【Dear Japan~長野県・木曽~第5話(最終回)】

【Dear Japan~長野県・木曽~第5話(最終回)】

長野県・木曽郡。豊かな森林と、木曽川という圧倒的な自然。

その恵みを大切に守ってきている地元の人々。

木を使った工芸品を手がける、桶職人の伊藤匠さん、

塗師職人の三上肇さんにお話を伺いましたが、

お二人が共通しておっしゃるのは、木曽の天然木の素晴らしさでした。

三上さんが見せてくださった、人工の植林と天然の木、それぞれ一片。

年輪の密度の違いは、一目瞭然。

IMG_5418+.jpg

 

天然木。本当に希少になり、高額になっているとのこと。
ただ、木の強さも、香りも別のレベルだということです。
どうか、この宝を未来へつないでいって欲しいです。

IMG_1262+.jpg

 

芳しい木の香りも、そのうち慣れて気づかなくなってしまうように、

その土地の魅力も長く住んでいると分からなくなってしまうもの。
お二人は、「何もないところ」と言いながら、代々受け継いできた

木曽の恵みを、職人の技を通(とお)して、遠く離れた場所へ届けてくれています。

IMG_1265+.jpg

出演声優:森下来奈、高橋大輔(俳協)
インタビュー出演:三上肇さん(海老屋・塗師)/伊藤匠さん(桶数 3代目)

音楽:またおいで/rirox
脚本:菊地百恵
劇伴音楽:rirox、マスダヒロナガ