スキーのジュニア検定について

スキーのジュニア検定をご存知ですか?

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。
    
さて、今日はスキーのジュニア検定について。
全国でスキー教室などを運営している団体は大きく分けて2つありますが、そのひとつ、SAJのスキー検定は、バッヂテストという通称でも知られています。

一般のスキー検定は1級から5級まであり、受験資格に年齢制限はありませんが、ジュニア検定の場合は12歳以下のお子さんが対象、一般の級別テストとは少し違った基準で、1級から6級まで分かれています。

この、スキー検定の基準というのが少しわかりづらいのですが、スキーを始めたばかりのお子さんでも、プルークボーゲン、いわゆるハノ字で緩斜面を降りてこられるようになれば、6級に合格できます。

しっかりハノ字で滑れるようになった息子の、次のレベルアップのために、先日ジュニア検定を受けてきました。どの級を受けたらいいのかわからなかったので、レッスンと検定をセットで担当していただき、なんとジュニア4級のバッヂをいただくことができました。

これで息子には次の3級という目標もできたし、ますますスキーを上手になりたいという思いも出てきて、私自身もバッヂテストを受けてみようかな、と数年ぶりにスキー熱を高めるきっかけをいただきました。

検定は、長野県の北志賀、よませスキー場で、北志賀スキースクールの堀米先生に担当していただきましたよ。

SALの認定スキー学校は、全国のスキー場に280校以上、スノーボード教室もあります。

今年は雪が豊富でスキーの条件はとてもいいです。お気に入りのスキー場で、あなたもレベルアップ目指してスキーやスノーボードに取り組んでみませんか?

SAJ(公益財団法人全日本スキー連盟)http://www.ski-japan.or.jp/