【29日目】放送後記【あと2日】

【29日目】現在のとしまえんで一番古い乗り物は55年間動いているコレ!!~かつてあったウォ―ターシュートやシャトルループなどの裏話もお届け

29日目は、ウォ―ターシュートやシャトルループなどの裏話をお届け!

「29日目」を聴く

放送後記では、テキストと写真でも「30日後に閉まるとしまえん」をお楽しみください!
---
さあ、ここで問題です。
今としまえんにある乗り物で一番古い乗り物は何でしょうか?

答えは、なんとローラーコースターのサイクロンでございます!



サイクロンと言えば、僕は絶叫マシンとか苦手なんですけど、としまえんの中で唯一乗れたというか自信をつけてくれたジェットコースターだというのがあります。最初は嫌がっていたんですけど、友達に無理やり乗せられて「あれ?乗れるじゃん、俺ジェットコースターいける!!」みたいな感じで登竜門的なジェットコースターという感じがしました。

今日は株式会社豊島園に40年以上勤務するベテラン社員の渡辺孝一さんと練馬生まれ練馬育ち好きなジェットコースターは?シャトルループの坂森さんに引き続きお話を伺っていきます。よろしくお願いいたします。練馬区民で知らない人がいないサイクロンですけど、どれくらいの歴史があるんですか?

渡辺さん:サイクロンは、1965年に出来ました。なんと55年前のジェットコースターになるんですよ。



つるのさん:そんな古いんですね!?

渡辺さん:はい、そんな古いんです。そんなに古いんですが、「今としまえんで一番人気のあるアトラクションは何ですか?」とお客様に聞かれると「サイクロンです。」と答えがするほど、55年間(一時期、シャトルループなどが営業していたときもありますが)
ほぼ1位を持続しているジェットコースターになります。

つるのさん:鉄板中の鉄板。

坂森さん:鉄板ですね。
 
つるのさん:ポテトチップスで言うと『うすしお』ですよね?

坂森さん:そうですね。

つるのさん:ひたすらずっとあり続ける!?

つるのさん・坂森さん:飽きが来ない!



渡辺さん:まさしくその通りですね。

つるのさん:サイクロンは一回乗って帰ろうか?みたいなそんな感じでしたけど、坂森さん的はどうでしたか?

坂森さん:小学生の頃はもう来るたびに何回も乗っていましたね。大好きなジェットコースターでした。

つるのさん:ディズニーランドに行く前にちょっとサイクロンに乗っておくかみたいな所ありますよね?
 
坂森さん:そうなんですよ。度胸試しじゃないですけど、サイクロンに乗れたら次のレベルにいけるかな?っていう(笑)

つるのさん:そうそう。

渡辺さん:今もですね、初のジェットコースターだなっていう小さいお子様も並んでいます。最初は緊張して乗っているのがこちらもひしひしと感じるんですけど、乗り終わった時の笑顔はすごいですね。

つるのさん:やっぱりそういうのを見てらっしゃるんですね。

渡辺さん:乗り終わったところで、「ああー楽しかった!もう1回乗りたい!!」と言ってリピーターがすごい多い乗り物なんです。

つるのさん:そうなんですね。

渡辺さん:他にもジェットコースターありますけど、ジェットコースターってどっちかというと1回乗ると「今日はもういいわ」というのが普通なんですけど、サイクロンだけでは、とてもリピーターの多い乗り物です。小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで一緒に楽しめるジェットコースターなんです。

つるのさん:3代に渡って乗り続けられるんですね。

渡辺さん:本当ですね。

つるのさん:今としまえんの中にはジェットコースターでいうとサイクロン・コークスクリューか。



渡辺さん:そうですね。

つるのさん:コークスクリューは何回転もグーッと回るものですよね?

渡辺さん:はい。あとは、汽車の形をしたブラワーエンジン。

つるのさん:ブラワーエンジン。



渡辺さん:ブラワーエンジンは、非常に長い乗り物なんです。普通のジェットコースターは、サイクロンでさえ28人乗りなんですが、ブラワーエンジンは一気に40人位乗れるという長いジェットコースターで有名なんです。それ以外にもミニサイクロンもあります。

つるのさん:ミニサイクロン!

渡辺さん:我々はミニミニシリーズと呼んでいまして、としまえんで人気のある乗り物をミニ化した乗り物を作りまして、その走りが一番人気のサイクロンをもう少し小さい子が乗れるようにしたものです。通常のサイクロンは110cm以上のご利用なんですが、ミニサイクロンは90cmあれば乗れるミニサイクロンという新たなジェットコースターを作りました。



つるのさん:自転車で言う所の補助輪つきみたいなね?

