サイエンスライター保坂直紀さんに聞くマイクロプラスチック

▼12:30ごろ〜


サイエンスライター保坂直紀さんに
海のプラスチックごみが生態系にどんな影響を与えているのか
お聞きしました。

クジラの胃からプラスチックの袋が80枚以上出てくるというNEWSがあったり
きょう出演して頂いたKNGsの活動エリア鎌倉ではシロナガスクジラの赤ちゃんの胃から
プラスチックが見つかっています。

マイクロプラスチックとは5mm以下のプラスチックで、
もともと大きなプラスチックが紫外線を浴びて
もろくなって小さくなったものです。
1mm以下になるとイワシような魚も
マイクロプラスチックを餌と間違えて食べてしまいます。

マイクロプラスチック自体はたいてい排出されますが
プラスチックに付着した有害物質は体に影響を及ぼす可能性があるそうです。
プラスチックごみ問題は、もともとプラスチックが優れた素材であることの裏返しです。
無理にプラスチックを避けるのではなく、
出来るところからプラスチックごみを減らしてみましょうと語って下さいました。

保坂さんの著書
『クジラのおなかからプラスチック』
https://www.junposha.com/book/b420379.html

関連タグ