防災 FRONT LINE

防災 FRONT LINE

記事コンテンツ

【東京プラス】福生市 ~ 災害時、逃げ遅れの無い地域を!町会などと連携し平時から見守り体制を推進

毎週土曜日オンエア「防災FRONT LINE」のスピンオフ版。
防災をより身近なものとしてとらえるために、
東京都内や周辺の区市の防災の取組みを、自治体ごとにピックアップして紹介します。
自治体ごとの防災対策は、それぞれの地域の特徴や注意すべき点などを踏まえて、
さまざまな独自の取り組みが行われています。

今回は福生市です。
防災上注意が必要な地域の特徴について市の防災危機管理課の方に話していただきました。

福生市で防災上注目しているポイントは3点ございます。
1点目が、福生市西部を流れている一級河川の多摩川です。
その多摩川の洪水による低い土地の浸水を、市内で想定されるハザードとして注目しています。
2点目が土砂災害です。福生市は東から西に向かって河岸段丘を形成しています。
その中でがけ地帯が南北に連なっていて、土砂災害警戒区域が市内で17か所あります。
3点目が地震です。福生市の東側には立川断層が走っています。
こちらを震源とする直下型地震が起こった場合、福生市内でも震度7を観測する可能性があります。
この3点、重要なハザードとして捉えて防災上の対策を進めています。


福生市でも以前は大地震への備えを中心に(防災の)対策をしていたということですが、
令和元年=2019年の台風19号では、福生市として初めて避難指示を発令し、
こうしたことをきっかけに風水害への対策も強化するようになってきました。
そうしたなか、力を入れている取組みとはどのようなことでしょうか。

福生市では現在、情報提供の多重化に力を入れているところです。
防災行政無線が聞こえない場合でも「ふっさ情報メール」という登録制メールを配信していますので、
事前に登録していただいて、福生市からのリアルタイムの情報を掴んでいただきたいと思っています。
また、福生市公式アプリ「ふくナビ」も配信しています。
こちらのアプリでも福生情報メールの内容と同じものを配信しています。


この、ふっさ情報アプリ「ふくナビ」はとても便利で、ハザードマップや避難所の情報も見られますし、
防災関連だけでなく、ごみ出しカレンダーを表示したり、
子育て関連の情報や市のイベント情報を見ることが出来たりと、福生市民ならぜひ活用したいツールです。
災害時は、市のホームページにアクセスが集中して情報が見づらくなることもありますので、
こうしたアプリの活用や、ツイッターの福生市公式アカウントをフォローしておきましょう。
また、防災行政無線が聞こえづらい場所や土砂災害警戒区域に住んでいる方、
聴覚に障害のある方などには、市が専用の受信機の貸出しもしています。

災害時には、市民に必要な情報をタイムリーにキャッチしてほしい。
そして、福生市ではこのように考えているそうです。

令和元年台風19号では幸い人的被害はありませんでしたが、
いつそれを超えるような大災害に見舞われるかは全くわかりません。
福生市では、どんな大災害が来ても逃げ遅れの無い地域づくりを構築したいと考えています。
災害時に自力で避難できない方で、事前に支援者へ情報提供することに同意いただける方の名簿=台帳を作成し、
いざという時の避難支援や、地震発生後の安否確認の体制を構築しています。


避難する時に支援を必要とする方たちの名簿を作り、町会や民生委員さん、消防署などと共有することで、
平時からの見守り体制づくりを進めているほか、毎年おこなう市の総合防災訓練でも「安否確認訓練」を行っています。

災害時、地域から逃げ遅れる人を出さない。そうした思いで進められている取組みですので、
あなたの身の回りに、避難に助けが必要になりそうな方がいたら、ぜひ教えてあげてください。

≪関連リンク≫
福生市 防災HP

コンテンツ一覧

防災 FRONT LINE 音声

子供に遊びながら防災の知識を身につけさせよう!

防災 FRONT LINE 音声

セーブ・ザ・チルドレン 子供にやさしい防災

防災 FRONT LINE 音声

医療救護訓練で見えた課題

防災 FRONT LINE 音声

津波防災の日

防災 FRONT LINE 音声

冬の防災

防災 FRONT LINE 音声

災害時に役に立つお薬手帳

防災 FRONT LINE 音声

ウクライナ避難民向けの災害ツール

防災 FRONT LINE 音声

断水した時、あなたはどうする?

防災 FRONT LINE 音声

5年保存できるポテトチップス

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】福生市 ~ 災害時、逃げ遅れの無い地域を!町会などと連携し平時から見守り体制を推進

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】稲城市 ~ 防災に長年携わる職員たちが濃やかな地域密着の対策・取組みを推進!

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】国分寺市 ~ 住民自らがまちを知り地域の防災計画を作成…防災推進委員と防災まちづくり

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】青梅市 ~ 全戸配布の「防災ハンドブック」で災害に備え、情報収集もしっかり準備を!

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】武蔵村山市 ~ 様々な手段で情報発信。固定電話に避難情報など配信するサービスも開始

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】多摩市 ~ 避難所の混雑状況をWEBで確認!水害時は避難先の選び方に注意を

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】東大和市 ~ 狭山丘陵の土砂災害、市内を流れる川の氾濫に注意…情報キャッチの用意を!

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】清瀬市 ~ 地元企業などとの災害協定を着々と。自治体の災害対応機能の充実を推進

防災 FRONT LINE 記事

【東京プラス】調布市 ~ 近年は水害対策にも重点。市民の声を反映した避難バスや避難所駐車場も