Reminiscence Vol.475

ジョージ・ウォーリントン特集!


今回は生粋のバップ・スピリットを持つピアニスト、ジョージ・ウォーリントンの「ジャズ・フォー・ザ・キャリッジ・トレード」。彼が残した数少ないアルバムの中でも最高傑作の呼び声高い1枚をレミニセンス。

<ジョージ・ウォーリントン プロフィール>
1924年イタリアのパレルモ出身。生まれてすぐに家族と共にアメリカに移住。40年代にディジー・ガレスピーのビバップ・バンドに参加。
その後もチャーリー・パーカーなどとプレイし、生粋のバップ・スピリットを持つピアニストとして活躍。

<千尋曰く!>
「ジョージ・ウォーリントンのピアノは、どんな曲を弾いてもビバップの素晴らしさを伝える美しい音を持っています。バド・パウエル派とも言われますが、バドの右手のソロの影響を強く感じます。」

♪オンエアリスト♪
What's New
Our Delight
Together We Wail