「前に進めばいつかは終わるんですね」…自転車声優・野島裕史、初めて単独走破した「石垣島トライアスロン」を振り返る

声優界随一のサイクリスト・野島裕史が、自転車をテーマにお届けしている番組「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」。5月26日(木)~5月30日(月)の放送は、野島裕史のサイクルコラム「まだまだ思い出がいっぱい! 石垣島トライアスロン」をお届けしました。


パーソナリティの野島裕史



◆「石垣島トライアスロン」単独走破に初挑戦!
野島:前回は、4月17日(日)に出場した「石垣島トライアスロン」について、トライアスリートでオリンピアンの庭田清美(にわた・きよみ)さんをゲストにお迎えして、かなり盛り上がりましたが、今回はそこでお話ししきれなかったレースの思い出を話していこうと思います。

あらためて、石垣島トライアスロンは、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmで競うトライアスロンで、エイジ部門では957人が出場し、940人が完走と、かなりいいコンディションだったわけですが、前回の放送をお聴きになった方ならご存知とは思いますけど、庭田さんが呆れるほど僕はスイムが下手くそで(苦笑)。

なにしろ、ほぼほぼ泳げない段階から、たった2ヵ月間、週に1~2度の練習で参加するという無謀なことをした僕が悪いんですが、一応完走できて、すごい達成感を得ることができました。

スイムの話は、前回の放送でたっぷりとさせていただきました。若干タイムオーバーはしてしまったものの、温情を受けまして、そのままトライアスロンを続けられることができまして、その次に乗ったバイク40km。

スイム後だったので、ウエットスーツを脱いだりバイク用のシューズに履き替えたり、バイクのグローブを着けたりという作業は本当につらくて、体も重くてつらかったんですが、バイクにまたがった瞬間、不思議なもので急に体力が復活したような感じがして。とても気持ちが良くて自然と鼻歌が出てしまったんですよね(笑)。

鼻歌を口ずさみながら、20人以上抜いた気がします。不思議なもので、どんなに疲れていても好きなスポーツというのは体力が沸々と湧いてくるもので、普段走っている都会ではなく石垣島の自然の中ということで、本当にそれまでのスイムでのつらさはどこへやらというぐらい、本当に楽しく、“サイクリングかな”と思うぐらい気持ちよく走ることができました。

そして、普段鍛えていたジムの効果もあり、平均速度も若干上がった気もします。もちろんバイクだけで参加していた頃よりは遅いんですが、スイムをやった後のわりにはかなり気持ち良くハイペースで(ペダルを)漕ぐことができた気がしますね。あらためて“自転車が好きなんだな”と感じることができたバイクでした。

バイクの残り5kmぐらいの地点で“ちょっと乳酸が溜まってきているな”と感じていたんですけど、あとはラン10 km 走るだけなので、“もう走る体力を残さなくていいや”と思うほどガシガシ漕いでみたら見事にちゃんと疲れてしまいまして(苦笑)。

ランを走り始めて200mぐらいしたら膝が痛くなってきて……“膝を痛めたかな”と思ったら後からわかったことなんですけど、ジムのトレーナーに聞いて、いろいろと見てもらったんですけど、膝はまったく痛めていなくて、「膝に乳酸が溜まっていたんでしょうね」と。

スイムでは普通の人の倍ぐらいの時間を泳いだので、体力も奪われていたんだと思います。そんなわけで3つの種目のなかで一番つらかったのは“ランなんじゃないか”と思うぐらい、今までとは比べものにならないぐらいランは遅かったですね。

結局、普通の速度で走れたのは、得意分野のバイクだけだった気がします。つらいながらも、とりあえずランは足を前に進めていけば、ゴールできると思っていたので、痛みを考えないようにして、ひたすら足を前に進めることだけを考えて走っていました。けっこう時間がかかってゴールしたんですけど、そこで小西プロデューサーと一緒に走った建築士のお友達が出迎えてくれて、最初に出た言葉は「前に進めばいつかは終わるんですね」という素直な感想が出た記憶があります(苦笑)。

本当に長く感じたんですけど、どんなにつらいことでもひたすら夢中でやっていれば、いつか終わりがくるということを、体もメンタルも同時に強くそう感じました。

そして、終わった後、自転車を片付けて。翌日、朝5時起きの仕事が入っていたので、その日に帰らなきゃいけなくて、とりあえずホテルに戻って、帰る支度を全部終わらせてから、待望の予約していた焼肉屋さんに、トライアスロン仲間と行って。

やはりトライアスロン後のビールは、格別でした。本当に美味しかった。前回、庭田さんも「飲むのが好き」って言っていましたけど、トライアスロンをやっていたら“飲むのが好きになりますわ”っていうぐらい、本当に美味しかった記憶があります。

次回6月2日(木)~6月6日(月)の「サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン」は、自転車チーム「VOICYCLE(ボイシクル)」のメンバーで声優の勝杏里(かつ・あんり)さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

コンテンツ一覧

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

暑い日も自転車ライフを快適する方法!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

初心者でもバッチリ!グランツールを楽しむ方法を伝授!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

今年もこの時期がやってきた…!本当にあった真夏の自転車怪談…。

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

楽しさは千差万別!自転車で行くキャンプの特徴は?

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

「富士の国やまなし 第18回Mt.富士ヒルクライム」特集!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

2022年上半期栗村さん的ニュースに衝撃が走る!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

日本最大の国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」のディレクター栗村修さんが大会を振り返る!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

自転車のメンテナンスの重要性を語る!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 音声

「ベストボディジャパン・千葉大会」出場後の話・・・。

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

「夏」、自転車に乗るときの「暑さ対策」とは? 自転車声優・野島裕史が実践するオススメ対策を紹介!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

帰ってきたルノーのカングー!カングーを通じた様々な縁に野島「運命を感じた!」

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

「海外旅行気分」を味わえるのも魅力! 自転車ロードレースの最高峰「グランツール」の楽しみ方を自転車声優・野島裕史が解説

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

自転車を漕ぐ時の暑さ対策のススメ!!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

「人間とは思えない形相でした…」自転車声優・野島裕史が実際に体験した「自転車怪談」

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

初心者でもバッチリ!グランツールを楽しむ方法を伝授!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

野島流!グランツールの楽しみ方を伝授!

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

今年は「自転車キャンプ」がアツい!? 自転車声優・野島裕史「ぜひ挑戦してみたい!」

サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン 記事

今年もこの時期がやってきた…!本当にあった真夏の自転車怪談…。