渡辺さん:まさしくそうです。

つるのさん:補助輪を外したのがサイクロンみたいな。サイクロンは、本当に良いジェットコースターだと思うんだよね。

坂森さん:良いジェットコースターですね。

つるのさん:サイクロンはとにかく初心者向けだったね。そのあとコークスクリューいって、シャトルループいってという流れがあるよね。

坂森さん:ありましたよね。

つるのさん:今でこそシャトルループなくなりましたけど、そういえばシャトルループっていつなくなったんですか?

渡辺さん:シャトルループは、15年くらい前ですかね。



つるのさん:そんなに昔になります?

渡辺さん:10年位前ですかね、なくなってしまったんです。普通のジェットコースターはチェーンで巻き上げて、その勢いで自重走行するんです。シャトルループだけは、ロケットスタートをするので、一気にスピードが出るのでその分機会的に負荷がかかるので、その装置が何十年も使うと他のジェットコースターと比べると長い間は動かせなかったんです。

つるのさん:としまえんのジェットコースターは、日本中にあるジェットコースターのいわゆるパイオニアというか初期段階からチャレンジしているものばかりだと思います。シャトルループなんかは、富士急ハイランドのドドンパは我々からしてみたらこれとしまえんのシャトルループだし!って(笑)

坂森さん:見ているし、乗ってるし!って(笑)

つるのさん:そう思いません?

渡辺さん:そういった部分では、ジェットコースターの走りでしたね。

つるのさん:走りなんだよ!全部先にとしまえんがやっているんだ

渡辺さん:スタート音の「ピ ピ ピ ピィーン!!」って言うんですよね。

つるのさん:そうあった、あれが怖かったんですよ。

渡辺さん:あのカウントダウンがドキドキさせてですね。シャトルループの運転士は背中しか見えないんですけど、ボタン押しっていうのは前で確認する二人がボタンを押さないとスタートできないようなシステムになっているんですよ。

つるのさん:そうなんだ。

渡辺さん:一番前で係員が安全確認をして、手で運転士に合図を出します。前にいる係員はお客様のスタートする一瞬を見ることができるんですよ。私もよく担当しましたけど緊張していて、ロケットスタートする瞬間は目が飛び出るんじゃないかという感じでした。

つるのさん:僕らもあの出だしが怖かったですよ。

渡辺さん:バックするというのがあんまりなかったので‥

つるのさん:そう、後ろに下がっていくというね。あれは度胸試しと言うか、中学校になってシャトルループ乗れる人ってあんまりいなかったですよ。正直、僕は乗れなかったです。1回しか乗ったことないです。

渡辺さん:はい。

つるのさん:フリュームライドは、水の中に落ちていくやつですね?あれこそ走りじゃないですか?



渡辺さん:一般名称、急流滑りという呼び方をしています。フリュームライドはそれほど水もかからないので、冬場でも乗れる急流滑りかなと思っています。

つるのさん:昔は結構みんなプールを上がった後、水着のまま乗り物に乗っていたよ?

坂森さん:そうそう。

渡辺さん:としまえんは水着で遊園地と言って、プールで遊んでいる方がそのまま遊べるんです。

つるのさん:そうでしたよね?

渡辺さん:今もそうです。

つるのさん:今も?!

渡辺さん:今もジェットコースターに水着来る人も沢山います。

つるのさん:斬新だと思うんだよね。

坂森さん:良いシステム!

つるのさん:他の遊園地でないでしょ?

渡辺さん:あんまりないんではないですかね。

つるのさん:まずイスが濡れるじゃないですか?

渡辺さん:そこもちゃんと工夫をしています。例えば、サイクロンだとクッション型のイスを使っているのでどうしても染み込んでしまいます。そこにはちゃんとビニール製の座布団を引いてもらうようにしています。

つるのさん:色んな工夫をしているんですね。なのでフリュームライドはそのまま水着でいけば濡れたって関係ないから。そのまま行っていましたよ

渡辺さん:関係ないですね。

つるのさん:この前お話を伺ったんですが、フリュームライドも大分歴史があるんですよね?

