出雲市の窯元/株式会社出西窯

 



「企業情報」
1947年8月、農村工業の共同体構想を掲げた5名の青年と2名の賛助者の協力によって創業。
1950年8月には、陶芸家河井寬次郎を迎え指導を受け、実用陶器を志すことに定まり、
窯の名称が地名より「出西窯」となりました。
以後、柳宗悦、濱田庄司、バーナード・リーチら民藝運動の推進者たちの指導をうけながら、
実用の陶器作りに邁進し、現在も島根県出雲市斐川町出西の地で、民藝の志を持ち、
野の花のように素朴で、健康な美しい器、くらしの道具として喜んで使っていただける
ものを作ろうと祈り願い、創作活動に取り組んでいます。

「仕事について」



~お話し伺った出西窯の皆さん~
写真左より  代表取締役/多々納真さん  企画担当/坂本水穂子さん
  陶工/深津典子さん  陶工/石橋雄大さん  ※ 左端は稲田アナ

陶工の仕事は厳しいというイメージがあったが、入社し働いてみた感想や仕事のやりがい、さらには一つの器を作り上げるのにどのくらいの年数がかかるのかなど、出西窯のお仕事について伺いました。

2月22日27日放送の特別番組「山陰BIZ最前線」では、出西窯のリーダーだけでなく、社員の方々にも「仕事のやりがい」や「リクルート情報」などお話を伺いました。
放送の模様は、下記リンクにアーカイブしておりますので、この機会に是非お聴きください。

https://audee.jp/voice/show/28242

[リクルート情報]
募集や採用に関しては、出西窯ホームページにてご確認ください。
㈱出西窯 ホームページ
HP:https://www.shussai.jp/

コンテンツ一覧

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

島根大学医学部附属病院 肝疾患相談・支援センター長 飛田博史先生/知っていますか?世界肝炎デーと肝臓週間

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

地域企業応援番組・山陰BIZ最前線【島根電工株式会社/社長篇】

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

東京五輪 日本代表 ヨット・セーリング競技フィン級 瀬川和正さん

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

地域企業応援番組・山陰BIZ最前線【島根電工株式会社/社員篇】

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

松江市出身の女子プロゴルファー浜崎未来さん

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

鳥取県日南町 町をあげての「SDGs」への取組み

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

「山陰サルサ」代表 アレキサンダー美生(MIO)さん

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

イタリア料理教室「effe-co」主宰 板倉布左子さん

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

鳥取県出身のタレント・アパレルブランド創設者Chinatsuさん

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

東海で結ぶふるさとの絆 / 東海島根県人会

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

ふるさとがご縁を結ぶ / 近畿島根県人会

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

首都東京での島根県人の集い / 東京島根県人会

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~あれから10年編

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

出雲市の窯元/株式会社出西窯

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

島根と広島の架け橋 / 在広島根県人会

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~雪害編

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

秘伝のタレで焼き上げた蒲焼を贅沢に使った、うなぎライスバーガー【うなぎ処 山美世】