【Dear Japan~長野県・木曽~第2話】

【Dear Japan~長野県・木曽~第2話】

長野県・木曽郡は、深い山の緑と堂々と流れる木曽川によって、

澄みきった空気に満ちています。

どこにいても森林浴をしているような気分になる場所で、

三代にわたって木製品を作っている工房「桶数」(おけかず)。

その歴史について、三代目である伊藤匠(いとう・たくみ)さんに今週も伺いました。

IMG_5398+.jpg

初代であるお爺様は、素晴らしい素材を求め関東から移住してきたこともあり、
当初、木曽ではなかなか職人として定着するのは難しかったそう。

なんども「限界だ」と感じたそうですが、それを助けたのは、

妻である、匠さんのおばあさま。「お前にはそれしかできねぇんだから!」
と背中を押して、木曽の名工になっていったそうです。

IMG_5399+.jpg

三代目の匠さんは、幼いころから桶づくりを手伝い、そのまま職人の道へ。
苦労ばかりと言いながら、誠実に、正直に目の前の木と向き合い、

日々新たな作品を作り上げている匠さん。

それは、受け取ったお客さんに、何世代にも渡って受け継がれ大切にされていくことでしょう。

詳しくは、ラジオドラマでお楽しみください♪

出演声優:森下来奈、高橋大輔(俳協)
インタビュー出演:伊藤匠さん(桶数 3代目)

音楽:またおいで/rirox
脚本:菊地百恵
劇伴音楽:rirox、マスダヒロナガ