ポータブル電源でキャンプを快適に

アウトドアでも手軽に電化製品が使える時代になりました

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。
    
さて今日は昨年から話題にあがることが多くなったアウトドアグッズのお話。

キャンプの達人たちは「キャンプは不自由を楽しむものだ」と言う意見をお持ちの方も多く、なるほどその通りだと思うのですが、手ぶらで豪華なスタイルを楽しむグランピングも定着し、キャンプは不自由ではなく快適を満喫する時代に突入しているのが現実です。

特に、去年から注目されているのがポータブル電源。ついにアウトドアでも手軽に電化製品が使える時代になりました。

例えば、快適な明るさ。最近のランタンはLEDライトの製品も多いので、ポータブル電源とUSBケーブルで
接続すれば、バッテリー切れの心配はなくなります。

次に、快適な住環境づくり。
寒さが厳しいこの時期もテントの中で電気毛布が使えればぐっすり眠ることができます。もちろん、こたつだって使えます。さらに、暑い夏には一晩中扇風機を回しながら過ごすことも可能です。

そして快適な食生活。
電源があるので、炊飯器やIH調理器など使い慣れた家電製品を、屋外でもいつも通り使うことができます。キャ
ンプで眠る前に、炊飯器やホームベーカリーを準備して、ご飯が炊き上がる香りやパンの焼き上がる匂いで目覚めるのも思いのまま。
朝起きてすぐに食事ができれば遊ぶ時間が増える。そう考えれば、キャンプの時間割が大きく変わりそうですね。

人気のポータブルバッテリー。例えば「ラチタのエナーボックス」は、コンパクトサイズでありながらスマートフォンおよそ75台分の大容量と、最大出力400ワットのパワーでアウトドアファンに支持されています。

また、さらにハイパワーのモデル「ジャクリのポータブル電源1000」は出力1000ワット、そして瞬間最大出力なら2000ワットを実現。何でもできる頼りになる存在です。

アウトドアに、災害対策に、あなたもポータブル電源をチェックしてみませんか。