Vol.307 日本テレビ放送網株式会社 土屋敏男さん・第2週目

   

今週も、日本テレビ放送網株式会社・データマネジメント室R&Dラボ、シニアクリエーターの土屋敏男さんをお迎えしています。


今回は、土屋さんのテレビマンとしてのキャリアについて伺いました。
1979年に日本テレビに入社した土屋さん。「元気が出るテレビ」のディレクターなどを体験した後、「進め電波少年」を手がけ始めたのが35歳の時だそうです。と言っても、そこに至る道のりは順風満帆なものでは無く、一本立ちしてからもしばらくは視聴率も取れない苦渋の体験をされたそうです。

その後担当された電波少年がお茶の間に受け入れられた理由、それは土屋さんが師匠と呼ぶ萩本欽一さんに教えられた「笑いの科学」を取り入れた事だと言います。構造化され再現性のある科学的な笑いのパターンをいくつも発見した土屋さん、テレビ番組のエンターテインメントの秘密を語ってくれました。

「突然のリアルが入ることによって、自然な間ができて笑いやすくなる」と言う土屋さんのお話を、どうぞお聴きください。


今週のゲスト
土屋敏男さん
昭和31年9月30日生まれ
1979年3月一橋大学社会学部卒。同年4月日本テレビ放送網入社。
「元気が出るテレビ」「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」などバラエティ番組を演出。
「電波少年」シリーズではTプロデューサー・T部長として出演し話題になる。
2017年萩本欽一のドキュメンタリー映画「We Love Television?」を監督。
2021年1月からWOWOWで『電波少年W~あなたのテレビの記憶を集めた~い!~』を開始。

一般社団法人1964TOKYO VR代表理事。東京大学情報学環教育部非常勤講師。

■A Gene of Music
このコーナーでは、音楽に精通した方にゲストのお話からイメージする4つの楽曲をセレクトしていただき、4週にわたって番組内で放送しています。

今週の選曲者
氏家徹さん

1984年株式会社エフエムサウンズ入社。
FM東京(現Tokyo fm)にて番組制作に携わる。
以来、Tokyo fmのみならず、Fm yokohama、J-WAVEなどで、数々の生放送、録音番組を制作。
2000年より「ジェットストリーム 」を担当し、20年に渡り番組のサウンドデザインを手がける。
2016年度、2018年度民放連賞受賞。


今回のゲスト企業から連想するテーマ
インターネット・メディアが隆盛を極めてきている令和の時代。それでもラジオ・テレビといった「地上波メディア」は、その娯楽性を失わず、様々な世代に今なお支持されています。もっとも身近なエンターテインメントのひとつ「テレビ業界」において、様々なヒット作を生み出してきた土屋さんの活躍してきた時代とは、テレビにとってどのような時代だったのでしょうか。そしてその未来とは?そんなイメージの選曲です。

>氏家徹さんが選ぶ今週の1曲
The Buggles「Video Killed The Radio Star」(1980)

氏家徹さん:土屋さんがテレビの世界に身を置いた1979年にこの曲は生まれ、ミュージック・ビデオの氾濫は、ラジオを駆逐すると歌われました。そしてそのテレビはますます隆盛を極め、方法論は成熟し、娯楽としてすっかり定着していきました。ちなみにMTVが放送をスタートさせたのは1981年、あなたが今お聴きのように、ラジオはまだ死んではいません。


■放送局、放送時間情報
ショートver.(5分番組)
FM青森 毎週土曜 19:55 / FM秋田 毎週土曜 19:55 / FM GUNMA 毎週土曜 16:55 / FM栃木 最終週土曜 16:55 / FM福井 毎週土曜 19:55 / FM三重 毎週土曜 17:55 / e-radio(FM滋賀) 毎週土曜 19:55 / FM山陰 毎週土曜 19:55 / FM山口 毎週土曜 19:55 / FM岡山 毎週土曜 19:55 / FM香川 毎週金曜 22:55 / FM高知 毎週金曜 7:54 / FM宮崎 毎週日曜 15:55 / FM Okinawa 毎週土曜 19:55 

ロングver.(15分番組)
FM青森 毎週土曜 8:30 /FM岩手 毎週金曜 8:45 / FM仙台 毎週日曜 9:15 / FM富山 毎週日曜 9 : 30 / FM石川 毎週日曜 9 : 30 /FM岡山 毎週日曜 9 : 15 / FM大分 毎週土曜 20:00 / FM佐賀 毎週土曜日 19:30・[再放送]日曜 9:00 /FMK(FM熊本) 毎週日曜 9:30/FM長崎 毎週日曜 9:30


*1 放送局及び放送日時が変更となる場合があります。特別番組、天災などの臨時対応により、予告なく放送休止となる場合がありますのでご了承下さい。詳しくはお聴きいただいているFM放送局のタイムテーブルにてご確認ください。

*2 ラジオ端末をお持ちでない方は「JFN 公式アプリAuDee」、「radiko」、およびPodcastで聴取可能です。

*3 放送エリア以外の方はスマートフォンアプリの有料サービス「radiko(プレミアム会員)」を使ってネット局で聴取可能です。