2021.2.10~ 冬のリクエスト大会!第二弾

第333回 「寒い冬に、、、心が温まる曲リクエスト!」

みなさんの文章の美しさに感動!
キャロットさんのリクエストは、The Songbards「窓に射す光のように 」
コロナ禍前から作られていた曲のようですが、当時の状況とも重なり…
「見えない敵への不安から優しくほぐしてくれた曲」

ウニ子さんからのリクエストは、浜端ヨウヘイさんの「ハレルヤ 」
「いろんなことが上手くいかなくて、不甲斐ない自分に落ち込んでいるときも
今日できることをしていれば、明日はきっといい方向に向くかもしれない・・
何度も励まされた大好きな曲」

ムロ「音楽を聞いてそういう風に感じてくれる人がおるっていうのが嬉しい。音楽のチカラを僕らが最認識させてもらえるような・・・。」
杏子「ラジオにリクエストしたことあるんですけど。安住さんのラジオに。文章うまく書けないっていうか、、、なんで、みんな、こんな美しい文章書くのでしょうね。素敵!!」

・・と、じんわ~りと温まったところで最後に杏子がセレクトした曲は、
宮藤官九郎さんが作詞した「グループ魂」の「片付けられない7Days 〜グループ魂に杏子が〜」
ムロ「あの小芝居のところ、面白いですよね」

実はレコーディングで、その小芝居に杏子は大苦戦。クドカンさんが杏子パートをやって見せてくれたのですが、間なのか、何なのか、
「あぁ もう帰ってよ」
歌はすぐに録れたのに、このセリフ、杏子は永遠にやっていたそうです。

M1. ミルクティー / 秦基博 
M2. 窓に射す光のように / The Songbards 
M3. ハレルヤ / 浜端ヨウヘイ 
M4. 片付けられない7Days〜グループ魂に杏子が〜 / グループ魂