お宝ファイルNO.30 多度津はもちろん、四国の産業と経済の発展を支えた多度津七福神のお屋敷・合田邸

詳しくはブログをチェック! https://www.fmkagawa.co.jp/2022/05/14/298353.html

多度津町お宝ハンター千葉むつみです!

多度津で七福神というと、四国の産業の発展に私財を投げうって貢献した7人の豪商のこと。
多度津町は北前船の寄港地。廻船問屋として財を成しました。
合田・景山・塩田(3家)・武田(2家)の七福神のお家の中で現存するのは1軒のみ。
それが・・・合田邸!!!

多度津町の町屋が建ち並ぶ通り「本通り」にあります。
2020年、多度津町に寄贈されました。
老朽化もすすみ、ボランティア団体「合田邸ファンクラブ」の方々によって清掃、改修されています。

合田邸は約700坪の土地に13棟が建つ大屋敷!
大正末期から昭和にかけて建築された和洋折衷の建物です。
客人専用の玄関から廊下を奥に進んで応接間へ。
入り口壁には鷹をモチーフにした帽子掛けが!

ここは昭和3年の建物ですがこの時代に窓にはステンドグラスが施されるなど、モダン家具・調度品は西洋のアールデコ。
廊下をもどって次のお部屋へ。途中行灯がぶら下がっています!
金属製のフックにぶら下がった行灯ですが、実は配線を隠すためこのフックの内側に線を通すというこだわり!
行灯の傘には、かわいいハート模様が施されています。
この形・・・魔除けとされる「猪目-いのめ-」という柄なのだそうです!

厠の近くにある手水鉢!水が湧き出ています!!
貴族議員も務めた3代目・合田健吉さんの書斎。
デスクがおしゃれです!
一般人が貴族議員になるためには高額納税者である必要がありました。

ここでお宝アンテナ大きく反応じゃああーーん!!!!!
巨大な造り付け金庫ドアの厚さは25センチ期待が高まるっっっ・・・・・・・・・・・・・・・・が、
今は書類置き場になっていました・・・。

楽々荘-らくらくそう-と名付けられた30畳敷の大広間。
隣接する廊下は20畳!
高い天井は京都の書院造をかたどっています。
シャンデリアがぶら下がっています。

昭和10年、詩人の北原白秋さんが
この広間で手足を伸ばして寝ころび、あぁらくらく~といったことから、楽々荘の名前がついたそうです。
ここには幾人もの政治家や文化人が集っていたそうです。
他にも現在は公開停止中ですが洋館のホールやガラスが美しいエジプトの間など。豪華な建築物や調度品がまさにリアルな多度津町のお宝でした!!

お問合せは多度津町政策観光課0877-33-1116

お宝ファイルNO.30
多度津はもちろん、四国の産業と経済の発展を支えた多度津七福神のお屋敷・合田邸

コンテンツ一覧

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

お宝ファイルNO.35 琴平ジュニアソフトテニスクラブの選手たち

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

お宝ファイルNO.34 町のにぎわいづくりの中心となる場所多度津町新庁舎と地域交流センター

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年6月4日放送分】お宝ファイル NO.33キリンとブタとタマと 無性に行きたくなる癒しの魔空間 TamaCafe

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月28日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.32自然豊かな琴南地区の木と触れ合い、木と遊び、森の恵みを知る場を提供する活動ことなみつながる森

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月21日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイル NO 31 四国金毘羅ねぷた祭り

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月14日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.30多度津はもちろん、四国の産業と経済の発展を支えた多度津七福神のお屋敷・合田邸

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年5月7日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイル NO29悠久のときを刻み続ける 有岡古墳群

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年4月30日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】千葉さんの指令のもと、満濃池の周りを歩く!

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 音声

【2022年4月23日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.28満濃池と周辺の景色をあらゆる角度から楽しめる道・満濃池周遊道

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

【2022年6月18日放送 善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.35 琴平ジュニアソフトテニスクラブの選手たち

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.34 町のにぎわいづくりの中心となる場所多度津町新庁舎と地域交流センター

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイル NO.33キリンとブタとタマと 無性に行きたくなる癒しの魔空間 TamaCafe

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

【2022年5月28日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイルNO.32自然豊かな琴南地区の木と触れ合い、木と遊び、森の恵みを知る場を提供する活動ことなみつながる森

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

【2022年5月21日放送分善通寺・仲多度お宝ディスカバリー】お宝ファイル NO 31 四国金毘羅ねぷた祭り

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.30 多度津はもちろん、四国の産業と経済の発展を支えた多度津七福神のお屋敷・合田邸

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイル NO.29悠久のときを刻み続ける 有岡古墳群

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.28 満濃池と周辺の景色をあらゆる角度から楽しめる道満濃池周遊道

善通寺・仲多度 お宝ディスカバリー 記事

お宝ファイルNO.27「旧金毘羅大芝居」