広大な北海道で集い故郷を想う / 北海道島根県人会

北海道在住の島根県出身者を中心に活動されている「北海道島根県人会」。 今回は、事務局の方に会の概要や、主な活動内容についてご紹介いただきました

-----------------------------------------------------------------------------

北海道島根県人会は、北海道在住の島根県出身者とその子弟並びに島根にゆかりのある人たちが郷里をしのび、友好と親睦を深める集いです。
昭和61年に発足し、春と秋の年に二回、主に札幌で会合を開いてお互いの交流を図ってまいりました。

現在会員は42人。札幌在住者以外にも旭川や苫小牧、中には200㌔以上も離れた北見や釧路から参加される熱心な会員もいます。
郷里から遠く離れ、広大な北海道で働く私たちには望郷の念はひと際強いのでしょう。組織だった活動はできなくとも、心の繋がった仲の良い集まりと自負しております。



令和元年には「望郷と北海道賛歌」と題し30年史の特別会報を刊行しました。
この中で北海道屯田兵末裔の貴重な記録や、松江藩の殿様の北海道開拓史における輝かしい足跡も記され、島根と北海道を結ぶ系譜に新たな1ページを加えることができました。

残念ながらコロナ禍で、この2年は活動もままなりません。会員の募集も滞りがちです。これを閲覧された島根の方から知り合いの北海道在住者へお声掛けをして頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。



【県人会の主な活動】
◆春(主として5月) 総会と懇親会
◆秋(11月頃) 歓楓会


《会費》 年会費 2,000円
※このほか会合参加費として男性 6,000円、女性 4,000円


<北海道島根県人会事務局>
005-0822
札幌市南区南沢2-1-16-19
橋本 年功
TEL:011-571-6219
アドレス: tnenkou@gmail.com
HP : https://www.shimanekenjinkai.com/

コンテンツ一覧

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

絶対に不可能と言われていたコーヒー栽培に成功!澤井珈琲の努力!

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

メイドイン鳥取のくつした「岸田工房」

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

脚本家・作家の田渕 久美子さん「ヘルンとセツ」

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

松江から元気を発信!大道芸人ジロー今村さん

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

GLANSCAPE presents『全身で体感 三瓶温泉』

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

GLANSCAPE presents 『大自然を味わう グランフード』

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

GLANSCAPE presents 『SANBE SCAPE』

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

島根県立美術館の新たな取り組み「かぞくの時間」

ふるさとステーション エフエム山陰 音声

改修工事を終えて6/1再開館した【島根県立美術館】

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~ 災害対策 編」

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

3年ぶりに「在広 島根県人会」が開催

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

FM山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組 「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~」 豪雨災害への備え編

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~地震への備え 編」

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~雪害と火災予防 編」

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

岡山で広がる故郷の繋がり / 岡山島根会

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

隠岐で くらそう!2021秋~文化・暮らし編~

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

出雲神門通りからの生放送「IZUMO TABI」

ふるさとステーション エフエム山陰 記事

広大な北海道で集い故郷を想う / 北海道島根県人会