ジオラマ作家で情景師のアラーキーさん、いらっしゃ~い!

【ジオラマ作家/情景師・アラーキーさん】放送後記

第207回目と第208回目のゲストはジオラマ作家で情景師のアラーキーさんでした。
放送を振り返っていきます♪



この番組は...
MCの吉田照美さん、アシスタントの秀島史香さんのお二人が、毎週、世に知られない仕事屋さん、マニアックに探究する偏愛主義者さん、などその道のエキスパートを「いらっしゃい!」とゲストにお招きして『なぜその世界に、なぜ足を踏み入れてしまったのか?』『マニアックに追究することで、一般の方にどんなお得感があるのか?』など、色々「テルミー!」と聞きながらその世界に迫っていく番組です。

【マニアの扉!】

【ジオラマ作家/情景師・アラーキーさんプロフィール】
1969年のお生まれ、東京都在中。
中学時代に本格的にジオラマ作りを開始され、1993年に株式会社東芝にプロダクトデザイナーとして入社。
サラリーマンとジオラマ作家、二足のわらじで活動を続けていらっしゃいましたが、2015年にジオラマ作家として独立。
CM用、博物館用、イベント用ジオラマの制作や、玩具メーカーの企画など、ジオラマ界にて広くご活躍中です。


○「ジオラマ」の起源とは…?
アラーキーさん:18世紀にフランスの写真家が、写真を立体に切り抜いて、奥行きを付けて並べたのがジオラマの原点と言われていて、日本には、浅草が華やかだった時代に「ヂオラマ館」という見世物小屋があり、覗き眼鏡から見ると、写真を立体的に配置した、上野の桜並木が見られたそうです。それが日本のジオラマの原点と言われています。

○「情景師」とは…?
アラーキーさん:ある方が「ジオラマ」を日本訳するときに、「情景」という言葉を割り当てました。「情景」はミニチュアを再現したものではなく、それを見た人が心の中に湧き上がってくる感情のことをいいます。
ジオラマを見た人が、「懐かしい」とか「面白い」とか、感情を想起させるテクニシャンでありたいということで、「師」という言葉を付けて、「情景師」という言葉を付けました。


★情景師・アラーキーさんの情報はコチラをチェック!
▽アラーキーさん ブログ
【こちらをクリック】

▽アラーキーさん Twitter
【こちらをクリック】


☆番組ではみなさんからのメッセージをお待ちしています☆
こんなマニアックさんをゲストに呼んでほしい!
吉田さん、秀島さんに聞きたいことや新コーナーへのご意見などなど・・・
みなさんからのメッセージお待ちしております!

【OA曲】
●創造 / 星野源
●ロマンスをもう一度 / 畠山美由紀
●ジオラマ / Saucy Dog
●情景 / サニーデイサービス
●赤い果実 feat. JUJU / フジファブリック

●アルカシア / Saji 
●あなたとトゥラッタッタ / DREAMS COME TRUE
●ジオラマ / suzumoku
●ギラギラ / Ado
●BREAKING DAWN / ジェジュン