
まずは足だけで動かしていたものだったのですが、「手でも叩けるじゃないか」ということになり、最初に左側にできてしまったため、叩きやすい右手をクロスして叩くようになった!
というのが、現在の演奏法の成り立ちだということです。

今では当たり前のようにスティックで叩いているハイハットも、足だけで演奏するものだったとは、びっくりですね!
ドラマーならではの豆知識をありがとうございました!
スマホで楽しめる AuDee(オーディー)アプリ無料配信中!
  • AIR-G'~FM北海道
  • FM青森
  • FM岩手
  • Date fm
  • FM秋田
  • FM山形
  • ふくしまFM
  • TOKYO FM
  • FM GUNMA
  • RADIO BERRY
  • FM-NIIGATA
  • FM長野
  • K-mix
  • FMとやま
  • FM石川
  • FM福井
  • FM AICHI
  • エフエム岐阜
  • FM三重
  • FM滋賀
  • FM大阪
  • Kiss FM KOBE
  • エフエム山陰
  • FM岡山
  • 広島FM
  • エフエム山口
  • FM香川
  • FM愛媛
  • FM徳島
  • FM高知
  • FM FUKUOKA
  • FM佐賀
  • FM Nagasaki
  • FM熊本
  • FM大分
  • FM宮崎
  • FM鹿児島
  • FM沖縄

ページトップボタン

更新ボタン