渡辺さん:それは、違うんですね。フリュームライドは1970年に出来たんですけど、その前にあったのがウォーターシュートです。私が入社した時は残念ながら入社した時はなかったんですけど、昔としまえんに池がありました。船に乗って一直線にその池にダイブしてその反動で前に船頭さんがシートベルトも何もなく立っていて、そのまま池に突っ込んでいくところでパフォーマンスでジャンプをして、また船に着地するという乗り物なんです。

つるのさん:(大爆笑)

坂森さん:斬新な(笑)

渡辺さん:としまえんの後に西武園ゆうえんち、横浜・八景島シーパラダイスというふうには記憶しています。今の日本の遊園地に私の知っている限りではウォーターシュートのあるところはないです立った状態で突っ込んでいくので、係員もかなり勇気がいります。最初、練習の時はよく池に落ちていたみたいです。それが急流滑りのもっと走り、フリュームライドのさらにもっと走りになりますね。

つるのさん:本当色々な新しいことをとしまえんでやっているんですよね。

渡辺さん:はい。

坂森さん:そうですね。

つるのさん:スキー場を作ってみたり、昔でいうところのザウスですよ。

坂森さん:ザウスの走りですよ。

つるのさん:ザウスの走りもとしまえんでしたもんね。

渡辺さん:そうですね。

今日はとしまえんのジェットコースターの話をお送りしました。話しに出ましたウォーターシュートの昔の写真をTwitterのほうにあげていきたいと思います。サイクロンの動画もTwitterのほうにあげていきたいと思いますので、みなさん懐かしいなんて方もいらっしゃると思いますから是非とも見てください。
番組の感想やとしまえんについて聞きたいことがあれば「#30日後に閉まるとしまえん
でみなさん送ってきてくださいね。よろしくお願いいたします。

番組Twitterはこちら

<今日のとしまえんでの思い出>
超ときめき♡宣伝部の菅田愛貴です。小さい頃、家族でとしまえんさんに行きました。小さい頃私は、メリーゴーランドが大好きだったのでお父さん、お母さんと一緒に沢山乗っていました。キラキラとしていてとてもキレイで楽しかった記憶があります。その時は歴史あるメリーゴランドとは知らずでしたが、カルーセルエルドラドが100年以上の歴史があると、今回としまえんさん最後のスペシャルサポーターをやらせていただいて初めて知ったのでとても感慨深いです。最後までトキメキを届けてくださり、ありがとうございました。

30日後に閉まるとしまえん
閉園まで あと2日
---

コンテンツ一覧

30日後に閉まるとしまえん 音声

【31日目】愛に溢れた、としまえん最後の日~としまえんはずっとみんなの心の中に~

30日後に閉まるとしまえん 音声

【30日目】つるの『としまえんベスト5☆』~30日間の取材を通じて、最終的にこの順位!~

30日後に閉まるとしまえん 音声

【29日目】現在のとしまえんで一番古い乗り物は55年間動いているコレ!!~かつてあったウォ―ターシュートやシャトルループなどの裏話もお届け

30日後に閉まるとしまえん 音声

【28日目】練馬区民の教習所、オートスクーター!お値段は国産車1台分だった!?40年以上愛され続けたオートスクーターの裏話~昔はストレス解消のぶつけ合い

30日後に閉まるとしまえん 音声

【27日目】エルドラドトリビア☆マリリンモンローも乗った?メリーゴーランドで結婚式やミュージカル?!など数々の質問にお答え!

30日後に閉まるとしまえん 音声

【26日目】フライングカーペット、トップスピンなど懐かしい乗り物特集!~ブレイクダンスのキャッチコピーは「としまえんに六本木がやってきた」~

30日後に閉まるとしまえん 音声

【25日目】つるのさんも大好きアフリカ館特集~3億円かけて1969年に誕生した練馬のアフリカ!~

30日後に閉まるとしまえん 音声

【24日目】社員が教える、一番運転が難しい乗り物はコレ!!~としまえんのオペレーターと落とし物と迷子の裏話~

30日後に閉まるとしまえん 音声

【23日目】つるのさんと広告クリエイターが考えるとしまえんの閉園ポスター~サンタフェの扉まで持ってきちゃうとしまえん~

30日後に閉まるとしまえん 記事

【31日目】放送後記【ありがとう】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【30日目】放送後記【あと1日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【29日目】放送後記【あと2日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【28日目】放送後記【あと3日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【27日目】放送後記【あと4日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【26日目】放送後記【あと5日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【25日目】放送後記【あと6日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【24日目】放送後記【あと7日】

30日後に閉まるとしまえん 記事

【23日目】放送後記【あと8日】