サブスクのお話

今日は、全国的に広がり始めたキャンプ場のサブスクサービスについて。

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。
    
さて、今日はサブスクのお話。サブスクとは、正式にはサブスクリプション方式という、一定期間の利用に対して定額の料金を設定するビジネスの仕組みのことで、最近、このサブスク方式を取り入れたキャンプ場が、増えているんです。

昨年の秋に、地域7か所のキャンプ場でサブスクサービスを始めた「南信州キャンプセッション」。3か月間の期間限定で平日利用し放題という「キャンプライファー」プランを体験させていただきました。

申し込み多数の中で、栄えある第1期のキャンプライファーに任命していただき、平日のキャンプ場を貸切状態で堪能してきたのですが、サブスクだと、利用すればするほどお得なので、仕事もキャンプ場に持ち込んで、ワーケーションしながらキャンプを楽しむというぜいたくな時間を過ごしました。

ほとんどのキャンプ場でwi-fiが使えて電源を利用することができたので、私の場合はパソコンで音声や動画を編集したり原稿を書いたりするのですが、問題なく仕事を進めることができました。
https://www.nagano-camp.life/

ちなみに、キャンプ場のワーケーション利用も、今、とても注目されていて、今後どんどん広がっていくと予想しています。

キャンプ場のサブスク第一号といえば、山梨県道志村にあるキャンプスペースドウシ2.0。ちょうど立ち上げ準備をしていたころ、立ち上げ人の河西さんにお話を聞いて、すごく魅力的だなと注目していたら、オープンしたとたんすぐに、予定の募集数が埋まってしまい、利用希望者は今でも予約待ちなのだそうです。
https://csd20.site/

さて、サブスクといえば、私、ものがたり珈琲というコーヒーのサブスクサービスをお手伝いしています。毎月2本の書きおろし小説と、そのコンセプトに合わせた焙煎でコーヒーが届く定額のサービスで、ものがたりの朗読を担当しています。山頂で飲むコーヒーの話や、朝焼けを見ながら飲むコーヒーの話など、毎回様々なストーリーと、それをイメージさせる味のコーヒーが届くので、朗読を担当している私も、次はどんなものがたりだろう、とワクワクしています。

コーヒー好きな方はぜひ一度、体験してみてくださいね。
https://monogatari-coffee.com/