防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

【東京プラス】調布市 ~ 近年は水害対策にも重点。市民の声を反映した避難バスや避難所駐車場も

毎週土曜日オンエア「防災FRONT LINE」のスピンオフ版。
東京都内や周辺の区市の防災の取組みを、自治体ごとにピックアップして紹介します。

防災をより身近なものとしてとらえるために、東京やその周辺の各自治体の防災の取組みについてお伝えしています。
自治体ごとの防災対策は、それぞれの地域の特徴や注意すべき点などを踏まえて、
さまざまな独自の取り組みが行われています。

今回は調布市です。
地域の特徴について総合防災安全課の防災計画担当係長にお聞きしました。

調布市は都心からも近距離にありながら、
多摩川や野川、国分寺崖線や深大寺地区の湧き水など豊かな自然に恵まれたまちです。
また、調布駅周辺はシネマコンプレックスなどの商業施設の開発も進み、多くの方に調布市を訪れていただいています。
賑わいや自然豊かなまちではありますが、令和元年の台風第19号の際には、市制施行後はじめて避難勧告を発令し、
6,000人以上の方が避難所に避難され、市内でも多くの家屋が浸水の被害に見舞われました。


今後30年間に70%の確率で起きるとされる「首都直下地震」への備えも重要ですが、
近年では、台風の大型化や線状降水帯の発生などに伴って水害への対策も重視するようになってきました。

調布市の風水害対策としては、例年実施している総合水防訓練のほか、風水害に特化した避難所開設運営訓練、
狛江市と合同で多摩川の樋管操作・排水活動の訓練など、さまざまな訓練を実施しています。
そのほかの対策としては、風水害時に自力で避難が困難な方のために避難バスの運行や、
要配慮者専用の駐車場と避難先の設定を行ってきたところです。


この高齢者など配慮が必要な方向けの避難バスの運行や避難所の駐車場は、
令和元年台風19号の後に行ったアンケートで市民の声を反映して実現した取り組みです。

一方、地震対策では、毎年4月に調布市立の小中学校全校で、
避難所開設と運営の訓練や、命の尊さについて学ぶ授業を行っています。
また、地震や風水害の対策などについて市の職員が教えに来てくれる「出前講座」も行っているとのことですので、
興味のある方は市役所の総合防災安全課へ問い合わせてみてください。

なお、自宅などの周辺にどのような危険があるのか、避難所はどこにあるのかといったことは、
洪水ハザードマップ防災マップで確認しましょう。
日ごろの備えや、災害時の行動など、役に立つ情報もたくさん掲載されています。

大規模な災害が発生した場合には、行政がひとつひとつの被害に対応することが難しくなります。
その時に必要なのが、自助・共助による「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神です。
災害をなくすことはできませんが、地域のみなさんが協力することで被害を小さくすることはできます。
地域の協力体制づくりのために、調布市では「防災市民組織」の結成を呼び掛け、
地域での防災活動や防災用品購入などのための補助金を交付しています。
そのほか、市民のみなさまへの情報発信として、LINEツイッター、ホームページ、
防災行政無線や防災フリーダイヤルメール調布エフエムなど、さまざまな媒体で発信しておりますので、
ぜひ、ご自身が入手しやすい方法で情報をキャッチしていただきたいです。


避難所の状況についても、調布市避難所受付システム
開設状況や混雑状況が専用ホームページに公開されますので、こちらも確認できます。

ただ、災害時は避難所へ行くことだけが避難ではありませんので、
状況に応じて、安全な場所にある親戚や知人の家などへ行くことも検討するようにしてください。

≪関連リンク≫
調布市 防災HP

コンテンツ一覧

防災 FRONT LINE 音声

子供に遊びながら防災の知識を身につけさせよう!

防災 FRONT LINE 音声

セーブ・ザ・チルドレン 子供にやさしい防災

防災 FRONT LINE 音声

医療救護訓練で見えた課題

防災 FRONT LINE 音声

津波防災の日

防災 FRONT LINE 音声

冬の防災

防災 FRONT LINE 音声

災害時に役に立つお薬手帳

防災 FRONT LINE 音声

ウクライナ避難民向けの災害ツール

防災 FRONT LINE 音声

断水した時、あなたはどうする?

防災 FRONT LINE 音声

5年保存できるポテトチップス

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】福生市 ~ 災害時、逃げ遅れの無い地域を!町会などと連携し平時から見守り体制を推進

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】稲城市 ~ 防災に長年携わる職員たちが濃やかな地域密着の対策・取組みを推進!

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】国分寺市 ~ 住民自らがまちを知り地域の防災計画を作成…防災推進委員と防災まちづくり

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】青梅市 ~ 全戸配布の「防災ハンドブック」で災害に備え、情報収集もしっかり準備を!

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】武蔵村山市 ~ 様々な手段で情報発信。固定電話に避難情報など配信するサービスも開始

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】多摩市 ~ 避難所の混雑状況をWEBで確認!水害時は避難先の選び方に注意を

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】東大和市 ~ 狭山丘陵の土砂災害、市内を流れる川の氾濫に注意…情報キャッチの用意を!

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】清瀬市 ~ 地元企業などとの災害協定を着々と。自治体の災害対応機能の充実を推進

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】調布市 ~ 近年は水害対策にも重点。市民の声を反映した避難バスや避難所駐車場も