運動前のエネルギー補給

今日は、ハイキングやトレッキングで困らないためのお話です。

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。

さて今日は、ハイキングやトレッキングで困らないためのお話です。長時間の活動を妨げない為には食事と体力が大切です。まずは朝ごはんをしっかり食べましょう。

運動前のエネルギー補給はなくてはならないものです。しっかりと食事が取れないのならスープを飲むのもオススメです。

たくさん食べるのが不安なら、山歩き中に口に入れることができる行動食を充実させましょう。炭水化物・糖分・カロリ
ーはエネルギーとして大切です。

人気の山ではお団子やおそばなど名物もたくさんありますよね。売店や食堂を上手に利用してしっかり食べてくださいね。

あと、気分が乗ってくると歩くペースが速くなりがちですが、山歩きでは「少しきついかな」と感じるペースで歩かない事。きつく感じたらオーバーペースです。

もし、いつものペースで歩いているのに辛く感じるなら日頃の運動不足です。日常生活に歩く習慣を取り入れて、筋力と持久力を鍛えておきましょう。

突然足がつってしまうのも体力の準備不足が原因かもしれません。または水分と電解質が足りていないから。理想のペースで歩いていても、水分と電解質は徐々に失われてしまいます。例えば、20分ごとに立ち止まってひと口、水を飲むとか、座って休憩するときに塩分補給を忘れないなど、こまめに計画的に摂取していくことが大切です。

水分と塩分といえば熱中症にも注意が必要です。もし頭痛やめまい、だるさなど熱中症の症状が出てしまったら、日陰や木陰など涼しい場所に移動して、頭を上げた姿勢で横になり、濡れタオルや保冷剤で体を冷やすこと。回復しないようなら救助を求めてください。

山での塩分補給には、昔から梅干しが人気です。疲れを癒すクエン酸も一緒に取れるので一石二鳥ですね。また今では塩分タブレットもお勧め。塩分だけでなくクエン酸やブドウ糖・ビタミン・ミネラルなどを一緒にとることができるモノもありますよ。

しっかり飲んでしっかり食べて無理をしないで歩く。これを守ってアウトドアレジャーを楽しんでくださいね。