アウトドアで楽しむお茶の時間

山やキャンプで、コーヒーを飲むのが楽しみだって言う人、たくさんいますよね。 最近はコーヒーだけでなく、日本茶にも注目が集まっています。

おいしい空気と気持ちのいい景色へお誘いする「JOYFUL LIFE」。
山と温泉と音楽が大好きなアウトドアナビゲーター渡部郁子がご案内します。
    
今日はお茶の時間について。

外出が制限されるようになって、それでも屋外でのんびり過ごしたい人たちは、自宅のベランダや庭、近所の公園などにアウトドアチェアを広げてくつろぐ「チェアリング」と言うライフスタイルを楽しみ始めました。

体を椅子に任せて好きな飲み物を楽しみつつのんびりと時間を過ごす。これはアウトドアライフの1つの出発点であり、到達点でもあるような気がします。

こうした時間を有意義にするために、てまひまかけて、お茶やコーヒーを楽しんでみませんか? 

山やキャンプで、コーヒーを飲むのが楽しみだって言う人、たくさんいますよね。最近はコーヒーだけでなく、日本茶にも注目が集まっています。

例えば、大島園の「シェラカップ型茶こし」は、アウトドア道具の定番・シェラカップにフィットさせるサイズの茶漉しです。シェラカップの内側にこれを重ね、茶葉を入れてお湯を注ぐ。茶葉が開いていくのを眺めつつお茶の出来上がりを待つのです。なかなかのくつろぎタイムだと思いませんか。

また、アウトドアでの日本茶スタイルと言えば、戦国時代の昔より野点の文化がありますよね。あのお抹茶スタイルを楽しむなら、お茶道具一式をアウトドアに持ち出しましょう。

例えば「中川政七商店のお茶ごっこ・九谷シール」は、その名の通り九谷焼のお茶碗とお茶道具を巾着袋にセットしたお茶道具です。

それから、アウトドアブランドだって黙ってはいません。モンベルからも「野点セット」が発売されています。抹茶を楽しむための茶せんや茶杓は、持ち運びやすくサイズを小さくした特別製で、茶碗は割れにくいメラミン樹脂。収納する巾着袋にはスポンジを使用して衝撃にも強い作りです。

キャンプをする場所でお菓子を買い込んで、テントを設営したら、お菓子とお抹茶で一服。あなたのキャンプスタイルにお抹茶時間を加えてみませんか。