神奈川・三崎から美容と文芸で新しいジャンルを開拓♪【ゲスト:アタシ社・ミネシンゴさん】

日本カワイイ計画。with みんなの経済新聞 Vol.269

高橋愛と西樹(みんなの経済新聞ネットワーク)がお送りする
「日本カワイイ計画。withみんなの経済新聞」
今回は、神奈川県の最南端、三浦半島の三崎で、
「アタシ社」という出版社を営まれているミネシンゴさんに
リモートでお話しを伺いました。
https://www.atashisya.com/



高橋:アタシ社について詳しく教えてください!

ミネ:神奈川県の最南端、三崎という港町で夫婦でアタシ社という出版社を営んでいるミネシンゴです。
妻がデザイナーで僕が編集とカメラをやって様々な本を出版しているんですけど、元々美容師だったということもあって、
美容雑誌を最初に作って今は地域の本とかも含めて年に5,6冊ぐらい作るというペースでやっています。

高橋:元々美容師さんなんですか?!

ミネ:そうです!二十歳から美容師をやっていました。美容師を2年やった後に出版社に入って、
美容雑誌の編集者をやっていたんですけど、またそれで懲りずに美容師をやりたくなっちゃって、出戻りで
東京を離れて鎌倉で美容師をもう一度始めたんです。

西:出版社に入るキッカケって何があったんですか?

ミネ:美容師として日本一を目指すんだという気持ちで頑張っていたんですけど、ある日椎間板ヘルニアに
なってしまって足が痺れてドクターストップかかってしまい…美容業界で何も成せてないので、
もうちょっと頑張りたいなという所でメディアに行こうと思って、美容の専門出版社にいれさせてもらったという経緯です。

西:ずっと立ち仕事みたいになりますからね。だけど美容業界を俯瞰してみるっていうのもまた、
刺激が大きかったんじゃないですか?

ミネ:そうですね。いままで学生の時見ていたカリスマ美容師さんとかと一緒に撮影とか取材とか
ぺ^ジを作る仕事をしていたので、そこの知識とか経験がどんどん増えていくんだけど、
体が動かないみたいな。そういうジレンマがありました。
もう一度業界をメディアっていう観点から少し俯瞰的に見たいなと思って、そのあとリクルートっていう会社に
入って美容事業の企画と営業の方に入って、3年半くらいやってました。

高橋:すごいですね。行動力がすごい!
そして、髪とアタシという出版されている本をスタジオにも送っていただいているんですけど、
すごいおしゃれですね。

西:美容文芸誌って書いてあるんですよ。美容にまつわるエッセイとか、こういう分野があるんだなぁと。
美容文芸というジャンルを見つけたキッカケとかあったんですか?

ミネ:美容専門出版社に居た時に、デザイン・ファッション・トレンド・売上。そういった美容師に必要な
要素みたいなものを全ての美容出版社は追い求めていたんですけど、すごく類似したネタが多かったですし、
出てくる登場人物も同じような人が凄く多かったんです。そこに辟易していた部分もあったので、
もっとスポットライトの当たっていない面白い美容師さんとか、髪の毛をフックにしたカルチャーとか
考え方というのを提示したいという強い思いがあったので、それで読み物として美容師雑誌っていうのは
世の中に存在していなかったので、決してこれは文学作品とか文芸ってわけではないのですが、やっぱり
美容と文芸というコントラストが凄くシックリきてですね。そのサブタイトルを付けたという経緯です。

~~~

西:ちょっともうひとつ個人的に興味があるのが、三浦半島の三崎に移住して暮らされているということで
どういう経緯があった三崎を選ばれたのでしょう?

ミネ:地元は横浜のはしっこの方なんですけど、出版社を始めてどうしても発行するたびに在庫が増えますし、
自分が買いためてきた本とか溢れかえってて、家の中がひっちゃかめっちゃかになっていたんです。
なので、もうちょっと田舎に引っ込んでいくつも拠点を持って仕事場と在庫管理とかも含めて、
自由に暮らしたいなって思って、色んな地域を探してました。
渋谷を中心に70キロ圏内でコンパスをぐるっとして東西南北色々見ていたんですけど、圧倒的に神奈川なのに、
家賃が安い。これが最大の理由です。

西:三崎っていうと魚とか美味しいものもあるからそういう所も住んでみたら魅力だったりしますかね?

ミネ:そうですね。神奈川県民として三崎の存在は、勿論知っていましたけど、なかなか最南端まで行かないんですよね。
なので、農家さんの数も神奈川県で一番多いですし、漁業関係者の方も凄く沢山いらっしゃって、
行って改めて食が凄く良いという事を知りました。

西:美味しそうなものがたくさん溢れてる気がします!

高橋:畑が多いっていうのは、絶対良いですよね!


・・・

今回は、「美容文芸誌・髪とアタシ」を【3名】にプレゼントいたします。

ご希望の方は「日本カワイイ計画。withみんなの経済新聞」サイトのトップページにある「番組にメール」から、
1:おなまえ 2:住所 3:連絡先
そして「三崎」と書いて送信してください。


※締め切りは11月22日 日曜日 到着分まで。
 当選者の発表はプレゼントの発送を持ってかえさせていただきます。

コンテンツ一覧

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

岩城島で育った柑橘でリフレッシュ!!【ゲスト:「わらしべ」運営・岡 信太郎さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

元気な熱海でカワイイ体験を!【ゲスト:熱海経済新聞 編集長・磯部洋樹さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

カワイイお漬物で日本を元気に!【ゲスト:銀座・若菜 山田耕平さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

星空を舞う期待のお米がカワイイ!!【ゲスト:広める鳥取県 食のみやこ推進課・稲本勝太さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

全国の脱力神様を巡ってカワイイを再発見!【ゲスト:缶詰博士・宮田珠己さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

2020年と2021年。缶詰博士が考える缶詰の今とこれから!【ゲスト:缶詰博士・黒川勇人さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

美味しいイチゴと加工品で日本を可愛く!【ゲスト:野口圭吾さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

冬にぴったり!色んな豆腐の楽しみ方を全国に♪【ゲスト:工藤詩織さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 音声

お米と完熟果物で日本を美味しく♪【ゲスト:林田恭三朗さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

岩城島で育った柑橘でリフレッシュ!!【ゲスト:「わらしべ」運営・岡 信太郎さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

元気な熱海でカワイイ体験を!【ゲスト:熱海経済新聞 編集長・磯部洋樹さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

カワイイお漬物で日本を元気に!【ゲスト:銀座・若菜 山田耕平さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

星空を舞う期待のお米がカワイイ!!【ゲスト:広める鳥取県 食のみやこ推進課・稲本勝太さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

全国の脱力神様を巡ってカワイイを再発見!【ゲスト:缶詰博士・宮田珠己さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

2020年と2021年。缶詰博士が考える缶詰の今とこれから!【ゲスト:缶詰博士・黒川勇人さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

美味しいイチゴと加工品で日本を可愛く!【ゲスト:野口圭吾さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

冬にぴったり!色んな豆腐の楽しみ方を全国に♪【ゲスト:工藤詩織さん】

日本カワイイ計画。 with みんなの経済新聞 記事

お米と完熟果物で日本を美味しく♪【ゲスト:林田恭三朗さん】