お宝ファイルNO.27「旧金毘羅大芝居」

お宝ファイルNO.27「旧金毘羅大芝居」

琴平町お宝ハンター下舞春希です!

耐震工事を終えた「旧金毘羅大芝居」通称・金丸座!!!!!

歴史を感じる空間でした・・・!
今にも演者の方々の声が聴こえてきそうな感じ・・・。

お話を伺ったのは、旧金毘羅大芝居・案内人の篠原忠彦さん!

天保6年(1835年)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋・旧金毘羅大芝居。
元々は、現在の琴平町の歴史民俗資料館の位置にあったそう!
昭和45年に国の重要文化財として指定され、この時に今の場所に移ったんだそうですよ。
そして、その移転の際には「保存用」に建設されたため、客席に柱が4本ありましたが・・・芝居をするようになったため、柱をとったんだそう。

そして、様々な舞台の仕掛けや構造を教えていただきました。
客席には竹を縄でしばった天井。
これは、「ブドウ棚」と呼ばれるんだそう。
ここに黒子さんが登って花吹雪などを散らすそうですよ!!!
そしてこの仕掛けは日本でここだけなんだそうです!!!!!

そして、舞台付近にあるでっぱった部分は「空井戸」。
本番になるとふたを取って、ここに飛び込んだりここから飛び出たり!
この場所が演目の中での「井戸」や「沼」になるんだそうです。
こちらも、日本ではここにしかないんだそうです!

舞台の床にはうっすら円の切れ目が・・・これが回り舞台。
そう!回るんです!!!
そして、人力でたった4人で回すそうですよ。
地下(奈落)の様子も見せていただきました!

木の棒・ちからぼうを押すことで舞台が回るんだそうです!
こまが入っていて、簡単に回せるようになっているんですって。
そして足元には石が等間隔に埋め込まれており、その石を使って踏ん張って回すんだそう。

人力なのは、これだけではありません!
照明も・・・窓の開け閉めなどで調整するそうですので、お天気などによって雰囲気も変わるとのこと。
「ライブ感」ありますね。
私達も演目の一部のような感覚になるかもしれません。

舞台の裏側の2階のお部屋。昔は演者さんの楽屋として使われていたそうです。
ここの天井に、よ~~~く見ると、鉄筋が入っているんです!
今回の耐震工事では、舞台の裏側の部分を主に補強したんだそうです。

様々な舞台の仕掛けや、この建物の歴史を知って、ますます「すごさ」が分かりました・・・。
昔の人の知恵が光る部分がたくさんあり感動するとともに、それを大切に守ってきた人々に感謝を伝えたくなりました・・・
演者の息遣いまで聴こえるような会場。人の手で作り上げられる演出。金丸座でこんぴら歌舞伎を見たい・・・!と強く強く思いました。

お宝ファイルNO.27「旧金毘羅大芝居」

コンテンツ一覧

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

お宝ファイルNO.35 琴平ジュニアソフトテニスクラブの選手たち

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

お宝ファイルNO.34 町のにぎわいづくりの中心となる場所多度津町新庁舎と地域交流センター

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年6月4日放送分】お宝ファイル NO.33キリンとブタとタマと 無性に行きたくなる癒しの魔空間 TamaCafe

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月28日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.32自然豊かな琴南地区の木と触れ合い、木と遊び、森の恵みを知る場を提供する活動ことなみつながる森

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月21日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイル NO 31 四国金毘羅ねぷた祭り

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月14日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.30多度津はもちろん、四国の産業と経済の発展を支えた多度津七福神のお屋敷・合田邸

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月7日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイル NO29悠久のときを刻み続ける 有岡古墳群

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年4月30日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】千葉さんの指令のもと、満濃池の周りを歩く!

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年4月23日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.28満濃池と周辺の景色をあらゆる角度から楽しめる道・満濃池周遊道

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

【2022年6月18日放送 善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.35 琴平ジュニアソフトテニスクラブの選手たち

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.34 町のにぎわいづくりの中心となる場所多度津町新庁舎と地域交流センター

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイル NO.33キリンとブタとタマと 無性に行きたくなる癒しの魔空間 TamaCafe

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

【2022年5月28日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.32自然豊かな琴南地区の木と触れ合い、木と遊び、森の恵みを知る場を提供する活動ことなみつながる森

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

【2022年5月21日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイル NO 31 四国金毘羅ねぷた祭り

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.30 多度津はもちろん、四国の産業と経済の発展を支えた多度津七福神のお屋敷・合田邸

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイル NO.29悠久のときを刻み続ける 有岡古墳群

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.28 満濃池と周辺の景色をあらゆる角度から楽しめる道満濃池周遊道

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.27「旧金毘羅大芝居」