アウトドアでのサングラス

今日はアウトドアでアクティブに過ごすためのサングラスのお話です。

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。

さて今日はサングラスのお話です。アウトドアでのサングラスはかなり一般的になってきました。

目の大敵、ナンバーワンはやっぱり紫外線。紫外線のUV-Bは
角膜まで届いてしまうため、まぶしいだけでなく、涙が止まらなくなったり充血したり乾燥したり、多くの眼精疲労の原因やメラニンの増加も招いてしまいます。

また強い紫外線を浴びる事は白内障のリスクにもなりますので絶対に避けたいです。

アクティブに過ごすアウトドアでのサングラスは、砂埃や小石、雑木林の小枝などから目を守るアイテムとしても必需品です。だから山歩きやキャンプで使うサングラス選びは大切なのです。

選ぶポイントは、かけ心地とレンズの特性。かけごこちは長時間かけ続けても、耳が痛くないか、ノーズパッドがしっかりフィットして運動してもズレないか、フレームが頬骨に当たらないかなど、確認しましょう。

レンズは、色が濃いと強い光をカットしてくれますが、景色が見にくくなる欠点もあります。これを解消してくれるのが偏光サングラスです。

あと、可視光透過率も大切。光をどのくらい通すかを表す数値で、数値が低いほど光を通しません。光の反射を遮るとお話ししたさっきの偏光度は逆に数値が高いほど効果が高いです。数値の表記で迷ったら店員さんにきちんと確認してくださいね。

また、レンズの色も特徴があります。グリーン系のものは光を反射しながら緑を鮮やかに映すので、ハイキングで緑の風景を楽しむのに適しています。

ブラウン系のものはコントラストを強調してくれるので、足元に気をつけたい場所や登山コースに最適です。あとグレー系のものは目に優しく疲れにくいレンズとして定着しています。

お勧めのサングラス。例えば「セベのジョラス・ジャパン」は本格登山向け、日本人向けに設計されているのでフィット感も抜群。女性にもお勧めです。

また「モンベルのフォールディング・トレールグラスPL」は折りたたみ式サングラスで重さわずか19グラム。かけ心地とフィット感が軽やかです。

アウトドアサングラス、ぜひ使って下さいね。