『坂番連想音楽会(Sakaban Association Music Fair)』 22回目

今回の『坂番連想音楽会』は、前回最後にかけた曲【風「22才の別れ」】から連想する曲でスタート!


 ↑↑ スタジオの隅に「STAFF ONLY」のほそ~い扉を発見!
   こんな細い扉の向こうには、どんな部屋があるのか気になります。

:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
■【THE ALFEE】からの大切なお知らせ■
 ★THE ALFEE  New Album『天地創造』Now On Sale!
 ★『THE ALFEE 2022 Spring Tour 天地創造』も決定!
詳しくはTHE ALFEE オフィシャルホームページ http://www.alfee.comでご確認ください。
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:

⇒今回はストレートに【風】と同じ1975年にデビューしたバンドのデビュー曲へ!
  ♪二人の夏/愛奴
   *1975年5月1日リリースのデビューシングル(作詞・作曲/浜田省吾)
   *【愛奴】時代、浜田省吾さんはボーカルとドラムスを担当。
    浜田さんはデビューから4ヶ月後の9月にバンドを脱退し
    翌1976年4月にソロデビュー。
    【愛奴】は1976年12月に解散しています。

⇒【愛奴】と同期(1975年)デビューのグループには【ハイ・ファイ・セット】
【シュガー・ベイブ】がいますが、今回は名古屋を代表するバンド
【センチメンタル・シティ・ロマンス】のデビュー曲に繋げます。
  ♪うちわもめ/センチメンタル・シティ・ロマンス
   *1975年のデビューシングル(作詞・作曲/中野督夫)
   *デビュー当時のメンバーは中野督夫さん、細井豊さん、
    告井延隆さん、加藤文敏さん、田中毅さん。

⇒さて、こんな実力派グループがデビューした1975年。
海外では【ジャーニー】【レインボー】そして、このおしどり夫婦もデビュー!
  ♪愛ある限り(Love Will Keep Us Together)/キャプテン&テニール
   *1975年のデビゥーシングル。全米1位を記録。
   *元々、作者のニール・セダカ が1973年に発表したアルバムに
    収録されていた曲をカバー。

⇒さて“おしどり夫婦”といえば、日本にも何組かいらっしゃいますが
今回はこの夫婦デュオの大ヒットを。
  ♪愛の奇跡/ヒデとロザンナ
   *最初はB面でしたが、有線放送やラジオなどから火がつき大ヒット
    (A面は「何にも言えないの」)。
   *2人はデビューから7年後の1975年に結婚。

⇒【ヒデとロザンナ】のロザンナさんの旧姓は“ロザンナ・ザンボン(Rosanna Zambon)”さん。
現在のお名前は加藤絽山奈さん…ということで次に繋げる曲は、ある意味 直球で!
  ♪ロザーナ(Rosanna) /TOTO
   *凄腕のスタジオミュージシャン達が集まったグループ。
   *1982年・全米2位を記録したこの曲は
    グラミー賞で「最優秀レコード賞(Record of the Year)」受賞。

⇒この【TOTO】が結成するキッカケとなったアルバムというのが、
ボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』。
ということで、このアルバムからデヴィッド・ペイチとボズが作った曲で、
ジェフ・ポーカロの正確無比なドラミングとデヴィッド・ハンゲイトの
ファンキーなベースが聴ける大ヒットへ!
  ♪ロウダウン(Lowdown) /ボズ・スキャッグス
   *1976年に3位を記録。
   *このレコーディングに参加したデヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロ、
    デヴィッド・ハンゲイトの3人にスティーヴ・ルカサーと
    ボビー・キンボールが加わって【TOTO】が結成されました。


★次回は【ボズ・スキャッグス「ロウダウン」】から連想する曲でスタート!

:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:
  次の更新はネット局すべてのOA終了後
  2022年4月18日(月)PM9時以降の予定です。
   坂番HP:http://www2.jfn.co.jp/sakasan/
     ↑こちらも是非チェックしてみてくださいね♪
:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+: